国内

最新国内記事のRSS

日本にある朝鮮ゆかり文化財 根こそぎ持っていかれる可能性

2011.06.05 16:00

 お人好し国家の面目躍如か。植民地時代に日本へ渡った朝鮮半島由来の図書1205冊を韓国へ引き渡す日韓

 お人好し国家の面目躍如か。植民地時代に日本へ渡った朝鮮半島由来の図書1205冊を韓国へ引き渡す日韓図書協定が、5月27日の参院本会議で可決・承認された。発端は昨年8月、菅直人首相が日韓併合100年の談話で、韓国に図書を「お渡ししたい」と述べたことだった。特に目玉とされているのが、朝鮮王朝時代の祭礼や主要行事を絵や文で記録した「朝鮮王朝儀軌」167冊である。

 これらは現在、宮内庁が所蔵しているが、本誌は5月19日に同庁を訪れ直に閲覧した自民党の参議院議員・浜田和幸氏より、貴重な図書の写真を入手した。浜田氏が解説する。

「文化財を他国に引き渡すことは、たとえばフランスが19世紀に韓国を侵攻したときに略奪した王室文書について、フランス側は返還ではなく『貸与』という形にしたほどデリケートなもの。まして日本は、1965年の日韓基本条約で韓国と財産請求権の放棄を合意しているにもかかわらず、菅首相は国会での審議も経ずに日韓関係改善のために引き渡しを約束してしまったのです。

 しかも、宮内庁の説明では朝鮮王朝儀軌のうち4冊は、旧宮内省が大正時代に東京・神田の古書店から購入したもので、それまで無条件に引き渡すのは明らかにおかしい」

 図書は、協定成立後6か月以内の引き渡しとなっているため、今年中にも朝鮮王朝儀軌は韓国へ引き渡されることになる。だが、韓国文化財庁傘下の国立文化財研究所は昨年、「日本へ流出した文化財は6万1409点」という数字を発表している。これを皮切りに、日本にある朝鮮ゆかりの文化財が、根こそぎ持っていかれる可能性もあるのだ。

 折しも5月24日には、竹島の実効支配強化を目指す韓国の国会議員らが北方領土の国後島を訪問。さらに竹島ではヘリポート改修工事が震災後の3月中旬から行なわれ、竹島近海の海洋科学基地も3月12日に建設工事の入札が開始されるなど、日本の震災後の混乱に乗じたかのような韓国の“揺さぶり”が続いている。

 菅政権はこれらの動きに形式的な抗議しかしていないが、まさか図書だけでなく、竹島まで韓国に引き渡すなんてことはあるまいか。

写真提供■浜田和幸

※週刊ポスト2011年6月10日号

本文を読む

連載・シリーズ

マネーポスト不動産売却 NO! 海賊版・違法サイト
TOP