国内

山路徹氏も参加G 原発圏内で野犬に噛まれ家畜守るゴン太発見

福島県楢葉市で、ある1匹の雑種犬が救助された。その犬を救出したのは、被災地でペット救援活動にあたっているボランティアグループ『福島原発20キロ圏内犬猫救出プロジェクト』のリーダー・大網直子さん(神奈川県在住の専業主婦・44才)とカメラマンの太田康介さんら。3月31日に活動をスタートさせた同プロジェクトには、ジャーナリストの山路徹氏(49)も参加している。

5月上旬、大網さんらがとある家の前を通ったときのことだ。生け垣の切れ目から牛と鶏の姿を見つけ、太田さんは車を止めた。

家の周りを見ると、納屋の奥に1匹の雑種犬がいた。しっぽは垂れたまま微動だにせず、こちらをじっと見ていた。もとは白い長い毛並みだったはずが、全体的に薄茶色に汚れており、首の周りが特に汚れていた。

「よく見ると、ポタッポタッと首から血が垂れていました。汚れは血の乾いた跡でした。それで何としても保護しなければと思ったんですが、近づこうとすると、かすかに“ウ~”と低いうなり声をあげ、警戒しているのがわかりました」(大網さん)

なんとか保護するや、大網さんらは動物病院へ駆け込んだ。治療にあたった病院スタッフが振り返る。

「丁寧にはさみを入れて毛を処理していくと傷口が出てきました。うじがわき、溜まった膿がどろっと流れ出てきた。大きな穴が4か所、かまれた傷でした。尻尾も皮膚がぼこぼこになっているので毛刈りをしてみると、散々かまれていた。まるで集団リンチを受けたかのようでした。2~3日遅かったら手遅れになっていたでしょう」

それを聞いた大網さんは、苦しい表情を浮かべた。

「このワンちゃんを保護した家のすぐ近くに6匹の野犬を見たんです。もしかしたらあの6匹に襲われたのかもしれません…。でも、その犬たちも野犬化したくてなったわけじゃないのに…」(大網さん)

太田さんも声を詰まらせた。

「この状況で、鶏の死骸が1羽もないことには本当に驚いたんです。たぶん、あのワンちゃんが牛や鶏を野犬から守っていたんでしょう」

数日後、大網さんのもとへ、避難所などに貼っていた貼り紙を手がかりに、その犬の飼い主の男性から「うちの犬かもしれない」と連絡があった。そこで、その犬の名前がゴン太だとわかったという。

※女性セブン2011年6月2日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

NHK桑子真帆アナの魅力とは(写真/ロケットパンチ)
NHK桑子真帆アナ、どの番組でも一貫する信念「わからないことは『わからない』と言う」
週刊ポスト
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
オールジャンルで活躍中、津田健次郎 転機となった朝ドラ『エール』での出会い
オールジャンルで活躍中、津田健次郎 転機となった朝ドラ『エール』での出会い
女性セブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
エリザベス女王(写真/GettyImages)
晩年のエリザベス女王「お元気ですか」の質問に笑顔で返したユーモア溢れる答え
女性セブン
好きな女性アナで3連覇を果たしたテレビ朝日の弘中綾香アナ(写真/ロケットパンチ)
弘中綾香アナ、結婚相手は同い年のベンチャー企業社長だった「資産約15億円」「小栗旬似のイケメン」
NEWSポストセブン
熱愛が発覚した玄理と町田啓太
町田啓太と女優・玄理の交際、ファンをモヤつかせていた「お揃いルック」の数々
NEWSポストセブン
渡辺達生氏が撮影した三遊亭円楽さんの寿影
逝去の三遊亭円楽さん、4年前に撮影していた「遺影」ならぬ「寿影」
NEWSポストセブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン