芸能

「パパと暮らしたい」隠されていた吉川晃司の娘が短冊に願い

21年ぶりに復活させたCOMPLEXライブでは2日間で10万人を集め、その人気の高さを改めて印象づけた吉川晃司(45)。そんな彼が先日、入籍をしたこと、そして2才の娘がいることを発表した。娘が生まれてからこの発表まで、新婦は実家で過ごしていた――。

日本海に面し、古くは宿場町として栄えたその町では、8月初旬に七夕祭りが行われる。小さな子供がいる家庭では、将来の願いを込め、玄関先に竹を置き、思い思いの短冊をかける。町の一角に建つある一軒家の前を通り過ぎた地元の女性住民がほっとした顔でこうつぶやいた。

「去年は、あんな短冊見たからかわいそうでね。今年は何もないから安心したよ。きっと願い事が叶ったのよ」

彼女が見た短冊とは、年老いた両親とともにその家に住んでいるA子さん(43)の娘(2)の名で書かれていたものだった。

<パパと一緒に暮らすことができますように…>

近所の人たちの間では、A子さんはこの実家でシングルマザーとして子育てをしながら暮らしているという認識だった。それだけに、昨年の七夕で、当時ようやくひとりで歩けるようになったばかりの女の子の名前で、神様にたくしたそんな願いが、ご近所の人たちを切ない思いにさせたのだという。

そして時が流れた今年7月。ようやくA子さんは娘をつれて、父親がいる東京へと引っ越していった。父親の名は吉川晃司。A子さんは、吉川が6月1日に入籍したお相手だった。

A子さんについては一般人ということもあり、「2007年ごろから交際」「バツイチの40代」「2、3才の子供がいる」ということだけが報じられた。

約2年間、妻と子供の存在を隠し続けてきた吉川。現在、ようやく都内のマンションで家族3人の時間を過ごしている。その間、“夫”となる男性の正体も明かせず、A子さんとその両親は、ただひたすら吉川のことを信じて、自分たちに向けられた好奇の目を黙って耐えるしかなかったのだ。あなたならこんな2年間、耐えられるだろうか。

※女性セブン2011年8月25日・9月1日号

関連キーワード

トピックス

元通訳の水谷氏には追起訴の可能性も出てきた
【明らかになった水原一平容疑者の手口】大谷翔平の口座を第三者の目が及ばないように工作か 仲介した仕事でのピンハネ疑惑も
女性セブン
歌う中森明菜
《独占告白》中森明菜と“36年絶縁”の実兄が語る「家族断絶」とエール、「いまこそ伝えたいことが山ほどある」
女性セブン
伊勢ヶ濱部屋に転籍した元白鵬の宮城野親方
元・白鵬の宮城野部屋を伊勢ヶ濱部屋が“吸収”で何が起きる? 二子山部屋の元おかみ・藤田紀子さんが語る「ちゃんこ」「力士が寝る場所」の意外な変化
NEWSポストセブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
古手川祐子
《独占》事実上の“引退状態”にある古手川祐子、娘が語る“意外な今”「気力も体力も衰えてしまったみたいで…」
女性セブン
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
女性セブン
今年の1月に50歳を迎えた高橋由美子
《高橋由美子が“抱えられて大泥酔”した歌舞伎町の夜》元正統派アイドルがしなだれ「はしご酒場放浪11時間」介抱する男
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。  きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。 きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン