• TOP
  • ライフ
  • 手荒れの季節 洗剤選びと“ながらパック”で手肌の潤いケア

ライフ

2011.10.26 16:00  NEWSポストセブン

手荒れの季節 洗剤選びと“ながらパック”で手肌の潤いケア

中野あおい先生オススメの手肌ケア アイテム

 天気予報では紫外線情報に代わり、乾燥情報が流れるようになってくるこの時期、気になり始めるのが手荒れ。「手肌年齢で10歳以上老けて見える」「手・指は顔に比べて6倍も新陳代謝が遅い」というニュースが注目を集めたように、女性にとって手荒れは大きな悩みのひとつ。

「手肌が乾燥すると、皮膚のバリア機能が低下して、あかぎれや手湿疹の原因になることもあります。ですからこれからの季節は、日頃から乾燥対策を取り入れることが必須です」と、あおいクリニック銀座の美容皮膚科・内科医の中野あおい先生は言う。

 前回のインタビューでも手軽にできるケアを教えてくれた中野先生に、今すぐ始めるべき手肌の乾燥対策とケア方法についてお話を聞いた。

「手荒れはまず、指先に表れます。爪の周りにささくれができ始めたら要注意。今のうちにケアしておかないと、大掃除の時期にはさらに乾燥して、ボロボロになってしまいます」(中野先生・以下「 」内同)

■潤いを“守る”ためには洗剤選びが重要

 20~50代の主婦600名に行った「手・指のトラブルの原因と思われる家事」についてのアンケート(P&G調べ)では、以下の通り「食器洗い」が大差でトップとなっている。

1位:食器洗い 83.0%
2位:料理 45.7%
3位:風呂の掃除 29.2%
4位:洗濯 28.3%
5位:部屋の掃除 21.2%

 中野先生によると、手肌の乾燥対策でもっとも大切なのは「潤いを逃さないこと」だという。

「手肌の乾燥の大きな原因となるのが、食器洗いや掃除などの水仕事です。ゴム手袋を使うのはもちろん重要ですが、見落としがちなのは“手肌にダメージを与えない洗剤”を選ぶこと。

 水仕事の中でも食器洗いは毎日必ず行うものですから、ここで潤いを逃さないことは、手肌にとって大きなプラスになります」

 食器洗い用洗剤は、手肌の潤いを流しにくくする『ジョイ モイストケア』を愛用。

「洗うのはコップ1個だけだから……と、ゴム手袋をつけるのが面倒な時もこれなら安心。

 この洗剤を切らしてしまって別の洗剤で同じように洗い物をしていたら、急に手肌がボロボロになって、焦ってしまいました。(笑)普段何気なく使っているつもりでも、こういう時に“良さ”を実感しますね」

 また掃除をする際などは、医療用の薄いゴム手袋(100円ショップなどで販売している薄いゴム手袋でOK)を使用。「この時にハンドクリームをたっぷり塗ってからゴム手袋をつければ、家事の間に美容成分が浸透してハンドパックの効果も」といった “ながら美容”法は、忙しい主婦にもぴったり。

関連記事

トピックス