ライフ

便秘で救急搬送された女性 真っ白い腸レントゲン写真に驚愕

 女性特有の悩みとして、生理痛や冷え性、貧血などがあるが、そんな中でも、とくに便秘で悩む女性は少なくない。たかが便秘と思うかも知れないが、こじらせてしまうと大変なことになるケースもある。22歳会社員女性のAさんは、14歳の頃に便秘が原因で倒れ、救急車に運ばれて入院した経験があるという。

「何日出てないかも数えていませんでした。ほんの少し、たまに出るくらいで放っておいたんです。ある日突然、学校で倒れたのですが、自力で家に帰れといわれて、意識が飛びそうなくらいの腹痛の中、電車で帰宅しました。

 家についたら視界がグラッとなって、気づいたら玄関に倒れていたんです。すぐに救急車で病院に運ばれました」(Aさん。以下、「」内同)

 病院に搬送されたAさんは、まずレントゲン写真を撮られた。激しい痛みでレントゲンを撮られた記憶はないというが、後に医師から見せられたレントゲン写真の衝撃は忘れられないという。

「腸が真っ白に映っていて、お医者さんには『すべて便です』といわれました。便とガスで真っ白に映っていたようです。さらに驚いたのは、『便が溜まる場所が無くなって、腸が新しい部屋を作ろうとしているよ』といわれたことでした。本当に恐かったです」

 そのまま、3日間の入院を余儀なくされたAさん。その入院体験も大変なものだったという。

「入院してからは、もちろん食事ができないので、点滴で栄養を摂っていましたが、痛くていたくて、全然眠れませんでした。横向きになるだけで激痛が走ったので、夜は怖くなってシクシク泣いてました」

 その後、筋肉に注射を打たれ、翌日の晩に排便があった。

「トイレにも歩いていけないので、病室の簡易トイレで済ませることになりました。その痛みは、いまだかつて味わったことのないものでした……。看護婦さんが付きっきりで助けてくれて、冗談じゃなく、本当に天使に見えました。退院する日に、はじめてゼリーを口にすることができたんです」

 Aさんは、退院後も大学時代まで、恒常的に便秘に悩まされていたというが、現在は以前と比べて快便傾向が高まっているという。彼女が便秘対策として実践している方法を教えてくれた。

「私は人より水分を取る習慣が少なかったんです。今は寝起きにすぐ1杯の水を飲みきることを習慣にしています。以前よりも腸が動きやすくなった気がしますね。あとは人差し指と親指の間の付け根にある“便秘のツボ”を押すようにしています。それから、お風呂上がりには、すりゴマときな粉を牛乳に混ぜて飲んでいます」

 Aさんは、今も自分にあった便秘対策方法を模索中だという。

関連キーワード

関連記事

トピックス

「選挙に強い」後継者は?(時事通信フォト)
安倍晋三・元首相の後継者の条件 選挙に強く、“担がれやすい資質”を持つ政治家
週刊ポスト
デザインした服は多くの芸能人にも愛された三宅一生さん(写真は2001年、時事通信フォト)
イッセイミヤケ、芸能人にもファン多数 美輪明宏、楠田枝里子…愛された理由 
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン