国際情報

韓国の集会 「猿(日本)想起させる服装や動作禁止」の注意 

「美しい独島を自分たちがどれほど愛しているか知らせよう」。8月15日午後5時、ソウル、大邱、釜山、光州、大田、蔚山、昌原の7都市で一斉に行なわれた「独島フラッシュモブ」。ネットの呼びかけで不特定多数が集まり、公共の場所で同じ動作をして周囲を驚かせる行為がフラッシュモブだ。

 30度を超える蒸し暑さの中“ソウルの原宿”とも呼ばれる明洞のど真ん中では、鮮やかなチマチョゴリの女性が「独島」と書いた紙を掲げて登場。2002年サッカーワールドカップの応援歌「もう一度、大韓民国」の軽快なリズムに合わせて200人余りがダンスに熱狂。音頭を取るのは、晴れ着やテコンドーのユニフォームなどを持参した大学生たちだった。

 大雨となった大邱では、さらに用意周到。両手に小さな太極旗(韓国旗)を持ち、白のチョゴリ(上衣)に黒のチマ(スカート)の女子学生らが人混みの中に飛び出して場所を確保。そこに黒の学生服姿の男子学生らが加勢して踊りが始まった。

 踊りの最後に白地に青の朝鮮半島と、その右側に韓国ほども大きい黒い「独島」の描かれた巨大な地図が広げられると、観客たちから大歓声があがったのだった。

 呼びかけ人は大邱の大学生。「日本を刺激しないように、猿(日本)を想起させる服装や動作をしないこと」という注意書きがあった……。

※SAPIO2011年10月5日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

「選挙に強い」後継者は?(時事通信フォト)
安倍晋三・元首相の後継者の条件 選挙に強く、“担がれやすい資質”を持つ政治家
週刊ポスト
デザインした服は多くの芸能人にも愛された三宅一生さん(写真は2001年、時事通信フォト)
イッセイミヤケ、芸能人にもファン多数 美輪明宏、楠田枝里子…愛された理由 
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン