芸能

田村正和 「二枚目は、本当は楽しくない。疲れる」ともらす

 昨年1月から3月に放送された『告発~国選弁護人』(テレビ朝日系)で主演を務めて以来、田村正和(68才)がドラマから姿を消している。

『女性セブン』はアイボリーの登山帽を目深に被り、グレーのTシャツにジャージーのようなダボダボの白いパンツ姿の田村をキャッチ。約2.5kmの道のりを1時間ほどかけて早朝に散歩していた。

 テレビ局関係者は次のように話す。

「1年半ぐらい前に、田村さんが“最近、以前より、セリフを覚えるのに時間がかかり、集中力もなくなった”なんて漏らしたことがあったんです。そして“二枚目は、本当は楽しくない。私生活でも、『田村正和』でいるのは疲れるんだよ…。もういつでも、この世界からフェードアウトしたい”とも話していました」

 実際、昨年、『告発』に出演した際には、“滑舌が悪い”“それを補うために演技が大袈裟になっていて不自然”“セリフが覚えられない。出てこない”といった報道も出たほどだ。

 とはいえ、長年“二枚目”や“ニヒル”がウリだった田村にとって、“老い”を世間にさらすのはプライドが許さないのだろう。だからこそ、散歩は人気の少ない早朝に行っているのかもしれない…。さらに田村は“老い支度”として、父が眠る墓とは別に、自分の墓を神奈川県内の霊園に購入していた。

 田村のお墓は、園内でも見晴らしがいい場所にあり、周囲の山々が見渡すことができる。真っ白な砂が敷かれた墓所は、雑草ひとつなく手入れが行き届き、まだ墓石こそないが、すでに墓塔がポツリと建っている。

 墓塔には“田村家先祖各霊菩提”とある。側面には“田村正和”の名前が刻まれ、名前の“正和”だけが朱く塗られていた。生きているうちにお墓を建てたわけだが、そこにはある意味が込められていた。

「日本では、生きているうちにお墓を建てると早死にするといういい伝えもありますが、中国では“寿陵”といって、めでたいことなんです。秦の始皇帝の時代から続くもので、生前にお墓を建て、名前を朱く記すると、“長寿を授かり、自分の人生の使命をまっとうできる”という意味があるんです。田村さんは、それを知人に教わって建てたみたいですよ。ちなみに、そのお墓は管理費などを含めてこれまでに1500万円以上はかかっているはずです」(霊園関係者)

 また、この“生前建墓”には、いまだ消えない父への憧れもあるという。

「(田村の父である)阪妻さんも亡くなる10年ほど前に二尊院にお墓を建てていたんです。少しでも父親に近づきたいという思いもあったんじゃないでしょうか」(田村家知人)

※女性セブン2012年7月26日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

銀行詐欺容疑でアメリカ連邦検察から訴追された水原一平氏(39)
《大谷翔平の信頼を悪用》水原一平容疑者「運転中マリファナ所持」違反の過去 「わざわざ調べない」「ドジャースも見過ごすレベル」検挙歴の影響
NEWSポストセブン
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
女性セブン
三田寛子が意味深投稿(公式インスタグラムより)
《中村芝翫が2年ぶり4度目の不倫》報道当日に妻・三田寛子が〈悪意の嘘〉とインスタグラムに意味深投稿
週刊ポスト
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
《独自》極秘帰国していた水原一平容疑者宅は“居留守”状態「あなたに会いたくないと言っている」「2匹の犬の鳴き声」玄関前には「お〜いお茶」のダンボール
NEWSポストセブン
Sexy Zone改め「timelesz」菊池風磨、松島聡、佐藤勝利が3人揃って会員制サウナで決起集会 サウナと水風呂を何セットも繰り返し気合を入れる
Sexy Zone改め「timelesz」菊池風磨、松島聡、佐藤勝利が3人揃って会員制サウナで決起集会 サウナと水風呂を何セットも繰り返し気合を入れる
女性セブン
曙と真剣交際していたが婚約破棄になった相川勇
《元横綱の曙さん死去》交際中に「婚約破棄」騒動の女優・相原勇の今「結婚信じて全レギュラー降板」20年ぶり再会で誓ったこと
NEWSポストセブン
小保方晴子さんが
《STAP細胞騒動から10年》小保方晴子さんが「極秘結婚」 お相手は有名企業勤務の “敏腕科学者”
女性セブン
「株式会社嵐」を設立したメンバー(2019年11月撮影)
「株式会社嵐」社長就任の“敏腕弁護士”が明かした設立経緯と今後の展望「5人の意思表明として会社を作った」「メンバーがSTARTO社と話すにあたってサポート」
NEWSポストセブン
Ayase(右)にとって、音楽の入り口はEXILEだったという(写真はAyaseのインスタグラムより)
ホワイトハウスに招かれたYOASOBI・Ayase「高校中退」「大病」「何年も続いた極貧生活」からの“逆転人生”
女性セブン
司忍・六代目山口組組長(
時事通信フォト)
【山口組と能登半島地震】「48時間以内に現地入り」「300人前の豚汁、うどんの炊き出し」テレビ・新聞では報じられない「ヤクザとボランティア」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 厚労省が削除していた「紅麹の警告」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 厚労省が削除していた「紅麹の警告」ほか
NEWSポストセブン