芸能

胃がんの宮迫博之 鬼嫁もショック受け「物が喉を通らへん」

 11月上旬に受けた人間ドックで異常が見つかり、精密検査を行った結果、胃がんであることが判明したというお笑い芸人の宮迫博之(42才)。そんな宮迫には、1996年に結婚した妻・A子さん(43才)と小学6年生の長男(11才)がいる。

 A子さんは、宮迫が「いつも折檻されている」とネタにするほどの“鬼嫁”として知られるが、夫の病気を知らされてからは、ショックを隠しきれない様子だという。

 義父が、宮迫の病気の一報を受け、奥さんと一緒に東京に駆けつけたときのこと。

「数日が経って、ある程度落ち着いたので嫁と一緒に一度、大阪に帰ろうってことになったんやけど、娘(A子さん)が“おってくれぇ。おってくれぇ…”って言うもんやから、嫁だけは東京に残してきたんです」(義父)

 思いも寄らぬ夫のがん発症に打ちひしがれ、家事も満足にできない状態にあるというA子さん。現在、宮迫の義母、すなわちA子さんの実母が長男の面倒や家事も引き受けているという。

「A子は気落ちしてしまって…。普段、あいつはよく飯食いよるんやけど、今は物が喉を通らへんみたいで、嫁が“なんか考え込んでしまって、ご飯も食べよらへんねん…”って心配して電話してくるんです」(前出・義父)

 宮迫は、今まで一度も見たことのない妻の憔悴ぶりを目の当たりにし、これは自分が腹をすえて、病気と立ち向かうしかないと覚悟をしたようだ。義父がこう続ける。

「逆に宮ちゃんは元気いっぱいで、ご飯はいっぱい食べてるみたいやし、明るい調子で“ほな行ってきまーす!”って…。どこが悪いんやろうと思うくらいやねん。本当はつらいんやろうけど、家族の前では絶対にそんな表情は見せへんのや」(前出・義父)

 また長男にがんのことを告げたのも宮迫自身だったという。病気発覚当初は、長男に知らせるつもりはなかったというが…。

「宮ちゃんは、心配させるから言うて、最後の最後まで伝えるのを悩んでいたんやけど、報道が出るとなって…。それで知るよりはと、自分の口から伝えたいと思ったんやろうね。告げられた孫は、それはショボンとして、今まで見たことないような寂しそうな顔やったって…」(前出・義父)

※女性セブン2012年12月20日号

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
若い世代に邦ロックが流行している背景にTikTokの拡散力も(Getty Images)
邦ロックが再流行 Z世代に突き刺さる「TikTokの拡散力」と「エモい歌詞」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
シュガージャンキーから抜け出すためには
“シュガージャンキー”から抜け出すには?「抗酸化作用のある食材」を摂るのが重要
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン