• TOP
  • 国内
  • 毎週水曜日に千円値下げする古着店が人気 最後は百円に

国内

2011.01.24 17:00  女性セブン

毎週水曜日に千円値下げする古着店が人気 最後は百円に

 これまでリサイクルショップというとブランド品や家電のイメージが強かった。しかし、最近、そんなイメージをくつがえす、お得で、しかも楽しめる新スタイルのショップが登場している。

「ドンドンダウン オン ウェンズデイ」では、服やバッグなどの古着には値札がなく、かわりににんじんやかぼちゃ、ぶどうやいちごなどの“野菜タグ”がつく。そのタグを見て、店内の値段表と照らし合わせると現在の値段がわかる。

 例えば、東京・八王子松木店の場合、いま5000円で売っている商品は翌週には4000円になり、翌々週には3000円と毎週水曜日に“ドンドン”値段が下がっていくシステムだ。

「最終的には100円まで値下がりします。待って安く買うか、待たずに決めてしまうか、待って誰かに買われてしまうか。待つか、決めるか、取られるかを消費者が選択する方式です。そんな駆け引きが楽しいというかたも多いですね」(広報担当・菊池直之さん)

 火曜日に下見をして翌日来店する人も多く、毎週水曜日はオープン前から行列ができ、売り上げは通常の約3倍になるという。

 そして買い取りにもうれしいイベントが。月曜日と木曜日は買い取り価格が通常の1.5倍に(1kg500円のものが対象)。どうせならこの曜日に、という人も多く、1日で100件以上の買い取り依頼があることも。

 ドンドンダウンでは基本的に重さで買い取るシステムだが、その中でもすみ分けがあり、特に人気のあるもの、買い取り強化アイテムは1kg500円、店頭販売できるものであれば1kg50円、デザインや状態があまりよくなくて店頭販売できないものは1kg10円で査定される。

【ドンドンダウン オン ウェンズデイ 八王子松木店】住所:東京都八王子市松木51-11
営業時間:10~21時(買取受付10~19時)無休 ほかに、札幌平岡店、仙台駅前店、新潟河渡店、東大阪店など、全国62店舗を展開中。

※女性セブン2011年2月3日号

関連記事

トピックス