芸能

父が台湾人の一青窈の姉 「台湾の人たちは本当に日本が好き」

 彼女の名は、一青妙(41)。印象的な苗字だからもうおわかりだろう。歌手・一青窈(35)の6才上の実姉である。妙は女優と歯科医師というふたつの顔をもちながら、『私の箱子』(講談社)で作家デビューを果たした。

 父は台湾人、母は日本人。父は台湾五大財閥のひとつである顔(がん)家の長男。幼少期を台湾で過ごし、11才から日本で暮らす。中学時代に父を、大学時代に母を病気で亡くす。日本語はもちろん、中国語と英語も堪能。歯科大学を卒業後、歯科医師として働く一方、女優業を続けている。

「国籍うんぬんというより、両親の個性でしょうねえ。石橋を叩かずに無茶しちゃうのが母の遺伝子。そして一度そう思ったら相談する前に決めている頑固な部分は父の遺伝子。中学から部活は掛け持ちしてましたし、海外を放浪もして、砂漠でラクダに乗って後ろのガイドさんに胸をわしづかみにされるなど、危ない目にも何度も遭いました(笑い)。女優を目指したのも25才を超えてからですし」

 台湾からの義援金は約200億円という世界最大規模だった。被災地の人たちだけでなく、全国民が台湾の友情に感動した。

「台湾の人たちは本当に日本が好き。いまも、自分たちのことのように震災後の日本を気にしています。台湾人の血が流れていて少し誇らしく、よかったなと思いました」

 妙は小学生のころは、自分を台湾人であると考え、中学生になると日本人として生きた。2つの祖国を愛し、2つの国のために生きていこうと考える。

「台湾では、日本と違ってうつ病が社会的な現象として問題視されていないんです。なぜだろうと思ったら、みんななんでも思ったことを口に出している。それはもう、思った瞬間にバンバンと。年齢かまわず、話して発散。“溜め込まない”が台湾式なんですよ。陽気で人懐っこいのが台湾人。もし次に何か書くとしたら、そんな台湾の魅力をまとめた旅行エッセイを手掛けたいですね」

※女性セブン2012年5月10・17日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

岩田絵里奈アナと結婚発表の水卜麻美アナ
日テレ・水卜麻美アナの電撃結婚の背景にあった「岩田絵里奈アナの“左遷人事”」
NEWSポストセブン
水卜麻美アナと電撃婚の中村倫也、「絶対に彼の良さは伝わる」事務所社長が信じ続けた俳優としての才能
水卜麻美アナと電撃婚の中村倫也、「絶対に彼の良さは伝わる」事務所社長が信じ続けた俳優としての才能
NEWSポストセブン
“体に入れるもの”にこだわっていた道端ジェシカ(時事通信フォト)
カエル毒、粘土を使って…道端ジェシカ容疑者「薬物逮捕」で注目される“特殊な健康志向”
週刊ポスト
不倫疑惑も報じられた篠田麻里子
《離婚成立》篠田麻里子、不倫疑惑で「地元福岡ドラマ」の出演が見送りになっていた 始球式務めたホークスとも離別
NEWSポストセブン
アナウンス力、ナレーション技術も高く評価される
中村倫也と電撃婚の水卜麻美アナ、ザワつかせた「結婚発表2週間前の号泣」ようやくわかったその胸中とは?
NEWSポストセブン
吉村洋文氏
吉村洋文・大阪府知事が春場所千秋楽の表彰式を「欠席」 公職選挙法との関係か、選管の見解は
NEWSポストセブン
10年前の襲名当時の香川と團子
香川照之の息子・團子がテレビデビューの可能性 “父の代わりに一門を食わす”覚悟
NEWSポストセブン
成人男性の体重が36.8キロになっていた(大津地裁)
【同居男性虐待事件】懲役24年の判決に“涙なき”嗚咽の被告女性「被害男性にゴキブリの足を食べさせていた」
NEWSポストセブン
卒業アルバムも合成や加工が当たり前に?(イメージ)
いまどきの卒業アルバム 合成、差し替え、加工まで何でもありの現実
NEWSポストセブン
明菜
中森明菜が突如コメント「バカ殿」志村けんさんとのこと「どれだけダメ出しされても大丈夫」のアドバイスも
NEWSポストセブン
当時、唐橋は交際について「そっと見守ってください!」とコメント(2018年10月撮影)
《メガネを外した貴重シーン》唐橋ユミが表情トロン、結婚相手の映画監督とラブラブデート現場
NEWSポストセブン
体罰のニュースが今も続いている(イメージ)
なくならないスポーツ界の体罰 必要悪だと思う人が多かった背景
NEWSポストセブン