ライフ

最新ライフ記事のRSS

社交ダンス教室のほうが大事 手抜き診断であわや誤診

2011.05.04 07:00

 医者だって人の子。酒だって飲むし、テレビを観たい日だってあるだろう。社交ダンスが趣味だというT先生のある日の診断を、ナースたちは聞いていた。(女性セブン1988年3月24日号より)  * * * 「食欲がなくてムカムカするんですよ、先生」

 医者だって人の子。酒だって飲むし、テレビを観たい日だってあるだろう。社交ダンスが趣味だというT先生のある日の診断を、ナースたちは聞いていた。(女性セブン1988年3月24日号より)

 * * *
「食欲がなくてムカムカするんですよ、先生」
「じゃ、胃の薬も入れときます。それも風邪のせいだから」
「でも、ぜんぜんよくならないんですが」
「そんなに気にしなくても大丈夫ですよ」

 いかにもうるさそうにT先生が患者さんを追い出すのを、私たちも聞いていました。T先生は週2回、社交ダンス教室にかよっていて、その日は手を抜いてでも早くすませようとするので有名なんです。

 ところが、その患者さん、ほかの病院で診てもらったら、B型肝炎と診断されたんですって。B型肝炎って、最初、風邪のような症状なのでまちがいやすいんです。

 血液検査をしなければならなかったところを、社交ダンス教室の時間が迫っていたから手抜きをしたんですよね。

 T先生はふだんも「おまえらで勝手にやってくれ」なんて押しつけるような人だから、誤診もするわけですね。遅れてたら命とりだったんですよ。

 その患者さん、別の病院でまっ青になって入院したらしいんですよ。家族の人が抗議にきたけど、こっちはもう、ただ頭をさげるばかりでした。

本文を読む

連載・シリーズ

マネーポスト不動産売却 NO! 海賊版・違法サイト
TOP