• TOP
  • ライフ
  • 赤ちゃんのへそのゴマ気になった母 ガムを貼り、結局病院へ

ライフ

2011.09.20 07:00  女性セブン

赤ちゃんのへそのゴマ気になった母 ガムを貼り、結局病院へ

子育てについての珍報告は数多くあり、最近は「DQN母」なんてことばも……。だが、1980年代にはなんと、赤ちゃんのおへそにチューインガムを詰めてしまったお母さんも。きれい好きが、間違った方向に転じてしまったB子さん(26)の言い分を聞いてみよう。(女性セブン1988年11月17日号より)

* * *
きれい好きのB子さん(26才)は、赤ちゃんのおへそのゴマが気になってならなかった。指でつまみ出すのはちょっと危ない感じだし、なにかいい手はないものか、と思案していたとき、粘着テープをころがしてごみを取るクリーナーを見て、名案を思いついた。

そうだ、やわらかくかんだチューインガムを、赤ちゃんのおへそにくっつけたら、ペタッとゴマが取れるにちがいない!

さっそく、B子さんはチューインガムをクチャクチャとかんで、赤ちゃんのおへそにくっつけ、バンソウコウで固定した。数日たって、バンソウコウをひっぺがしたら、アリャリャ!

チューインガムの半分はおへそに密着して固くなり、中に残ってしまった。それを無理に取ろうとすると、おへそが傷つきそうで怖くなり、B子さんは急いで病院へ出かけた。

「この大きな黒いものはなんですか?」と、医者もびっくり。

「それがその、チューインガムなんです……」

関連記事

トピックス