国内

原発支援活動批判に対し元活動家「それは崩れ左翼の考え方」

ベストセラー『がんばらない』著者の鎌田實氏は、長野県の諏訪中央病院の名誉院長でもある。チェルノブイリの子供たちへの医療支援に取り組む傍ら、原発の避難対象地域にも通っている鎌田氏が、福島第一原発事故収拾を手伝う『福島原発暴発阻止行動プロジェクト』たちの活動をリポートする。同団体の理事および副理事は、いずれもかつて学園闘争に加わった経験の持ち主だ。

* * *
僕は許可を得て、20km圏内に入ったことがある。土木作業員の健康管理が目的だった。作業員たちは瓦礫の撤去をしながら、遺体の捜索をしていた。熱中症になりそうな状態の中で精神的にも辛い仕事だ。僕は、土木関係者は談合体質だからずっと嫌ってきたが、頭が下がる思いだった。警察も自衛隊もスゴい。

国家の一大事になると右側の人の力のスゴさを見せつけられるが、左側の人は文句をいうだけだと思っていた。しかし60年安保の世代が立ち上がった。ちょっと嬉しい。

こういう活動は政府の責任をあいまいにしてしまうので手助けは必要ないという批判もあるが、これは典型的な「崩れ左翼の考え方です」と『福島原発行動隊』の副理事・平井吉夫さんは笑う。

元仲間の医師からは「老人は死んでもいいという考え方になる。とんでもない」と叱られたというが、250ミリシーベルトまでは、許されるからといって原発作業員ばかりには任せられない。もっと少ない被ばく量でとめてあげるべき。そのためには、できるだけ大勢が応援すべきだと主張する。

批判や文句を言う前に、瓦礫の撤去や原発内での線量測定、場合によっては、20km圏内での線量測定も担当してもよいという。穴を掘って、高汚染の瓦礫を埋めるだけでも、原発作業員や土木作業員の被ばくを軽減できるから、それも行なう。

行動隊の中にはシェフたちもいる。作業員たちの健康管理をし、おいしいものを食べることができたら、ミスも減り、成果が上がるだろう。この世代はチームワークの大切さを知っている。

実際に科学的なデータも揃い、高齢者のほうが子どもに比べて放射線の影響による遺伝子損傷を受けにくいともいわれている。いまそこにある危機のために立ち上がってくれた老齢パワー。右と左という冷戦の時代は終わった。それぞれの思想の差なんてどうせほんのわずか。ちょい右も、ちょい左も、3.11の体験を通してこの国を守りたいという思いがつのり出している。一つになって危機を乗り越えられたら、こんなにハッピーなことはない。

※週刊ポスト2011年8月19・26日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

北青鵬、白鵬
北青鵬の暴力問題で宮城野親方に“師匠剥奪”の厳罰 大横綱・白鵬が歩む「大横綱・貴乃花の辿った道」
NEWSポストセブン
『王様戦隊キングオージャー』は2024年2月25日の放送で最終回を迎える
【神回連発の特撮】『王様戦隊キングオージャー』脚本・高野水登が明かした“掟破り”の演出術「壊してやろうみたいな気持ちはないんですよ」【連載・てれびのスキマ「テレビの冒険者たち」】
NEWSポストセブン
削除された中川安奈アナの“バーでの写真投稿”(本人のインスタグラムより)
《赤ら顔・ノースリーブは削除》NHK中川安奈アナ「こっそり消したインスタ写真」に共通する「不適切」の線引き【局に見解を直撃】
NEWSポストセブン
表情豊かな阿部サダヲ(時事通信フォト)
『不適切にもほどがある!』阿部サダヲの「コンプラ度外視」発言は「令和の新しい毒舌」、カタルシス効果で共感呼ぶ
NEWSポストセブン
堂本剛が退所するが光一とKinKi Kidsは継続か
《SMILE-UP.退所》堂本剛がそれでもKinKi Kids解散を選ばなかった理由「SNS全削除の覚悟」
NEWSポストセブン
田村瑠奈容疑者と容疑者親子3人が暮らしていた自宅
《ススキノ頭部切断事件》2月末で終了の留置期間、親子3人の鑑定結果「娘の責任能力により起訴はギリギリの判断、両親は法廷へ」【自宅はスプレー缶で落書き被害】
NEWSポストセブン
『めざましテレビ』で人気を集めた高島彩
【500人アンケート】フジテレビ歴代最高の女性アナランキング 『めざましテレビ』MCがトップ3に
週刊ポスト
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
俳優・山本陽子さん(81)逝去 「悪女」役で人気、晩年は熱海でおひとりさまミニマル生活 CMしていた山本海苔との契約はギネス記録に
NEWSポストセブン
元店員がTwitterに(現X)投稿したLINEのスクショ画像
大阪王将「ナメクジ大量発生」投稿の元店員「威力業務妨害で逮捕」でどうなる 識者は「刑事は不起訴でも民事で損賠請求される可能性」指摘
NEWSポストセブン
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン
渦中の万木議員と中川議員
《滋賀・車中での不適切行為裁判に判決》男性市議に提訴された女性市議が敗訴 決め手となった「写真」の存在【双方直撃】
NEWSポストセブン
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
女性セブン