芸能

紆余曲折あった志茂田景樹の息子 カリスマタクシー運転手に

志茂田景樹の息子がカリスマタクシー運転手に

「タクシー運転手は天職でした」

 そう語るのは、直木賞作家・志茂田景樹の息子・下田大気さん(35)。

 高校時代には俳優として芸能界デビュー。『笑っていいとも!』(フジテレビ系)で、当時レギュラーだった父親と共演したり、1994年には矢沢永吉が先生役を演じ話題となったドラマ『アリよさらば』(TBS系)にも出演した。

 当初こそ活動は順調だったが、すぐに伸び悩み、22歳で俳優業から足を洗った。その後は実業家に転身したり、芸能事務所を立ち上げ、マネージャー業もこなしたりした時期もあったが、2009年10月からタクシー運転手に転職。このたび『タクシーほど気楽な商売はない』(光文社)を上梓し、父親に続いて作家デビューを果たした。

「高校1年の秋から原付スク―ターを毎日乗っていて、高校3年になる頃には、都内23区の裏道がだいたいわかるようになったんですね。俳優を辞めた後、父親の付き人として、車の運転をしたとき、すごく楽しくて、『いつかタクシー運転手をやりたいな』と思っていました。

 2009年の9月頃、昔から仲の良かった先輩に久々に電話しました。すると、タクシー会社に勤務しているとわかり、『僕にも是非やらせてください』とお願いし、杉並交通に入社することになったのです」(下田さん)
 
 都内の道に精通していた下田さんは、入社当初から驚異的に売上を伸ばしていった。

「指導係の方に質問すると、『一乗務(21時間)で平均4万円弱、6万円を超えればトップを取れる』と聞いたので、一乗務7万円以上を目標にしました」(同前)

 初日の営業で、なんと6万円もの営業収入を確保し、その日の順位はいきなり2位に。

「ここで油断してはダメだと思い、家に帰ってから仕事ぶりをノートにメモして、明日にどう繋げるかを検討していきました」(同前)

 1か月が過ぎる頃には、下田さんの月別営収は社内1位に。3か月目からは、営収が100万円を超えるという快挙を達成した。

 タクシー業界というと、「不況でお客さんが乗ってくれない」「競争相手が多過ぎて儲からない」など溜息交じりの話ばかりが聞こえてくるが、どの業界においてもキチンと努力をする人には、相応の結果がついてくるようだ。

関連記事

トピックス

アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
バックヤードツアーで貴賓室が公開される予定の東武浅草駅(写真:小川裕夫)
鉄道駅に設置されてきた貴賓室 記録されぬまま廃止になるケースも
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン