スポーツ

合宿中の内柴正人と3日連続愛 堀北真希似美女が振り返る

本誌がスクープした柔道金メダリスト・内柴正人のレイプ事件。柔道界関係者は、指導者たる人物が合宿中に事件を起こしたことにショックを受けている。ところが、内柴にとっては、合宿中のセックスは事件の時が初めてではなかった。

20代半ば、堀北真希に似たAさんが内柴と出会ったのは今から6年前のことだった。

その年の夏、東日本のスポーツ施設でオリンピック強化選手や大学の柔道部員約200人が集い、強化合宿が行なわれていた。強化合宿には、JOC(日本オリンピック委員会)より費用の補助も出ており、選手や指導者にとっては、公的な練習といえる。

2004年のアテネ五輪で金メダルを獲得した内柴もまた、旭化成所属の強化選手として合宿に参加していた。

「私は、宿舎でアルバイトをしていました。もともと内柴さんのファンだったので、合宿所で見かけた時に声をかけたんです。そしたらすぐに、『今度、ご飯でも食べに行こうか』と誘ってくれた。それで、うれしくなって携帯電話の番号を教えたんです」(Aさん)

内柴からは、その日の夜、早速電話がかかってきた。「何してるの?」「今、仕事が終わったところです」「買い出しに行くんだけど、一緒に行かない?」

こう誘われ、Aさんと内柴は夜のドライブへ出かけることになった。オリンピックの賞金で買ったという内柴の車には「baby in car」のステッカーが貼ってあったという。このステッカーからもわかるように、内柴はこのときすでに結婚しており、長男も生まれていた。

2人は県境を越えたコンビニで買い出しを済ませた。そして帰り道の途中、内柴は突然、人気のない山道に車を停めた。

「たまたま私が缶入りのドロップを持っていたので、それをなめながら雑談しました。そのドロップは、カップル向けで、『紫が出たら男性に食べさせてあげてね』などという、説明書きがあるものでした」(Aさん)

Aさんがドロップを渡すと、内柴は口に入れた。「今の何色ですか?」と聞くと、内柴は舌にドロップをのせて見せたという。ドロップの色はピンク。ピンク色の指示は「2人で食べさせ合ってね」というものだった。

すると内柴は、「2人で食べればいいじゃん」といいながら、口に含んだドロップをAさんの口に移してきて、そのまま自然にキスをしてきたのだという。

「とてもスマートにキスしてきたので、この人、慣れているなと思いました。そして、内柴さんがシートを倒して抱き付いてきた。私が着ていたTシャツやジーンズに下着も脱がせてくれたんですが、それも強引ではなく、ごく自然な感じで。私はいつの間にか裸になっていました」(Aさん)

そして、翌日の夜も、Aさんの仕事が終わった9時頃、内柴から電話がかかってきた。Aさんの部屋を聞き出した内柴は、合宿中の学生も大勢いるというのにもかかわらず、全く気にする様子もなく、ジャージ姿で堂々と部屋に入ってきたのだという。

合宿の最終日であったその翌日も内柴はAさんの部屋を訪れた。Aさんは内柴と3日連続で愛し合ったという。

しかし、翌朝、仕事から戻って来て携帯電話を確認したAさんはあることに気づいた。

「いつの間にか、私の携帯に登録してた内柴さんの番号が消えていたんです。私は絶対に消すはずはない。私が見ていない時に、内柴さんが消したんだと思います。証拠は残さないんだ、女性に対して常習犯なんだって思いました」(Aさん)

内柴のファンだったAさんもこの件で彼の“人柄”を理解したという。Aさんは、この翌年にも、同じ合宿所でアルバイトをした。翌年の合宿にも内柴は参加していたが、Aさんとは目を合わせようともしなかった。内柴にとって、Aさんとの関係は、その場限りのものだったのだろう。

内柴はAさんに、「家族は大事。背負うものができたから、柔道を頑張れる」などと語っていたという。しかし、家族の目の届かぬところでは、裏切り行為を重ねていたのだ。

※週刊ポスト2012年1月13・20日号

関連記事

トピックス

大谷翔平選手(時事通信フォト)と妻・真美子さん(富士通レッドウェーブ公式ブログより)
《水原一平ショック》大谷翔平は「真美子なら安心してボケられる」妻の同級生が明かした「女神様キャラ」な一面
NEWSポストセブン
裏金問題を受けて辞職した宮澤博行・衆院議員
【パパ活辞職】宮澤博行議員、夜の繁華街でキャバクラ嬢に破顔 今井絵理子議員が食べた後の骨をむさぼり食う芸も
NEWSポストセブン
海外向けビジネスでは契約書とにらめっこの日々だという
フジ元アナ・秋元優里氏、竹林騒動から6年を経て再婚 現在はビジネス推進局で海外担当、お相手は総合商社の幹部クラス
女性セブン
岸信夫元防衛相の長男・信千世氏(写真/共同通信社)
《世襲候補の“裏金相続”問題》岸信夫元防衛相の長男・信千世氏、二階俊博元幹事長の後継者 次期総選挙にも大きな影響
週刊ポスト
女優業のほか、YouTuberとしての活動にも精を出す川口春奈
女優業快調の川口春奈はYouTubeも大人気 「一人ラーメン」に続いて「サウナ動画」もヒット
週刊ポスト
二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ
《独立後相次ぐオファー》二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ 「終盤に出てくる重要な役」か
女性セブン
真剣交際していることがわかった斉藤ちはると姫野和樹(各写真は本人のインスタグラムより)
《匂わせインスタ連続投稿》テレ朝・斎藤ちはるアナ、“姫野和樹となら世間に知られてもいい”の真剣愛「彼のレクサス運転」「お揃いヴィトンのブレスレット」
NEWSポストセブン
デビュー50年の太田裕美、乳がん治療終了から5年目の試練 呂律が回らず歌うことが困難に、コンサート出演は見合わせて休養に専念
デビュー50年の太田裕美、乳がん治療終了から5年目の試練 呂律が回らず歌うことが困難に、コンサート出演は見合わせて休養に専念
女性セブン
交際中のテレ朝斎藤アナとラグビー日本代表姫野選手
《名古屋お泊りデート写真》テレ朝・斎藤ちはるアナが乗り込んだラグビー姫野和樹の愛車助手席「無防備なジャージ姿のお忍び愛」
NEWSポストセブン
破局した大倉忠義と広瀬アリス
《スクープ》広瀬アリスと大倉忠義が破局!2年交際も「仕事が順調すぎて」すれ違い、アリスはすでに引っ越し
女性セブン
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン