松本潤一覧

【松本潤】に関するニュースを集めたページです。

乗馬シーン撮影のため、俳優はどのような指導を受けているのか
大河ドラマに欠かせない乗馬シーン 堺雅人も小栗旬も松本潤も1年前から練習
 馬術の技量は俳優によって差がある。だが、実際に武将を演じる際はそれを自在に乗りこなしているように見えなければならない。そのために、どのような指導をしているのか。映画史・時代劇研究家の春日太一氏が、現在放送中の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』を含め多くの映像作品で馬術指導を担当するラングラーランチの田中光法氏に話を聞いた。 * * *田中:しっかり乗れる人ほど、絶対に「あらかじめ乗っておきたい」と言うんです。僕らのように技術がある人をもってしても、初対面の馬で演じてくれと言われたら「え、どういう馬なの? まず乗らせてください」と言います。乗れる人ほど、怖さを知っているんです。 ですから「いや、おれはできるから練習はいらない」と言う人はまだ中途半端なんです。僕がNHKに伝えたのは「一度でいいから事前に役者には馬に乗ってもらい、その人がどのぐらいの技量があるのか僕に判断させてほしい」ということです。馬にまたがった瞬間に、その人の乗れる/乗れないは分かる。動く前に分かります。その上で「もう少し練習しましょう」などと頼みます。 そうやってクランクイン前に役者に練習してもらうようにしたのは、大河ドラマ『武田信玄』(1988年)が最初です。「うちのクラブでちゃんと練習をさせてあげてください。そうでないと危ないですよ」とNHKに言いました。──あの作品は上田原や川中島など、大掛かりな騎馬合戦のシーンも多いですからね。田中:最近では大河の主役になる役者さんは、真面目な方だと一年前から練習を始めます。『真田丸』(2016年)の堺雅人さんも、今年の小栗旬さんもそうです。来年演じる松本潤さんも去年から練習に来ています。 練習しているうちに、みんな乗馬が楽しくなっていくんです。小栗さんはすごく進歩したので、当然本番では馬に乗ってもNGを出さない。でも、本人はもっと馬に乗っていたいから「田中さん、NG出してもいい?(笑)」と言うくらい、馬に乗るのが楽しくなっています。NGを出せば、それだけ馬に乗っていられますからね。その余裕は、当然のように画に出てくるんです。──馬を自然に乗りこなせれば、芝居もしやすいですし、何より武将としてリアリティが出ます。田中:そうなんです。馬の上でちゃんと余裕がある人なら、演技中も無意識で馬に乗っているので演技に集中できますが、そこまでいってない人だと、馬にも神経がいってしまう。演技に集中するためにも、馬とできるだけいっぱい練習しておく必要があるんですよね。──戦国武将役なのに手綱を握る手が力んでいたりとか、馬に気がまわっているような芝居になったら……。田中:もう、どうしようもない、元も子もないんですよね。ましてや甲冑を着るだけでも身体の動きって、相当に制限されるので、余裕がないと演技ができないんです。 ただ、一般のお客さんに教えるようなレッスンの十倍ぐらいの速度で進めていかないと間に合わないんです。だから、それに合わせて馬の調教もしておかないといけないんです。 たとえば、急に駆けだす場面で、最初は上に乗っている役者には馬へ指示を出す余裕はありません。なので、インストラクターの号令で駆け足をするように馬を準備しておくと、二、三回しか役者が乗っていなくても、すぐ駆け足を体験できるのです。 普通の乗馬クラブでいったら、多分、駆け足の指示を馬に出せるようになるまで、必要な練習は何十回じゃきかないです。【プロフィール】田中光法(たなか・みつのり)/1967年生まれ、東京都出身。ラングラーランチ代表。4歳のときに家族で山梨県小淵沢に移住。NHK大河ドラマ『葵 徳川三代』『武田信玄』『真田丸』や現在放送中の『鎌倉殿の13人』まで数々の映像作品で馬術指導を担当。【聞き手・文】春日太一(かすが・たいち)/1977年生まれ、東京都出身。映画史・時代劇研究家。撮影/藤岡雅樹※週刊ポスト2022年7月8・15日号
2022.07.03 16:00
週刊ポスト
上白石萌歌の入浴シーンでSNSが騒ぎに
堂本剛版ではポケベルやルーズソックスが登場 ドラマ『金田一少年の事件簿』が映した高校生文化の変遷
 人気グループ・なにわ男子の道枝駿佑が主演し、上白石萌歌らが出演する連続ドラマ『金田一少年の事件簿』(日本テレビ系)。1995年にKinKi Kidsの堂本剛が主演して以来、たびたびドラマ化されてきた本作。その見どころについてこれまでの作品を振り返りながら、コラムニストのペリー荻野さんが解説する。 * * *  そんなわけで8年ぶりに帰って来た『金田一少年の事件簿』。名探偵・金田一耕助の孫で、天才的な推理力を持つ高校生金田一一の五代目となったのが、なにわ男子の道枝駿佑ということで、どんな路線かと思ったが、なかなかに爽やかモードであった。 とはいえ、事件はこのシリーズらしくオカルトチック。初回の『学園七不思議殺人事件』では、一たちが通う不動高校の旧校舎を壊してはならないと脅迫状が届き、学園に伝わる七つ目の不思議を知った者は殺されるというウワサを追っていた「開かずの生物室」で女子生徒が首を吊った状態で見つかる。さらに殺人事件が…。いきなり通っている学校を舞台に恐ろしい事件に巻き込まれてしまった。 ここで気になるのは、シリーズの名物ともいえる、一のキャラクターと幼なじみ七瀬美雪との関係性だ。たとえば、1995年から初代・一を演じ、実写版で「ジッチャンの名にかけて!」と言い放ち、29%超えという高視聴率を記録した堂本剛は、どこかとぼけたところがあるものの、怒ると「一ちゃんのバカ!」とビンタまでする美雪(ともさかりえ)に対しては純情少年であった。 一方、二代目・松本潤は当時17歳。太眉毛も凛々しく、美雪(鈴木杏)に対してもさらりとした付き合い方で、警視庁の剣持(内藤剛志)ともいい関係を築いている。三代目の亀梨和也は少し異色で、名探偵の祖父に引け目を感じる性格。その分、美雪(上野樹里)がしっかり者に見えたが、一は「お前を守ってみせる」と強さも出すのだった。そして四代目の山田涼介は、おっぱい大好きというかなりのお茶目系で、美雪(川口春奈)ににらまれることもしばしばだ。 事件が暗く、陰惨な内容も多いだけに、一の明るいおちゃらけと美雪の清潔感はドラマの要。道枝は持ち味の人懐こさとしなやかさを足した形の新たな一となった。 またこのシリーズは、日本の高校生文化を記録してきたこともよくわかる。なぜかもみあげを強調した堂本剛は、ポケベルや赤電話で連絡をとる。松本潤はダメージジーンズを履きこなし、亀梨和也は茶髪に細い眉毛で制服のネクタイはゆるゆるだ。山田涼介はスケボーで疾走してみせた。 美雪たちもそれぞれに時代を映す。ともさかりえの制服のスカートはミニ、短めのルーズソックスがかわいい。鈴木杏は黒髪をツインテールにしたり編み込んだり、ナチュラルメイクの上野樹里は短パンでグラウンドを走る。川口春奈は制服のソックスもきっちりして優等生らしかった。ちなみに美雪を演じた五人は、ともさかりえ『北条時宗』『篤姫』、鈴木杏『花燃ゆ』、上野樹里『江~姫たちの戦国』、川口春奈『麒麟がくる』、上白石萌歌『いだてん~東京オリムピック噺~』と大河ドラマでも重要な役を演じ、高校生役とは違う魅力も発揮している。 先日の放送で、校内で焼き芋を焼く道枝の一や手帳に幼稚園時代の一と自分の写真を入れている上白石の美雪は、いじらしくも昭和っぽかったが、道枝版も令和の高校生文化の記録として残るはず。第二話(8日に放送延期)では、ギリシャ神話の海の怪物セイレーンを思わせる「聖恋島」で殺人事件が起こる。シリーズ定番の島を舞台にしたストーリーだ。今どきのツールを使いこなしつつも、解けない謎にどう挑戦するか。注目だ。
2022.04.30 07:00
NEWSポストセブン
黒柳徹子と20年交際秘話
松本潤、交友歴20年の黒柳徹子からの助言「仕事なければ別の仕事をすればいい」
「モノマネがお上手なんですって?」「何かおもしろいことやってくださる?」「最高の自己紹介をしてください!」──百戦錬磨のお笑い芸人たちも黒柳徹子(88才)のムチャぶりの恐怖におののく『徹子の部屋』(テレビ朝日系)。2月24日、その“魔境”に初挑戦したのが松本潤(38才)だ。「どれほどぎこちない回になるのかと思いきや、収録が始まると、黒柳さんの質問に当意即妙の答えで返し、スムーズに番組は進行。長年の“交際歴”があるだけに、彼女の扱いには長けていたようです」(テレビ局関係者) 50才の年齢差がある2人の関係は20年以上になる。「黒柳さんは事務所社長だったジャニー喜多川さんやメリー喜多川さんと親交が深い。2人をきっかけに、松本さんも黒柳さんと親しくなったようです。 嵐でデビューした10代の頃、松本さんと櫻井翔さん(40才)が突然事務所の人に、新宿のしゃぶしゃぶ店に呼ばれたそうです。そこにメリーさんや黒柳さんがいました。松本さんらはどうなることかと震えていたのですが、約2時間半、黒柳さんが一方的にしゃべり、松本さんはただ相槌を打っていただけだったそうです(笑い)」(芸能関係者) 松本と櫻井はその日のことを「謎の会」と称したほど、ある意味で衝撃的だったようだが、その後も会合は頻繁に続いたという。「2013年、嵐が米ニューヨークを訪れた際、黒柳さんと現地で落ち合い、一緒にお寿司を食べています。2014年の『NHK紅白歌合戦』で共演したときも、放送が終わった深夜2時くらいから黒柳さんを交えて焼肉店で打ち上げをしています。松本さんは黒柳さんの誕生日などお祝いの際、プレゼントを贈っているそうですよ」(前出・芸能関係者) 黒柳は松本にメロメロで、「ハンサム」「すごい努力家」と才能と勤勉さを高く評価。一方の松本も黒柳を師と仰ぐ。嵐の活動休止前最後の『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)収録の裏で、黒柳は松本にこう助言したという。「黒柳さんが、芸能活動を休んでニューヨークに1年間留学したときの話をしたと聞きました。“戻ってきたときに仕事がなければ別の仕事をすればいいんだ”“肩肘はらずに自由な暮らしが楽しかった”という思い出を聞いた松本さんは、気が楽になったそうです」(番組関係者) 大御所の「チカラ」は強い。※女性セブン2022年3月10日号
2022.02.24 16:00
女性セブン
『となりのチカラ』では、主人公(松本潤)の占い好きな隣人役を務める (c)テレビ朝日
「占いおばさん」「Matt化メイク」…松嶋菜々子にクセ強キャラがハマるわけ
 これが、あの“きれいなおねえさん”なのか!? 放送中の連続ドラマ『となりのチカラ』(テレビ朝日系、毎週木曜夜9時〜)に出演する女優・松嶋菜々子(48)の姿に衝撃を受けた視聴者も多いことだろう。同ドラマは、主演・松本潤×脚本・遊川和彦による社会派ホームコメディ。都内のとあるマンションを舞台に、主人公の中越チカラが同じマンションに住む住民たちの悩みを解決していく物語だ。 松嶋が演じるのは、チカラの隣人である道尾頼子役だ。占い好きの頼子は、日々“今日のラッキーカラー”を身にまとう強烈キャラで、初回は全身イエローの奇抜なファッションに身を包んでいた。チリチリのパーマヘアも野暮ったい印象で、ネット上で〈松嶋菜々子がおばさんだ〉〈二度見どころか目が点になった〉と驚きの声が続出した。 松嶋は同ドラマ出演に際し、「これまでも個性のある役を演じてきましたが、今までと道尾頼子との違いは、自分にない要素」「「日々試行錯誤しながら取り組んでいます」などとコメントしている。 実は松嶋は、過去にもいろいろクセの強い役を演じてきた。ドラマウォッチャーの明日菜子氏は、「実はコミカルな役との親和性も高い」と指摘する。「ご自身の存在感が突き抜けているからでしょうか。現実離れした極端な役を演じてもフィットしますよね。2020年の再放送でも高い支持を集めた『やまとなでしこ』(2000年・フジテレビ系)の桜子さんは『女の最高値は27』と断言するようなアクの強さと愛らしさが共存するヒロインですし、遊川和彦さんの脚本『家政婦のミタ』(2011年・日本テレビ)はヘビーな描写が多いですが、依頼人のムチャぶりに顔色ひとつ変えず対応する三田さんの超人っぷりが可笑しくもありました。 目のクマやシワをあえて強調したメイクやパーマヘアなど、その風貌にこそ驚くものの、過去に演じた様々なクセ強キャラクターを踏まえると、今回の頼子役もまた松嶋さんの数ある引き出しのひとつなのでしょう。近年は母親役も増えましたが、今作を機にウーバーイーツのCMくらい振り切った松嶋さんをドラマや映画で目撃する日が来るかもしれません」(明日菜子氏) 明日菜子氏も例に出すように、昨年9月にオンエアされたフードデリバリーサービス「Uber Eats(ウーバーイーツ)」のCMも視聴者を驚かせた。タレントのMattによって“Matt化メイク”を施された松嶋が「意外とナチュラルね」と微笑む内容が〈すごい企画だ〉と話題になった。 美人女優の代表格である松嶋だが、彼女自身は幅広い仕事に意欲を持っているタイプらしく、最近のインタビューでも、「今は、新しいことを怖がったりこだわりをもつことを減らして、なんでも楽しむ余裕をもちたいなと考えています」(『美的GRAND』冬号)と語っている。 クセモノキャラは新境地どころか、コメディエンヌとしての本領発揮というところか。今後も松嶋の強烈演技に期待したい。◆取材・文/原田イチボ(HEW)
2022.02.10 11:00
NEWSポストセブン
【動画】松本潤が訪れた島に問合せ殺到「ないものはない」を楽しめる
【動画】松本潤が訪れた島に問合せ殺到「ないものはない」を楽しめる
 1月15日に放送された『未来をつくる島ホテル』にて、松本潤さんが訪れた島がかつてないほど盛り上がっています。 その島は、島根県・隠岐諸島の一つである中ノ島・海士町。 放送後、島に魅了された視聴者から宿泊施設などに問い合わせが殺到しているそうです。 島で唯一のホテル『Ento』の代表・青山敦士さんによると「この島のテーマは“ないものはない”。松本さんは島で過ごし、“ないものはないという価値を楽しめるようになった”と話していました」とコメントしています。 ぜひ行ってみたいですね!【↑ 上の写真クリックで動画へ】
2022.01.28 16:00
NEWSポストセブン
ホテルは全室オーシャンフロント
松本潤が訪れた離島に問い合わせ殺到 「ないものはない」を楽しめる場所
 島根県松江市の七類港から、フェリーで約2時間北上すると隠岐諸島が近づく。そのうちの1つ、人口2300人あまりの中ノ島・海士町がいま、かつてないほど盛り上がっている。「問い合わせが、いままでに経験したことがないほどの数になっています。やっぱりスターの効果はすごい!」(島の観光関係者) そのスターの名は松本潤(38才)。1月15日、『第31回JNN企画大賞「未来をつくる島ホテル」』(TBS系)で、松本が昨年10月、この離島を訪れた様子が放送されると、彼のファンだけでなく、島に魅了された視聴者から宿泊施設などに問い合わせが殺到しているという。実は松本にとって2度目の訪問だった。「2010年に行われた嵐の5人が日本各地の魅力を再発見するプロジェクト『ニッポンの嵐』で、松本さんが興味を持ったのが離島でした。そもそも日本は世界から見たら離島。その離島暮らしであることを、日本の離島を訪れることで実感したいという彼らしい視点に基づく選択で、そのときに訪れたのがこの島でした」(テレビ局関係者) 中ノ島・海士町は、鎌倉時代に「承久の乱」で島流しにあった後鳥羽上皇の流刑地として知られる。隠岐諸島全体は本土とは違う独自の生態系があり、2013年にユネスコの「世界ジオパーク」に認定された。一方で、移住者を積極的に受け入れ、いまでは人口の6人に1人が移住者である。 その島に昨夏、島で唯一のホテル『Ento』がオープンした。部屋は全面ガラス張りで、松本が「絵のような絶景」と言うとおり、目の前には青く澄んだ海やジオパークの大自然が広がる。豊かな食材にも恵まれ、岩がきや隠岐牛といった地元の逸品が楽しめる。松本はそのホテルを楽しみに来ただけではない。2010年当時は町の観光協会の職員で、いまは『Ento』の代表である青山敦士さん(38才)に再会するためでもあった。「松本さんは2010年のロケで、島を案内してくれた同い年の青山さんと意気投合しました。それからというもの、島や青山さんのことを気に掛けていたのでしょう。松本さんは青山さんと会ったとき、“会えてよかった”と満面の笑みでした」(前出・テレビ局関係者) 2010年といえば、嵐が初めて「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」に選ばれ、やはり初めて『NHK紅白歌合戦』の司会に抜擢された年だ。国民的アイドルとして着実に階段を上がっていた松本だが、青山さんに対して敬意を示していた。「彼は芸能界のトップを走っていて、一方のぼくはこの島に移住してきたばかりの20代の若者。それでも、“違うフィールドで一生懸命やっている存在だよね”と、上下も大小もなく接してくれました。その言葉は、当時、不安ばかりだったぼくの大きな励みになりました」(青山さん) 松本にとって島の居心地はよかったという。「この島のテーマは“ないものはない”。必要のないものはなくていいという開き直りの意味と、“大事なものはすべて揃っている”という前向きな精神です。松本さんは島で過ごし、“ないものはないという価値を楽しめるようになった”と話していました。ぼくたちの考えを理解し、共有してくれたことがうれしかったです」(青山さん) 番組で松本は、ホテルの部屋から望む景色を「ずっとぼーっと見てられる」、「海の水面や雲の流れを見ていられることが、いかに贅沢か」とつぶやいていた。芸能界のトップをひた走り、「手に入れられないものはない」立場にある松本。日々の忙しさの中で味わえない“楽しみ”をこの島で感じ取っていたのかもしれない。※女性セブン2022年2月3日号
2022.01.21 16:00
女性セブン
黒木華の笑顔にも注目が集まった
黒木華、清原果耶、松本潤 2022冬ドラマで評価を高めるのは誰か
 いよいよドラマのほうでも新たなクールが始まる。ドラマウォッチを続ける作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が分析した。 * * * テレビでは正月番組がほぼ消滅しドラマ全話再放送も目立った年初。1月3日、まだお屠蘇気分の中で早くも再開された連続ドラマが、NHK朝ドラ『カムカムエヴリバディ』です。 正体不明ゆえに「宇宙人」という仇名が付けられていた男が、実は人気トランペッターと判明。物語はギアを上げて展開していく勢い。そう、何と言っても新年早々、視聴者の視線を集めたのはトランペッター役として登場したオダギリジョーです。 身長はすらりと高くまさに正統派二枚目。リーゼント風の髪型でトランペットを吹く横顔を、惚れ惚れと見とれた視聴者も多いはず。しかしどこか脱力していてトホホな感じを持ち合わせているのがオダギリさん特有の魅力でしょう。役者としての色気やケレン味もあって視線を惹き付ける力はバツグン。不思議な魅力をまとったオダギリさんが今年も大暴れしてくれそうな気配です。 さて、民放の冬ドラマも続々とスタートするこの時期。まず、主役に期待したいドラマが1月6日にスタートした 『ゴシップ#彼女が知りたい本当の○○』(フジテレビ系午後10時)。黒木華さんがフジテレビ系ドラマ初主演の注目作、しかも演じる役がニュースサイトの編集者とは。 物語は……月間5000万PVという目標を達成すべく「ゴシップで攻める」戦略を立てるネット編集者・凛々子(黒木華)の格闘ぶりを描く。完全オリジナルの社会派“風”お仕事ドラマとはいえ、業界事情を多少肌で感じている当方としては、いかに細部まで面白くリアルに描けるのかとハラハラしながら見守っています。 ストーリー展開もさることながら、黒木華という役者の力がどう発揮されるのかが最大の注目点。黒木さんは、タイプは違えどオダジョーに匹敵するような不思議な魅力を纏っている。いわゆる美形というより個性派、しかしだからといって「これ」という強いイメージはなく、ふんわりほんわか。それが強みかもしれません。どんな人にでもなれてしまう黒木さんに良い意味での「余白」を感じます。 例えば2016年放送の『重版出来!』(TBS系)では出版社の新人漫画編集者として突撃系を、2019年放送の『凪のお暇』(TBS系)では脱力ヒッピー風の自由人を演じて味わい深かった。一方で2021年の『イチケイのカラス』(フジテレビ系)では東大法学部出身で将来を約束されたエリート裁判官と、それぞれのドラマでさまざまな役柄を演じ、いずれも好評を博してきました。 黒木さんは強い押し出しがないかわりに、相手の求めるものを受け取る力、良い意味での余裕を感じさせる役者。さまざまな人物に変身できるからこそ、時代にピタリ合わせていくことが可能なのかもしれません。今回はネットニュースの編集者というまさに時代のど真ん中にいる、ちょっとクセのある職業人。いかに面白い人物を描いてくれるのか、期待はふくらみます。 さて、対照的に「真面目で優等生」のイメージをしっかりと纏っているのが清原果耶さん。11日から始まる『ファイトソング』(TBS系火曜午後10時)でいよいよ民放ドラマ初主演。彼女の挑戦からも目が離せない。 清原さんといえば、昨年の朝ドラ『おかえりモネ』の主人公・百音で注目を浴びました。内省的で引っ込み思案、やや暗いめのキャラクターを実に上手に演じ切っただけに、今回のコメディドラマでどこまではっちゃけることができるのか。真面目な印象を、いかに逸脱して芸幅を広げることができるのか。 もし、その転換が上手くいけば、今後さらに多彩なキャラクターを演じる機会が増えるはず。今作はオリジナル脚本で当て書き、しかも大御所の岡田恵和氏が脚本担当という点も期待を膨らませてくれます。 もう一つ、オリジナル脚本といえば20日にスタートする遊川和彦氏の『となりのチカラ』(テレビ朝日系木曜午後9時)も見逃せない。 主人公である自称小説家・中越チカラ役を、嵐活動休止以降初の主演である松本潤さんがやるというのだから。しかも、この中越チカラという人物は何をしても中途半端で半人前の“中腰な男”。三枚目的役どころを38才の松潤がいかに演じるのか。『家政婦のミタ』を生んだ遊川脚本だけに、トンデモ展開になってもそれはそれで興味深いものがあります。松潤にとっても好機到来、これまでのイメージを脱ぎ去って、新たな演技者として人間の複雑さを描くことができるかどうか正念場でしょう。
2022.01.08 16:00
NEWSポストセブン
松本潤が新ドラマで“バイト仲間”の小澤征悦と共演 不思議な2人の関係性
松本潤が新ドラマで“バイト仲間”の小澤征悦と共演 不思議な2人の関係性
 12月30日に東京ドームで開催される『ジャニーズフェスティバル』に向け、総合演出の松本潤(38才)は急ピッチで各方面との打ち合わせを進行中。それに加え、主演する2022年1月クールの連続ドラマ『となりのチカラ』(テレビ朝日系)の撮影も精力的にこなしている。「今作は松本さんにとって『嵐』の活動休止後、最初の連続ドラマです。テレビ朝日では初の主演ドラマで、2人の子を持つ父親を演じるのですが、連続ドラマでの父親役も初。そして、親友と初共演するという、初めてづくしなんです」(テレビ局関係者) 親友とは小澤征悦(47才)のことだ。小澤は2020年11月に『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に出演した際、松本とは「よく集まる店が一緒で」「結構よく会う」関係だと明かしている。そのよく集まる店とは、住宅街にある会員制の飲食店。常連客の1人が、2人の関係性を明かす。「松本さんと小澤さんは頻繁に店に来ていて、お客さんが増えてスタッフが足りなくなると、2人でカウンターの中に入って、バーテンダーのようにお酒を作ることもあります。たまたま来店していたほかのお客さんは、2人の“バイト姿”に驚いていました。でも、あるときは2人がカウンターに座って、熱く演技論をぶつけ合っている姿も見たことがあります」 さらにその場には、もう1人、大御所俳優が加わることもある。「佐藤浩市さん(61才)も常連で、松本さん、小澤さんと3人で飲んでいたこともあります」(前出・常連客) 松本は佐藤とも15年以上の親交がある。松本が佐藤の妻の友人と知り合いだったことがきっかけで、家族ぐるみのつきあいを続けている。松本は小澤とは9つ、佐藤とは23の年齢差がある。なぜ松本は先輩たちとこれだけ親密な関係を築けるのか。「クールなイメージの松本さんですが、根は熱いハートの持ち主で、仕事に対して真剣に向き合うことで知られています。年上の人にも臆せずに意見しますが、礼儀や気配りはわきまえています。この人間性があるからこそ、年齢を超えた人間関係を築けるのではないでしょうか」(芸能関係者) この年末年始の松本は大忙し。みんなと店に集うのは、少し先になりそうだ。※女性セブン2022年1月6・13日号
2021.12.20 07:00
女性セブン
【動画】堂本光一と松本潤が急接近 2人っきりで食事に行く仲に
【動画】堂本光一と松本潤が急接近 2人っきりで食事に行く仲に
 KinKi Kidsの堂本光一さんと松本潤さん急接近しているようです。 嵐はもともとKinKi Kidsのバックダンサーを務めるなど、松本さんにとって光一さんは憧れの先輩だったそうですが、松本さんが“裏方”にも目覚め始めた近年、先輩後輩という間柄を超えた関係に発展したようです。 テレビ関係者は「舞台での演出経験も豊富な光一さんと話す機会が急激に増え、いまでは2人っきりで食事に行くほどの仲になりました」と明かしています。【↑ 上の写真クリックで動画へ】
2021.12.17 07:00
NEWSポストセブン
King&Princeメンバーが語ってくれた
嵐の活動休止から1年 “夏休み中”でも変わらない大野智の存在感
 嵐が活動を休止してからまもなく1年が経とうとしている。メンバーたちの立場や仕事にはどんな変化があったのか。コラムニストで放送作家の山田美保子さんが、それぞれの活動を振り返る。 * * *活動を休止してもなおメンバーの影響力は絶大で後輩たちの大きな目標 2023年の大河ドラマ『どうする家康』(NHK)の主演に嵐の松本潤クン(38才)が決定してからというもの、準備に大忙しでほかのお仕事がなかなかできないのでは……と思っていた私。その読みは見事にハズれ、いま、メンバーの中で、もっとも精力的に動いているのは松本クンと言えるのではないでしょうか。 12月30日に行われる“ジャニフェス”こと『Johnny’s Festival〜Thank you 2021 Hello 2022〜』の総合演出は松本クン。同日は主演映画『99.9 -刑事専門弁護士- THE MOVIE』の全国公開日なので、舞台挨拶にも登壇されるでしょうし、2022年1月期のドラマ『となりのチカラ』(テレビ朝日系)も情報解禁となったばかりです。“ジャニフェス”に話を戻すと、これまで嵐のコンサートでも演出を手掛けてきた松本ク  ンが、今度はKinKi Kidsから、なにわ男子まで、計13組ものアーティストを演出。「東京〜〜〜」という松本クンのあおりが心の中でリフレインしています。 発表に驚かされた『となりのチカラ』で妻役を演じるのは上戸彩サン(36才)。結婚されてから、“おかみさん感”満載で、“おふくろ感”さえ漂う上戸サンによると、「“見たことのない松本潤”を感じています」とのことです。 高校が一緒だったお2人の初共演での夫婦役は期待しかありません。上戸サンに松本クンがストレートなアドバイスもするという現場には、いい空気が流れていることでしょう。 空気といえば、後輩たちを前に、愛情あふれる言動を連発していたのは、11月14日オンエアの『ニノさん』(日本テレビ系)での二宮和也クン(38才)でした。Sexy Zoneの菊池風磨クン(26才)とのやりとりはすでに出来上がっているし、ゲストの関ジャニ∞の大倉忠義クン(36才)や、「私物捜査官」のゲストだったKis-My-Ft2の北山宏光クン(36才)への何気ない一言には愛しか感じられませんでした。 バラエティー専門放送作家の私が昔から惚れ込んでいるのが二宮クンの“間”と“緩急”と“引き芸”だということは何度も書かせていただいています。昨今、ジャニーズの中で、もっともバラエティーをがんばっていると言っても過言ではない風磨クンがあんなにも持ち味を発揮できるのも、二宮クンが作り出す空気ならでは。「キスマイ北山!」と真顔で言い当てる二宮クンの“メリハリ”にも感服いたしました。 そんな二宮クンを愛してやまない後輩といえば、なにわ男子の西畑大吾クン(24才)。デビュー前日から、あらゆる音楽番組に出ずっぱりで、KinKi Kidsや関ジャニ∞ら、関西ジャニーズの大先輩との共演も多いなか、必ず「二宮和也クン」の名前を挙げるのが西畑クンです。2人が共演した映画『ラストレシピ 〜麒麟の舌の記憶〜』(2017年公開)はもちろん拝見していますが、過酷な撮影を二宮クン指導のもと乗り切り、その後、『日清オイリオ』のCMでも共演を続ける西畑クン。お2人の“現れ”がどこか似ていると思うのは私だけでしょうか。 グループとしての活動を休止してもなお、嵐メンバーの影響力は絶大であり、後輩たちの大きな目標であることは間違いないようです。大野クンの存在感はまったくと言っていいほど変わらないのです そうそう、先日、見たばかりの『2021 FNS歌謡祭』(フジテレビ系)第1夜での相葉雅紀クン(38才)のMCにも感動しました。私は『天才!志村どうぶつ園』(日本テレビ系)の立ち上げ作家だったので、嵐ではもっとも相葉チャンと縁があり、その動向を漏れなく見させていただいていました。相葉チャン……、MC力が大幅にアップしていましたよね。『2020東京オリンピック・パラリンピック』(NHK)のスペシャルナビゲーターの経験が功を奏しているのでしょうか。落ち着いた雰囲気で全体を見つめながら、アーティストの皆さんをリスペクトしたコメントには、台本もあるとはいえ、その一言一言に命とチカラが感じられました。 でも、決して押しつけがましくならないのが持ち味。ナレーションも聞きやすくて、優しくて……。すべての言葉が耳に入ってきたものです。『VS魂』(フジテレビ系)のレギュラー陣をまとめる力もさらに備わり、「立派に成長した」相葉チャンに大きな拍手を送らせてもらいました。 そして2021年も音楽特番『ベストアーティスト2021』(日本テレビ系)の総合司会を立派に務めたのは櫻井翔クン(39才)です。「20周年という歴史ある番組に携わることが出来て、改めて光栄に思います」という一文から始まる櫻井クンの番組ホームページのご挨拶文には、StayHomeで部屋の整理をしていたときに見つけた最初に司会をした2009年時の台本のこと。幕張メッセを(番組の)「ホームグラウンド」と呼んだり、幅広い世代で家族揃って楽しめるのが「ベストアーティストのいいところ」と位置付けたり、出演するアーティストや、それぞれのファンの皆さんに寄り添ったり……と、いつもながら、パーフェクト! 櫻井クンを前にすると、番組にかかわる全員の背筋がピンと伸びるんですよ。本当にすごい存在だと思います。 そして、グループが活動休止を発表した直後、ファンのかたが「大野くんの夏休み」と呟いてから、まさに、これなんだ……と私も随所で度々使わせていただいている夏休み中の大野智クン(41才)についてです。 大野クンのプライベートな様子は頻繁にマスコミで取り沙汰され、その都度、臆測がメインの記事が作成されているところです。 でも、ファンの皆さんは「ゆっくりしてほしい」という意見が大半。そして、音楽番組やバラエティー番組で、「目標は?」とか、「歌やダンスがすごいと思う先輩は?」というアンケートをとると「大野智クン」を挙げる後輩たちは後を絶ちません。これはネットニュース媒体などがファンの皆さんにとるアンケートにおいても同様で、その存在感はまったくと言っていいほど変わらないのです。 その大野クンの誕生日に全国公開された映画『ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM“Record of Memories”』が先行上映された11月3日、櫻井クンが明かしたのは「ちょうどそう、1週間前、大野サン含めて飲んだんだよ」といううれしい事実。「生きてたんですよ、あの人」と、いつものようにひょうひょうとした様子で被せたのは二宮クンでした。その後のワチャワチャした様子を見たファンのかたたちは、いろいろな意味で安心なさったのではないでしょうか。「多くて2人まで」といわれていた嵐が4人集合したときの破壊力は、やっぱりハンパなく、しかも「大野サン」を織り込むメンバーの優しさと絆を存分に感じたものです。 恒例だったメンバー全員でのテレビ誌の表紙がなくたって、嵐は5人。松本クン出演の『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系、12月17日放送)も必見ですね。 12月も、嵐を巻き起こします!構成/山田美保子『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)などを手がける放送作家。コメンテーターとして『ドデスカ!』(メ〜テレ)、『アップ!』(同)、『バイキングMORE』(フジテレビ系)、『サンデージャポン』(TBS系)に出演中。CM各賞の審査員も務める。※女性セブン2022年1月1日号
2021.12.14 16:00
女性セブン
King&Princeメンバーが語ってくれた
堂本光一と松本潤が急接近 単なる先輩後輩から2人っきりで食事に行く仲に
 11月19日、KinKi Kids(以下、キンキ)が2022年の元日、東京ドームで「KinKi Kids Consert 2022」を開催することを発表した。これはデビュー25周年の記念コンサートでもあり、ファンにとってうれしい発表だったが、その日の夜、ジャニーズ事務所の有料ブログに投稿された光一の文章が物議を醸した。 光一は元日コンサート開催に至るまでの一連の経緯を綴ったものだった。もともとキンキの元日コンサートはコロナ禍や東京ドームの改修もあり難しいとされていた。しかし、12月30日に『ジャニーズフェスティバル』(ジャニフェス)が東京ドームで開催されると聞き、光一は“話が違うのでは?”と感じたという。そして、光一の提案により、ジャニフェスのセットを流用する形でキンキの元日コンサートが開催されることになったというのだ。 そのブログに投稿された文章は、端々に怒りが感じられるものであり、光一のジャニーズ事務所退所の可能性に言及するメディアもあった。しかし、内情を包み隠さず伝えたことで、ファンの心にあったモヤモヤも晴れ、今回の光一の告白は好意的に受け入れられるようになったという。 いまでは、光一も疑問が晴れたのか、年末年始のコンサートの準備に余念がない。12月1日には、キンキが大晦日に行われる『ジャニーズカウントダウン2021-2022』(以下、カウコン)のMCを務めることが発表され、わだかまりは完全に溶けたとみられている。「ジャニフェスの総合演出が松本(潤)さん(38才)だったという点も見逃せません。キンキがジャニフェスから、カウコンMC、さらに元日と3日連続でドームで歌うという異例の対応が、迅速に決まったのは松本さんの存在が大きかったと思います。近年、光一さんと松本さんは急接近し、かなり近い存在になっているようです」(芸能関係者) 嵐はもともとキンキのバックダンサーを務めるなど、松本にとって光一は憧れの先輩でもあった。「2人はキンキがデビューした1997年に、ドラマ『僕らの勇気 未満都市』(日本テレビ系)で共演するなど、古くから接する機会はありましたが、当時はあくまで先輩と後輩という間柄でした。ですが、松本さんがプロデュース業など“裏方”にも目覚め始めた近年、舞台での演出経験も豊富な光一さんと話す機会が急激に増え、いまでは2人っきりで食事に行くほどの仲になりました」(テレビ局関係者) 7月に放送された『KinKi Kidsのブンブブーン』(フジテレビ系)で、最後にご飯に行った相手の話題になった際、光一は「コロナ禍で去年から一回も行ってないけど、サシでこの人と飯食ったぞってなると、松潤かな」と明かしている。「2人はいま、ジャニフェスについて頻繁にリモート会議をしているようです。ジャニフェスのセットをキンキのコンサートで使うので、その打ち合わせのようですね。光一さんは演出に妥協を許さない人。松本さんもそれに応え、コロナ禍でも最高のステージになるよう2人でアイディアを出し合っているのでしょう」(前出・芸能関係者) 2年ぶりの年末年始の風物詩は、ファンの期待を裏切らないステージとなるだろう。※女性セブン2022年1月1日号
2021.12.12 07:00
女性セブン
ジャニーズグループの活躍が続く
グループの垣根を超えた!先輩後輩ジャニーズ・コラボへの大きな期待
 時代とともに変化しているジャニーズ事務所。コラムニストで放送作家の山田美保子さんが、ジャニーズ事務所の新戦略を読み解く。 * * *滝沢がさん現役時代から力を入れていた後輩たちのプロデュース 9月25日にスタートしたKAT-TUNの亀梨和也クン(35才)主演のドラマ『正義の天秤』(NHK)。切れ者で、元外科医の弁護士・鷹野和也を演じる亀梨クンに続いて、元ニートの弁護士・杉村徹平役にKis-My-Ft2の北山宏光クン(36才)が抜擢されたと知ったときは驚きました。 キスマイはデビュー直前までKAT-TUNのツアーに帯同させてもらっていましたし、ファンの皆さんから「治安が悪い」(!)と評されていたキスマイは、ワイルドでカッコいいKAT-TUN兄さんから多くを学ばせてもらっていた間柄です。 ドラマに関しては、王道作品に主演し続けてきた亀梨クンと、この2年ほどは、いわゆる“チャレンジ枠”でメインを張り続けてきた北山クンが「NHK」の「法廷ミステリー」でタッグを組んだのですから、化学反応が起きないハズがありません。 亀梨クンは、自身の野球通が役柄とリンクして、シリアスなストーリーの中にもクスリと笑える場面が。そして主演として「すごく頑張っている」亀梨クンを北山クンが懸命に追いかけているように見えました。 誰の目から見ても「世代交代」が行われているジャニーズにあって、近年、グループの垣根を越えたファン垂涎のコラボが多く見られます。 コラボといわれてまず思い浮かぶのは年末年始の『ジャニーズカウントダウン』(フジテレビ系)! コロナの影響で本来のカタチを目にすることが叶っていませんが、“カウコン”の目玉といえば、各グループのメンバーがシャッフルで名曲コラボすることではないでしょうか。 これは恐らく、ジャニーズファンだけの醍醐味だと思うのですが、先輩や後輩、さらには共にJr.として頑張っていた“仲よし”がステージに集結し、コラボならではのパフォーマンスを見せてくれる時間は、自分自身のさまざまな想い出と相まって、キュンキュンするひととき。“カウコン”では、「2015-2016」の「初夢ツーショット」が秀逸でした。嵐の櫻井翔クン(39才)とSexy Zoneの菊池風磨クン(26才)の新旧・慶應ボーイ、関ジャニ∞の大倉忠義クン(36才)とキスマイの北山クンという大の仲よしコンビ、嵐の松本潤クン(38才)とA.B.C-Zの河合郁人クン(33才)による『WISH』などが忘れられません。現在の“ジャニーズ・コラボ”の礎を築いただけでなく、河合クンの大ブレークにつながったといっていいでしょう。 その昔、かの大御所歌姫が、「昔の歌の方がよかったという人は、昔の自分自身が好きなだけ」と言っていましたが、ジャニーズに限って言えば、それだけではありませんよね。昔の自分も大切だけれど、昔の彼らも大好きだし大切なのです。 こうした想いを刺激するべく、新時代のジャニーズ・コラボは目に見えて進化を遂げ、キラキラの化学反応を見せてくれています。 昨年、『24時間テレビ43・愛は地球を救う』(日本テレビ系)で、V6の井ノ原快彦クン(45才)を筆頭に、NEWSの増田貴久クン(35才)、キスマイの北山クン、ジャニーズWESTの重岡大毅クン(29才)、King & Princeの岸優太クン(26才)がメインパーソナリティーを務めた際、「この手があったか」と膝を打ったものです。 地味という声も外野からは聞こえてきましたが、“あったか5兄弟”と、そのキャラクターを評された5人は、今年4月期に井ノ原クン、7月期には弟たち4人全員が連続ドラマで見事に爪痕を残しました。井ノ原クンは、先輩として、『24時間テレビ』の経験者として、しっかり後輩たちをプロデュースしてくださったのだと思います。 そして、いまや副社長になられた滝沢秀明さんが現役時代から積極的になさっていた後輩たちのプロデュースについては、関ジャニ∞の大倉クンが熱心だった「なにわ男子」のデビューが決定しましたね。 もともと関西勢は、まとまりがあって仲もよくて、インタビューをさせていただくと必ず後輩の名前や活躍を織り込んで話してくれるという特徴がありましたっけ。 その「なにわ男子」では、木村拓哉クン(48才)、松本潤クン、King & Princeの平野紫耀クン(24才)、Snow Manの目黒蓮クン(24才)ら“超人気者”とドラマや映画でコラボを果たした道枝駿佑クン(19才)の名前が四文字熟語のように浸透中。加えて大倉クンのプロデュースが「なにわ男子」の知名度をハイスピードでアップさせているのです。こんなにファンが歓喜するキャスティングがあるのかと心躍る 先輩、後輩という間柄ではないものの、『DREAM BOYS』で「ベストフレンド」というべきSexy Zoneの菊池風磨クンとSixTONESの田中樹クン(26才)が主演すると聞いたときにも、こんなにファンが歓喜する素敵なキャスティングがあるのかと、心が躍りました。TOKYO DOME CITY HALLで風磨クンが行った単独ライブにおいて、樹クンは2年連続で盛り立てていましたからね。その2人が“ドリボ”でメインを張るなんて。双方のファンの皆さんは、それこそ当時を想い出しながら幸せな気持ちになったことと思います。 そして近年、ジャニーズの取り組みとして忘れるわけにはいかないのがブログやYouTube、SNSです。事務所がこれまでインターネットに積極的ではなかったことは周知の事実で、その背景には「所属タレントを守る」という徹底した信念があったことをファンの皆さんは理解されていたと思います。 でも、思えば10年前、これも滝沢秀明さんプロデュースでスタートした“滝CHANnel”が、ジャニーズJr.の知名度を上げることにつながったり、彼らのトークやパフォーマンスのスキルアップにつながっていました。タッキー、すごい人です。 そして、嵐の二宮和也クン(38才)が今年4月にYouTubeに開設した『ジャにのちゃんねる』です。コラボメンバーには、KAT-TUNの中丸雄一クン(38才)、Hey! Say! JUMPの山田涼介クン(28才)、Sexy Zoneの菊池クンがいて、7月、BitStar社が発表している「2021年上半期 新チャンネル登録者数ランキング」で258万人を記録し、第1位に輝いています。 YouTubeでは、Travis Japanが先輩たちの楽曲を新たな振り付けと共にカバーした内容のチャンネル『+81 DANCE STUDIO』が彼らの大きな武器に。初回は嵐の『Love so sweet』。レッスンを二宮クンが見に来てくれたそうです。 ジャニーズ・コラボは、それぞれがグループ内での個性や立ち位置とはひと味異なるキャラや役割を発揮することで相乗効果以上のパワーとキラキラ&わちゃわちゃが完成。 ジャニーズを応援し始めて半世紀以上のヤマダには正直なところ、追い付いていけない部分もまだあるのですが、ワクワクさせられるのは事実。さらに増え続けるであろう、新時代のジャニーズ・コラボに、大いに期待しています。構成/山田美保子『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)などを手がける放送作家。コメンテーターとして『ドデスカ!』(メ〜テレ)、『アップ!』(同)、『バイキングMORE』(フジテレビ系)、『サンデージャポン』(TBS系)に出演中。CM各賞の審査員も務める。※女性セブン2021年10月14日号
2021.10.02 11:00
女性セブン
櫻井
櫻井翔&相葉雅紀 結婚相手はどんな人? 出会い、性格、交際期間
 9月下旬の早朝、都内の高級住宅街にある神社に黒いワンボックスカーが止まった。後部座席から、黒いジャンパー、無造作ヘアのマスク姿で降りてきたのは、相葉雅紀(38才)。大きな鳥居の前で深く一礼。境内へとゆっくり入っていく。都心の神社ゆえ、拝殿はこぢんまりとしている。その拝殿には、三色の布で作られた神具「鈴緒」が垂れ下がり、相葉は目を閉じてそれを手に取って振る。近隣住民が語る。「社殿にも一礼して、お賽銭を入れての二礼二拍手。数秒間手を合わせたら、最後に一礼。その奥にある祠に向かってもお参りしていて、すごく作法が整っているので感心していたんです。9月に入ってから、よく見かけるようになりました。多いときは1週間で3日以上はお会いしていますよ」 相葉の「神社への熱心な参拝」はファンの間では有名だが、この9月はアイドル歴21年目での、大きな節目の月。ひと際思いの込もった参拝だった。 アイドルグループのメンバー2人が同時に「寿」発表をしたのは、長い日本芸能史でも前代未聞だろう。嵐の櫻井翔(39才)と相葉が9月28日、それぞれの結婚を発表した。嵐のメンバーとしては、2019年11月に結婚した二宮和也(38才)以来だ。結婚相手は共に一般女性で詳細は伏せられたが、関係者の間では「2人共、一途に愛を実らせた形です」と明かした。「櫻井さんのお相手は、慶應義塾大学在学時にも交際していたといわれる同級生のAさんだそうです。大学時代にはミスコンにも輝いた才色兼備で、卒業後は関西のテレビ局に勤務していました。櫻井さんは、2018年にニュースキャスターの小川彩佳さん(36才)と破局した後に、Aさんと復縁したと聞いています。 2020年1月には、ふたりでベトナムとハワイへ行ったことが“婚前旅行”と報じられました。その頃に彼女は突然会社を辞めているんです。周囲では“結婚準備かな”と囁かれていましたが、その通りになったようですね。美人なのに控えめな性格。芸能人の妻として、しっかり支えてくれるような人だと思います」(テレビ局関係者) 一方、相葉の相手は、長年交際が噂されてきた元タレントのBさんだという。2019年にBさんの父は『週刊文春』の取材に対して「正月の娘からの電話で『彼氏と代わるね』と紹介されたのが相葉さんだったんです」と話すなど、当時から家族ぐるみの交際であることが明らかになっていた。「報道によれば、相葉さんとは10年ほどの交際期間だと思われます」(芸能関係者)というから、櫻井も相葉も長年待ち続けた恋人とゴールインを果たしたといえるだろう。「俺はまだまだ、全然ない」 これで、嵐のメンバーのうち3人が結婚。残る松本潤(38才)と大野智(40才)がどうなるのかは、ファンにとっても気になるところだろう。 大野は、この4月に一般女性と京都旅行を楽しむ姿が報じられたことに続き、8月には千葉県の「マザー牧場」でデートする様子も伝えられた。「いまは自由にされているようですが、大野さんは、今年から芸能活動を休止しているので、たとえ結婚をしても公にはされないかもしれません」(芸能リポーター) 一方の松本は、こんな本音を漏らしていたという。彼の友人が明かす。「潤は、櫻井くんと相葉くんは落ち着いたら結婚するという話はしていましたよ。でも、彼は『俺はまだまだ、全然ない』と笑っていました。嵐の活動休止後は、より仕事にまい進する覚悟を決めていますよ。この年末には映画、来年1月には主演ドラマ、さらに再来年にはNHK大河ドラマ『どうする家康』の主演と多忙を極めますからね。彼は自分のことより、メンバーの幸せを祝福していることでしょう」 ほかのアイドルグループを見ると、結婚など環境の変化を機にメンバーの「退所」や「脱退」なども囁かれるが、嵐についてはその心配はない。 それは彼らに変わらない「嵐愛」があるからだろう。※女性セブン2021年10月14日号
2021.09.30 07:00
女性セブン
櫻井
櫻井&相葉W結婚の発表日は「一粒万倍日&大安」相葉の相談相手は小峠か
 嵐の櫻井翔(39才)と相葉雅紀(38才)が9月28日、それぞれ結婚を発表した。そのタイミングについて、突然のように感じるファンも多いようだが、実はファンを慮った末の発表だった。 2019年1月、嵐のデビュー20周年イヤーとなる2020年末でグループの活動休止を発表した。その10か月後に、メンバーで初めて二宮和也(38才)が結婚を報告すると、ファンの間では、「せめて嵐の活動が一段落するまで待ってほしかった」などと賛否両論が巻き起こった。ある芸能リポーターが語る。「もちろん二宮さんもファンのことを充分に考えた末の発表でしたが、ここまでハレーションが大きくなるとは予想できなかった。今回、櫻井さんと相葉さんは、ファン、そして嵐のことを考え、タイミングについては熟考を重ね、“ここしかない”という判断をくだしたようです」 まずは、相葉が10月クールの『和田家の男たち』(テレビ朝日系)で、3年ぶりに連続ドラマで主演。来年1月クールでは松本潤(38才)が『となりのチカラ』(テレビ朝日系)に、その次の4月クールでは二宮と、メンバーの主演連ドラが3本連続で放送される。「嵐の活動休止後、櫻井さんと相葉さんにとって最大の仕事は、NHKの東京五輪中継でした。9月5日にパラリンピックが終わり、大役を無事に終えたこと、そしてドラマが始まる前、というこのタイミングがベストだったのでしょう。さらに、結婚を発表した9月28日は大安と一粒万倍日が重なる、最強の開運日だそうです。実は、嵐の活動休止の発表日(2019年1月27日)も一粒万倍日だったとか。 翌日には自民党総裁選の投開票があるなど話題が多いこの時期だから、ファンの驚きも軽減されるだろう、という配慮もあったかもしれません」(テレビ局関係者) まさに入念な準備があったことがうかがえる。相葉は神様への報告と共に、これから、お世話になったかたがたへの報告も済ませるという。あるバラエティー番組関係者が明かす。「相葉さんはお笑いコンビ『バイきんぐ』の小峠(英二=45才)さんと仲がよく、相談事もするような仲なんです。さすがに結婚のことは事前に言えなかったようですが、相葉さんは小峠さんに誰にも言えないような深い話をすることもあるので、ちゃんと報告するはずですよ。 師と仰いでいた志村けんさんにもお話をするでしょう。律儀な相葉さんですから、もう墓前に報告に行っているかもしれません」※女性セブン2021年10月14日号 
2021.09.29 16:00
女性セブン
相葉、櫻井結婚で嵐の既婚者3人に 独身の大野、松本が続く可能性は?
相葉、櫻井結婚で嵐の既婚者3人に 独身の大野、松本が続く可能性は?
 嵐の相葉雅紀(38才)と櫻井翔(39才)が、それぞれ結婚することが明らかになった。28日、2人は公式ファンクラブサイトで発表した。 これで嵐では2019年に一般女性と結婚した二宮和也(38才)を含めて3人が既婚者となる。  嵐は昨年12月にグループ活動休止。大野智(40才)は芸能活動を休止し、他のメンバーはソロ活動を続けている。「昨年、グループが活動休止に入ったことで、二宮に続く形でメンバーがすぐに結婚するのではないかとみられていましたが、2年近く、動きがなかった。相葉と櫻井の2人は1年延期になった東京五輪・パラリンピックのNHKのスペシャルナビゲーターを務めていたので、それがちょうど終わったタイミング、ということもあったとみられます」(スポーツ紙芸能記者) では、独身のメンバーである大野、松本潤(38才)が彼らに続く可能性はあるのだろうか? 大野は今年、デート現場を相次いでキャッチされた。 4月、『女性自身』では一般女性と京都旅行を楽しむ姿が報じられ、8月には、『週刊女性』で大野が千葉県の「マザー牧場」で女性とデートする様子が伝えられた。「大野は元々、沖縄に移住する生活を思い描いていました。それもコロナ禍で思うように進んでいません。コロナが落ち着けば、自分のやりたい活動に向けて動き出すでしょうから、今は結婚は考えていないのではないでしょうか」(芸能関係者) 一方、松本は最近、女性関係の話題が報じられていない。仕事面では2022年1月放送の連続ドラマ『となりのチカラ』(テレビ朝日系)に主演することが発表されたばかり。「松本がドラマ主演するのは実に4年ぶり。妻と2人の子供を持つ父親役で“今までに見たことのないドラマになる”と意気込んでいます。松本は今年12月には主演映画『99.9-刑事専門弁護士-THE MOVIE』が公開し、2023 年のNHK大河ドラマ『どうする家康』の主演も決まっています。まさにフル稼働で仕事が続く状況です。とても結婚を考えている暇はないでしょう」(前出・芸能関係者) ファンにとっては、一安心といえそうだ。
2021.09.28 17:30
NEWSポストセブン

トピックス

謝罪をする田中聖(公式YouTubeチャンネル)
田中聖容疑者、覚醒剤所持でまた逮捕 芸能人が“やめられない”根本的な問題点
NEWSポストセブン
『ぴったんこ☆カンカン』スタート時の安住アナ(時事通信フォト)
泉ピン子が語る安住紳一郎アナ「とても負けず嫌い。すごい強さを秘めている」
週刊ポスト
結婚を発表し、お相手を「建築会社」とした滝沢。「一般男性」とは言っていない
滝沢カレン結婚!「テラハ」出演“肉食系”ハーフモデルのどこに惹かれたのか
NEWSポストセブン
盗難被害を告白した木下
TKO木下隆行がベトナムで270万円の盗難被害、防犯カメラにおさめられた悪質手口の一部始終
NEWSポストセブン
TBS・安住紳一郎アナウンサーの魅力の源は?(時事通信フォト)
TBS安住紳一郎アナ、恩師や先輩アナが明かす“天才的なしゃべり”“のスキル
週刊ポスト
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
メディアの前に久しぶりに姿を現したブラザートム(撮影/黒石あみ)
ブラザートムが不倫騒動・事務所独立からの今を語る「娘にはよくハガキを書いてあげるんです」
NEWSポストセブン
日本は世界が憧れる国だと思っていたが……(イメージ)
在日経験のある外国人たちが「日本の没落」を口にし始めているという厳しい現実
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
SDGs(持続可能な開発目標)についてテレビが取り上げる機会が激増していた(イメージ、時事通信フォト)
テレビ局が一斉に発信していた「SDGs」、最近見かけなくなった理由
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン