芸能

高学歴の櫻井翔 芸能活動で成績落ちるといわれたくなかった

 羊に羽がついているという意外性。なんともロマンチックで、想像の上では、羽が生えているペガサスのようであり、より柔らかさを感じる――。

 嵐のメンバーが“先生”となり、授業を繰り広げるイベント『嵐のワクワク学校2012~毎日がもっと輝く5つの授業~』。松本潤(28才)の「ソモソモの授業」では、誕生する奇跡、すべてのモノには始まりがあることをレポートするのだが、7月14日の大阪公演では、櫻井翔(30才)のソモソモ話になった。

 まずは「翔」という名前をつけた理由について、櫻井の母が明かしたのが冒頭の逸話。だが、“柔らかそう”なのは、そのルックスだけかもしれない。

 櫻井はいわゆる超エリート一家に生まれた。

「父親は東大卒の官僚で、母親は大学教授。妹は日本テレビの報道局に勤務しているし、弟は慶應義塾高等学校に通っているそうです。櫻井くんも慶應には幼稚舎から通っていて、アイドルをやりながら慶應大学経済学部をきちんと卒業しました」(芸能関係者)

 櫻井が公言するとおり、両親からは「厳しく育てられた」。習い事は3才から小学4年生までエレクトーンで、その後はピアノ。他にも水泳、習字、油絵、剣道、ボーイスカウト、サッカー…。

 その櫻井が両親に内緒で勝手に履歴書を書いて送ったのは13才のとき。「学業をおろそかにしない」という約束のもと、両親はアイドルの道に進むことを許してくれた。

 母はそのときの心境をこう明かした。

「その道を閉ざすより、その道を整え、好きな道をサポートすることが親の務めだと思い、常に心配しながら、見守ってきました」

 いまでこそ高学歴アイドルは珍しくないが、櫻井がデビューした当時はまだまだ少数派。櫻井自身、「ああいうことしてるから、成績が落ちるんだといわれたくなかった」と語っているが、中学時代も高校時代も、テストのために仕事を休んだことはあっても、仕事のために学校を休んだことはなかったという。そうやって歯を食いしばって頑張る息子を、母はいつも応援していた。

 櫻井いわく、母親はあまり料理が得意ではないものの、学校には「パンチの効いたお弁当」を持たせてくれたという。たとえば「納豆ご飯」。そして「ポットと白米とレトルトカレー」――ポットのお湯でレトルトカレーを温めて、それを弁当箱にはいった白いご飯の上に、自分でかけて食べるというものだ。なかでも手間暇かかる「ピーマンの肉詰め」は、学生時代の櫻井にとって思い出に残る逸品なのだという。

※女性セブン2012年8月2日号

関連記事

トピックス

大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン
「日本学士院賞」の授賞式に登壇された雅子さま(撮影/雑誌協会代表取材)
天皇皇后両陛下、飽くなき“学びのお心” 日本学士院賞授賞式に登壇、「どういう資料を?」専門家に熱心にご質問
女性セブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン
『GO HOME~警視庁身元不明人相談室~』(日本テレビ系)で主演を務める小芝風花(撮影/槇野翔太)
「27歳の今が踏ん張り時です」小芝風花が語った“役者キャリアの正念場”
NEWSポストセブン
傷害と傷害致死で逮捕された野中千宙容疑者
《0歳児 暴行死》逮捕の26歳ママは夜に夫と二人きりで出かけ… 児相が保護、「赤ちゃんと暮らしたい」と引き取ったのに「殴って床に投げた」鬼母の所業
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
《中村芝翫の“ハシゴ不倫”》三田寛子が築いた“父親ファーストの家族像”「お父さんだけおかずが豪華で…」スキャンダル後に長男が見せていた“母への気遣い”
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業でレギュラーがなくなる名優の今後や“パートナー”が注目される
神田正輝、『旅サラダ』卒業でテレビ出演ゼロとなり“自由で穏やかな日々”へ パートナーとは同居せず“お互いの生活を尊重”
女性セブン
ニュージーランド戦を訪れた広瀬すず。日本は勝利
【バスケ界の“勝利の女神”】広瀬すずが日本代表戦を観戦 ドレスにバスケシューズのコーデで登場、選手と記念撮影も
女性セブン
伊藤英明の育メン姿が目撃された
伊藤英明、毎朝満員電車で愛娘と登園するイクメンの顔 ママチャリで疾走する姿も近所の評判、アメリカ移住で深まった家族の絆
女性セブン
新居を売却
《フジ、日テレの新居報道騒動が新展開》大谷翔平、ロスの「12億円豪邸」を売却の意向「もうあそこには住めない」と怒りの決断か
女性セブン
“ハシゴ不倫”の芝翫と妻・三田寛子
《三田寛子は達観》中村芝翫「家族揃っての親睦会」から「愛人の誕生日パーティー出席」の“ハシゴ不倫” 「周囲を警戒しながら、いそいそと邸宅へ…」
NEWSポストセブン