スポーツ

球児の親 「特待生でないとうちの子のプライド許さん!」

木内幸男氏といえば常総学院前監督で甲子園通算40勝の名将。今年、県大会決勝で敗退すると惜しまれつつユニフォームを脱いだ。がん闘病のさなか、木内氏が高校野球に対する思いを激白した。

* * *
あるシニアチームの監督は、13人中10人を強豪高校に送りこんだと自慢してた。でも、そんなにいるわけねぇ。多くて3人。その3人をとるためにチームに配慮してか、他の10人まで特待生だろ。高校入学前から過大評価された子はどうなる? 余計なプレッシャーを感じてしまうわなぁ。

うちの野球部も、体験入部というのをやっていてね。80~90人近くの中学生が集まって、そのうち7~8人は凄い選手です。たださぁ、俺は父兄に言うんだよ。

「皆、特待生で入学させたいと思っているんでしょ」と。そりゃ無理だよ。うちは特待生にしたいような選手でも、受験で1点でも足りないと不合格にしちゃう。スカウトして強くなったと思われるのがシャクだから。

だけど親は、「特待生でないとうちの子のプライドが許さない」と言う。高校野球はそういう時代になっちゃったんだよ。

そりゃ選手を集めて甲子園に出ることで学校経営が成り立ってる現実を考えると、それも“必要悪”と思う自分もかつてはあった。でも一人の選手を優遇すると、一般受験した子が一人落ちるわけだ。おかしいべぇ。

俺が政治家とくっつかなかった理由もそこにある。取手二高時代はグラウンドを県に直してもらうのに10年かかった。政治家に頼めば2年で修繕してくれるのにね。ところが政治家に頼むと、次は支援者の師弟を部にいれてくれ、レギュラーを与えてほしいとなる。

純粋に野球を楽しめない、頑張った子が損するようなことになりたくないんだぁ。いざ、引退してみて確信が持てたな。俺は高校野球が本当の競技から離れていくのが嫌だったんだなぁと。

※週刊ポスト2011年9月2日号

関連キーワード

トピックス

本田圭佑氏の解説が視聴者に受け入れられたポイントは?(Getty Images)
まだ間に合う「解説・本田圭佑」入門 事前に把握しておきたい「さん付け以外」の8人
NEWSポストセブン
高橋一生が夜の街を仕事関係者らしき男性とともに
高橋一生「41才独身、女優のアプローチをいなし、愛犬に愛情注ぐ」モテモテなのに結婚しない理由
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
松原千明さんの死の真相
追悼・松原千明さん「あんなに純粋でかわいらしい子はいない」愛娘すみれへの思い
女性セブン
金正恩氏と娘のツーショット(写真/朝鮮通信=時事)
北朝鮮・金正恩総書記、「娘の写真」公開で勃発する妹・金与正氏の子供との権力闘争
週刊ポスト
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
女性セブン
夜の街でもオーラを放つ村上
村上宗隆、ハイブランドをさらりと着こなすオシャレぶり「こだわりの私服」で高級鮨店に
女性セブン
省人化のためセルフレジの導入がすすむが、トラブル対応で店員がつききりになることも(イメージ、Avalon/時事通信フォト)
元セルフレジ案内係の告白「他人を見張ることが辛くなって辞めました」
NEWSポストセブン
鈴木福、超名門大学にAO入試で合格 来春に芦田愛菜とキャンパスで再会もあるか
鈴木福、超名門大学にAO入試で合格 来春に芦田愛菜とキャンパスで再会もあるか
女性セブン
悠仁さま(写真/JMPA)
悠仁さまの成績不振報道に紀子さまの焦り 塾へ通うわけにもいかず家庭教師をお探し
女性セブン
松原千明さんの死の真相
松原千明さん、2回目の離婚で「人を信用できなくなった」 異国で感じていた深い孤独
女性セブン
焼き鳥デートの後にラブラブ帰宅
サンシャイン池崎 猫と暮らす自宅で年下恋人と同棲状態「隠してるわけではないんですけど…」
女性セブン