芸能

阿部祐二リポーター 妻から玄関で足四の字固めかけられた過去

「事件です」とワイドショーで真剣な顔でレポートをする一方、恐妻との日々をつづった著書『「恐妻家」が成功する22の法則』(講談社)が話題を呼ぶなど、恐妻家キャラとしても知られる阿部祐二さん(53才)。家庭ではいったいどんな事件が?

――プロゴルファー阿部まさ子さん(51才)を妻に持つ阿部さんですが、著書にも書いていますが、ものすごい恐妻家ぶり。

「まわりから“阿部さん、あれだけ管理されて気の毒だね”といわれますが、ぼくは一度も自分を気の毒と思ったことがないんです」

――それはなぜ?

「怒られる理由が全部、想定内だからですよ。ぼくの朝食は、納豆とみそ汁が定番ですが、“たまには違うものを食べたい”っていうと彼女は即、却下。理由は“納豆は体にいいからあなたの体のことを考えているのよ”といわれ、確かにそうだなぁと」

――奥さんからすると夫の健康管理をしているだけ。

「彼女が怒る理由は全部、ぼくは理解できるからストレスもたまらないんです。そういえばこれまで彼女が激怒した2大事件があるんです」

――お得意の事件ですね?

「1度目はぼくがリポーターになりたてのころ、仕事をしていたワイドショーのスタッフと飲んだときの話です。スタッフがみんな酒飲みで二次会、三次会と突入するわけですよ。で、最終的にある女性リポーターの家でみんなで明け方まで飲んでいたわけです」

――そうしたら?

「酔っぱらって帰宅して鍵を開けようと思ったらチェーンがかかっている。そのとき、妻はすでに起きているようで、人の気配がある。慌てて“す、すみません、開けてください”といったんですが、妻は開けてくれない。仕方なく、ドアのすき間から見えるように土下座しました。そしたら近所の手前もあると思ったのか、チェーンは外されました。

 玄関で妻はぼくの前に立ちふさがり、“こんな時間まで何していたの?”とものすごい形相で詰め寄るわけですよ。

“女性の家で飲んでいた?”と玄関先で足四の字固めをかけてきたんですよ。以来、ぼくは飲みに行く予定があるときは1週間前までに妻に申告するようにしています」

――地方で取材があるときはさすがに無理でしょう。

「これが2度目の激怒事件。ある事件でぼくが地方にずっと滞在していたときのことです。そのとき、事件の容疑者のインタビューに成功し、連日スクープの連続。だから打ち上げのため毎日同じお店に通っていたわけ。支払いは全部カードにしていたら、1か月の請求が70万円を超えていたんです。

 その店の名前がずらりと並んだカードの明細を見たときの彼女の形相といったら、いま思い出しても震えますよ。そのとき彼女がいったのは“あなた、お目当ての女の子がいたわね!  浮気していたのね!”ですよ。

 もちろん、潔白ですよ。でもいまだに彼女の中ではこの2大事件は、ぼくが浮気したことになっているんです。だから、それを許してあげた自分は寛容だと。でもね、それでいいと思っているんです」

※女性セブン2012年5月10・17日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
『株式会社嵐』設立
『株式会社嵐』設立で整った嵐としての活動の基盤 デビュー25周年の記念日に向けて高まる期待
女性セブン
水原一平容疑者の半生を振り返る(C)BACKGRID,Inc/AFLO
《現地レポート》水原一平容疑者「中学時代は帰宅部」同級生が口を揃える“影の薄さ”「騒いでるのをそばで見ているタイプ」「高校の同窓会には不参加」
週刊ポスト
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
いまや若手実力派女優の筆頭格といえる杉咲花(時事通信フォト)
【『アンメット』での難役も好評】杉咲花、俳優事務所から“ドラマ共演の逆指名”が増える理由
週刊ポスト
古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
初のゴールデン帯&月9主演を同時に果たした広瀬アリス
【“格差姉妹”と言われた過去も】広瀬アリス、妹・すずより先に「月9主演」の逆転人生
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
NEWSポストセブン
ヨグマタ相川圭子 ヒマラヤ大聖者の人生相談
ヨグマタ相川圭子 ヒマラヤ大聖者の人生相談【第11回】老後のためにやりたいことを我慢して節約…貯金が増えても心が満たされない
週刊ポスト