• TOP
  • 国際情報
  • 【キャラビズム】ああ懐かしい、見えそうで見えない女性の魅力

国際情報

2011.11.26 16:00  NEWSポストセブン

【キャラビズム】ああ懐かしい、見えそうで見えない女性の魅力

アンドレ・キャラビ氏は、1927年フランス生まれの84歳。同国ペンクラブの会員だ。日本では『目からウロコのヨーロッパ』などの著書がある。日本在住 40年以上の親日家だが、どうも最近、このニッポンで目に余る出来事が多い。マナー、お金、日本語、女性、子供……。そのキャラビ氏が、いまの日本人に向 けて、箴言集で発する痛烈な「キャラビズム」。さて、あなたはどう受け止めるか? 今回は、「女性」編である。

* * *

● Au début le cou,puis les cuisses maintenant le nombril,il ne reste pas grand choses a montrer, y compris la féminité ,alors que même le maïs cache sa nudité!

最初はうなじ、次は太もも、最近ではへそ、見せるものは少なくなった、女性らしさも、トウモロコシでさえ、自分の身を隠しているのに…。

●Dernière mode,le maquillage à la Cléopatre,un seul problème, le nez de Cléopatre…

最近の流行はクレオパトラ風メーキャップだそうです、問題はクレオパトラの鼻…。

●Ah nostalgie,presque visible mais pas visible le charme féminin….!

ああ、懐かしい、見えそうで見えない女性の魅力…!

関連記事

トピックス