• TOP
  • 国際情報
  • 櫻井氏 中国が微笑んでもそれは「嘘と裏切りの微笑み」と指摘

国際情報

2011.01.01 10:00  SAPIO

櫻井氏 中国が微笑んでもそれは「嘘と裏切りの微笑み」と指摘

尖閣問題を受けた世論調査では、現在の日中関係を「悪い」と回答した人が実に90%にのぼり、87%の人が中国を「信頼できない」とした。ジャーナリストの櫻井よしこ氏は、中国の「嘘と裏切り」は実に「巧妙」であると指摘する。

* * *
忘れてはならないのは、中国のしたたかさと「柔軟さ」です。

中国は、国際社会の批判を浴びると、柔軟路線に転じてレアアースの輸出解禁に動いたように、状況を見て戦術を変える国です。私たちは、飽くなき領土拡大と覇権を目指す彼らの戦略が不変であることを認識しておかなければなりません。

仮に中国が微笑みかけてきたとしても、それは「世論の分断」を狙った嘘と裏切りの微笑みです。その先には、「開き直り」による中国の覇権拡大、そして価値観の大逆転が待っています。

それを許すようなことはしてはならず、そのためには、政治家もメディアも、中国が「真実のない国」であることをあらためて認識することが必要です。

※SAPIO2011年1月6日号

関連記事

トピックス