• TOP
  • スポーツ
  • 松井秀喜「MLBは生ぬるい所ではない、力のないものは去る」

スポーツ

2012.08.01 07:00  週刊ポスト

松井秀喜「MLBは生ぬるい所ではない、力のないものは去る」

 MLB、レイズの松井秀喜(38)は7月25日、戦力外通告を受けた。通告の直前、後半戦が始まった7月13日、ジャーナリストの出村義和氏が松井にインタビュー、今後の覚悟について聞いていた。

 * * *

――今季は浪人生活も経験した。野球を辞めようとは思わなかった?

「それはなかったですね。待つしかない。待つだけ待とうというのが率直な心境でしたね」

――それが実を結んでユニフォームを着たが、現在の厳しい状況を見れば戦力外通告を受ける可能性もある。

「それは仕方ないでしょう、実力の世界なんだから。生ぬるい世界じゃない。力のない者は去るしかないということです。でも、今年もシーズンが終わるまでしっかりやる。先のことはその時に考える。今日1日、1試合1試合、細かくいえば1球1球しか考えません」

――では、今やるべきだと考えていることは? 打って結果を出すこと?

「いいえ。打つことより、勝つこと。勝つためには何をするかですよ。自分はその中で何ができるか。それ以外にないですね」

――それでも難しい局面に立つことは十分に考えられる。その覚悟を最後に聞かせてほしい。

「そうなった時は……、自分が野球人として普通に対処するだけです。でもね、僕は大袈裟に考えてないんですよ。まァ、シーズンはまだまだ長いですから」

※週刊ポスト2012年8月10日号

関連記事

トピックス