国内

松下政経塾 入塾までに小論文や面接クリアし10ヶ月かかる

過去248人が学び、総理以下38人の国会議員を生んだ松下政経塾。どうすれば入れるのか? 第28期生の参議院議員、宇都隆史氏(36歳)に、作家の山藤章一郎氏がそのときのことを尋ねた。

* * *
入塾試験は、2月、履歴書とA4用紙1枚の小論文を提出する。以下、10か月後の〈入塾内定〉を得るまでに、受験者がくぐらなければならない関門の順を追う。

「論文のテーマは『私の志』でした。なんのためにわが塾で学びたいのかを問われます。履歴書は市販のものに学歴職歴を記入します」

宇都氏は、防衛大学校卒。応募したときは32歳、1等空尉で、妻子があった。ある日、陸上自衛隊の10日間合宿に参加して、防衛産業の人や、松下政経塾の塾生と会った。呑みに行った。

〈政経塾〉は、自衛隊に在籍したままで受けられるのを知り、試しに応募してみた。

「『私の志』のテーマは国防にしました。自衛隊の行動が、憲法などの制約でいまのまませばめられていては、安全保障の観点から国を守れないと書きました」

【5月:連休明け。小論文・履歴書選考をパスした応募者270名のうち50人が、神奈川県茅ヶ崎の〈政経塾〉で第一次面接】

面接官5人の前でひとり30分ほど。いまやっている仕事、志望動機などを訊かれる。 宇都氏は自衛官の制服で臨んだ。以下、当時の受験の内容、感想は、同氏が話してくれたもの。

「日本の防衛を憂える思いを訴えました。〈政経塾〉にしっかりした政治家をつくってもらいたいと、逆に提案する気持ちでした」

そして50名が20名に絞られて【7月 二次面接】。

この時は、〈政経塾〉寮に一泊して集団面接を受けた。運動もするからジャージの着替えも持参せよと、事前に連絡がある。初日午前中に〈政経塾〉のラウンジに集合してオリエンテーリング。ついで、20人を4つに分け、グループごとに面接官から課題が与えられる。

【11月:いよいよ評議員、理事ら役員による最終面接。10名に絞られている】

ここでは書類選考時の小論文に書いた〈志〉を具体的に述べる。「国防論を書いた私は、最終面接で、みっつのもの……国防と食と教育が国の根本だといいました。

合格するのは〈運と愛嬌〉と幸之助さんはいったそうですが、ぼくに〈愛嬌〉はどうだろう。

それより、職場を辞め、妻子と別れて暮らし、〈国防論〉に打ち込む〈覚悟〉を問われたんだと思います。そうだ、覚悟だね。職場を辞め、妻子と別居し、4年間の塾生活を送る覚悟。

私もとことん悩みました。とにかく人生の短くない期間を投げうって入塾するわけです。その結果、塾にいるあいだは大丈夫でしたが、選挙で離婚することになりました」

宇都氏は、その年の暮れにメールで【内定】の知らせを得た。正式な【採用通知】は正月明け。2月にすべての手続きが完了した。そして【4月1日入塾】。

※週刊ポスト2011年10月28日号

関連記事

トピックス

「お芝居はまだ勉強中」と話す莉玖(写真は本人のインスタより)
【主演映画も決定】平野紫耀の弟・平野莉玖、デビューまでの道のり アパレル事業から俳優へ、伏せていた兄との関係を明かしたタイミング
女性セブン
ハワイの別荘と合わせて、真美子夫人との愛の巣には約40億円を投資
【12億円新居購入】大谷翔平、“水原一平騒動”で予想外の引っ越し 日系コミュニティーと距離を置き“利便性より静けさ”を重視か
女性セブン
「Number_iなんで出ないの?」『ZIP!』が番組表に「話題MV」記載も「出演ナシ」にファン困惑 日本テレビ・TOBEによる「緊急変更の正式回答」
「Number_iなんで出ないの?」『ZIP!』が番組表に「話題MV」記載も「出演ナシ」にファン困惑 日本テレビ・TOBEによる「緊急変更の正式回答」
NEWSポストセブン
復帰したほしのあき
《10年ぶり芸能界復帰のほしのあき》グラドル仲間のSNSうつり込みで密かに手応え感じた「復帰タイミング」
NEWSポストセブン
大牟田署に入る浪川総裁
《抗争で死者14名》敵対していた九州暴力団「道仁会」「浪川会」トップ2人が突然の引退 直撃に明かした「引退後の生活」
NEWSポストセブン
パルテノン神殿での佳子さま
ギリシャをご訪問の佳子さま、パルテノン神殿では青と白の“ギリシャカラー”のカジュアルな装いでお出まし
女性セブン
早くも今夏から『SHOGUN 将軍』新シーズンの脚本に取り掛かるという(写真/CNP=時事)
【独占告白】真田広之と手塚理美の次男・日南人が俳優に 父からのエール「自分のやりたいことをやれ。何かあれば相談に乗る」
女性セブン
不倫疑惑に巻き込まれた星野源(『GQ』HPより)とNHK林田アナ
《星野源と新垣結衣が生声否定》「ネカフェ生活」林田理沙アナが巻き込まれた“不倫疑惑”にNHKが沈黙を続ける理由 炎上翌日に行われた“聞き取り調査”
NEWSポストセブン
主犯の十枝内容疑者
【青森密閉殺人】会社社長の殺人を支えた元社員は覚醒剤常習者「目がイッちゃって…」「人を殺すなら中国人に頼めば5〜6万円で跡形もなく……」の意味深発言
NEWSポストセブン
殺人を犯すようには見えなかったという十枝内容疑者(Facebookより)
【青森密閉殺人】「俺の人生は終わった」残忍な犯行後にキャバクラに来店した主犯格の社長、女性キャストが感じた恐怖「怒ったり、喜んだり感情の起伏が…」近所で除雪手伝いの裏の顔
NEWSポストセブン
噺家生活15周年を迎えた月亭方正(撮影/小倉雄一郎)
「僕は居心地がよくなかった」 噺家生活15年・月亭方正が落語にのめり込んだ理由 立川志の輔に「『鼠穴』を教えてください」と直談判
NEWSポストセブン
杉咲花
【全文公開】杉咲花、『アンメット』で共演中の若葉竜也と熱愛 自宅から“時差出勤”、現場以外で会っていることは「公然の秘密」
女性セブン