• TOP
  • 国内
  • 東京チカラめし&ゴーゴーカレー40代女性体験しお腹パンパン

国内

2012.10.30 16:00  女性セブン

東京チカラめし&ゴーゴーカレー40代女性体験しお腹パンパン

 B級グルメ界に新たな旋風が! 牛丼では、「東京チカラめし」が約1年で100店舗を超える出店で急成長。カレーでは、「ゴーゴーカレー」が今年に入ってすでに21店舗を新規開店。ミーハーを自称する「女性セブン」本誌40代女性記者Yが早速行ってみた!

 平日の昼12時半。ランチタイムで賑わう「東京チカラめし」は、男性客が8~9割だけど、OLらしき女性客もちらほら。券売機で「焼き牛丼」(並・みそ汁付き、290円 ※一部店舗を除く)をセレクトした。

「今までの牛丼は牛肉を煮込んでごはんの上にのせていましたが、“チカラめし”はタレを塗ってからグリルで焼いた牛肉をのせた“焼き牛丼”という新しい牛丼なのです」(B級グルメ研究家・柳生九兵衛さん)

 牛肉は注文後に焼き始めるというこだわりぶり。口に入れた瞬間にフワッと香ばしさが広がる。でも普通の牛丼よりはこってりだから、女子的にはもうワンサイズ小さいのがあってもいいかも?

 翌日のランチは「ゴーゴーカレー」にGO。

「4つの基本サイズの他、その上には“メジャーカレー”もあります。普通盛りの“エコノミークラス”で他店の大盛り並みなので、女性にはワンサイズ下の“ヘルシークラス”がおすすめ」(前出・柳生さん)

 一番人気ということで、「ロースカツカレー」をヘルシークラス(700円)で注文。コクのあるルーはもちろんだけど、注文を受けてから揚げるというこだわりのカツがサクサクで美味!

 でも、ボリュームはかなりのもので、食い意地が自慢の記者でもお腹パンパン…。おかわり自由のせん切りキャベツを一生懸命食べることで、“肉食べすぎ”の罪悪感を薄れさせようとあがいてみたり。

※女性セブン2012年11月8日号

関連記事

トピックス