スポーツ

かつての大阪球場 選手から客席の女性のパンツ丸見えだった

 今は亡き昭和の野球場をたどるこのコーナー。今回は、当時の南海ホークスが本拠地を構えていた大阪球場のエピソードを紹介する。大阪の中心・難波駅の目の前という絶好の立地を誇ったこの球場。その内部ではこんな秘密もあったようで……。

 1950年の大阪球場の建設は、GHQ(連合国総司令部)の経済科学局長・マーカット少将の一言で決まった。当時、阪神は甲子園、近鉄は藤井寺、阪急は西宮と、球団を持つ電鉄各社は、それぞれ自社沿線に本拠地球場を持っていた。土地が安価なうえ、球場まで観客を運ぶ運賃収入のメリットがあったからだ。

 しかし南海にはなく、少将が本拠地を訊いた時、南海は「大阪ですが球場がないので甲子園を借りています」と答えた。それを聞いた少将が、大阪・ミナミの南海本社と隣接する専売局(現日本たばこ産業)の工場跡地を払い下げ、球場を造ることを認めたのだ。

 しかし南海は、土地の高い繁華街の中に造る球場での収益に不安を感じていた。そこでスタンド下に事務所や店舗を入れ、不動産による安定収入を得ることを考えた。先に球場経営を行なっていた阪急グループ創業者・小林一三に相談したところ、「当初、私も西宮で同じことを考えていた」と賛同を得られたため、球場のスタンド下は、店舗・事務所はもちろんのこと、ビリヤード、卓球、ボウリング場まで兼ね備えた施設になった。

 狭い敷地にできるだけ多くの観客席を造ったために、スタンドの傾斜は非常に急で、内野席の傾斜は37度に達した。試合では7回になると、灰田勝彦が歌う「ホークスの歌」が流れ、合唱するために一斉に観客が立ち上がったが、下を見るのも怖いほどだった。

 だがこの急傾斜のスタンドは、選手たちに意外(?)にも好評だった。グラウンドレベルからスタンドを見上げると、女性のスカートの中が簡単に覗けたから、らしい。

関連キーワード

関連記事

トピックス

NHK桑子真帆アナの魅力とは(写真/ロケットパンチ)
NHK桑子真帆アナ、どの番組でも一貫する信念「わからないことは『わからない』と言う」
週刊ポスト
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
オールジャンルで活躍中、津田健次郎 転機となった朝ドラ『エール』での出会い
オールジャンルで活躍中、津田健次郎 転機となった朝ドラ『エール』での出会い
女性セブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
エリザベス女王(写真/GettyImages)
晩年のエリザベス女王「お元気ですか」の質問に笑顔で返したユーモア溢れる答え
女性セブン
好きな女性アナで3連覇を果たしたテレビ朝日の弘中綾香アナ(写真/ロケットパンチ)
弘中綾香アナ、結婚相手は同い年のベンチャー企業社長だった「資産約15億円」「小栗旬似のイケメン」
NEWSポストセブン
熱愛が発覚した玄理と町田啓太
町田啓太と女優・玄理の交際、ファンをモヤつかせていた「お揃いルック」の数々
NEWSポストセブン
渡辺達生氏が撮影した三遊亭円楽さんの寿影
逝去の三遊亭円楽さん、4年前に撮影していた「遺影」ならぬ「寿影」
NEWSポストセブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン