• TOP
  • 国内
  • 甲子園出場常連校で窓のない“しごき部屋”でケツバット体罰

国内

2013.03.15 07:00  SAPIO

甲子園出場常連校で窓のない“しごき部屋”でケツバット体罰

 自殺者が出た大阪市立桜宮高校バスケ部はインターハイ出場の常連校だった。スポーツ強豪校では特に「体罰は当たり前」という考え方は根強く、日常的に“厳しい指導”が行なわれている。フリーライターの清水典之氏が報告する。

 * * *
「甲子園出場の可能性がある野球部ともなると、監督に逆らうなんてあり得ない。部員は絶対服従です。特に特待生は監督に目をつけられて野球部を辞めさせられたら学校に通い続けることさえ難しくなる。だから何をされても文句は言えない。

 試合中に制球を乱して四球を連発したピッチャーがベンチに帰ってくると、ベンチ裏で気合のビンタが入るのは常識です。複数の有名プロ野球選手を輩出した大阪のある強豪校では、真夏のアスファルトの上で何時間も正座させる体罰が“名物”だと言われてきた」

 大阪府にある高校の野球部監督経験者の話だ。

 朝日・毎日という大新聞が主催する春夏の甲子園を目指す高校野球の体罰は、なぜか大マスコミの体罰追及報道でも全く実態が報じられてこなかったが、実際は強豪校ほど今も「体罰は常識」だとされる。もちろん、高野連(日本高等学校野球連盟)は体罰が発覚すれば厳しい処分を下す建前になっているが、そもそも関係者からの内部告発は期待しにくい閉鎖社会だし、発覚を免れるため体罰のやり方も巧妙化している。

「兵庫県のある甲子園出場常連校では周囲の目に留まらないように、窓のない部室の一つを “しごき部屋”にしている。正座させてビンタしたり、尻をバットで叩くケツバットなどはその部屋でしかしないと聞きます。

 また大学の附属系列高は特に体罰の発覚にナーバスなので、途中交代させて試合終了まで腕立て伏せをやらせるとか、練習の一環と見えるやり方も増えています。あとは監督の代わりにキャプテンに殴らせることもあるし、“自分で自分を殴らせる”という罰まである」(同前)

 部員間でやらせても、自分で自分を殴らせても、監督をはじめ指導者との権力関係が根底にある以上、体罰であることに変わりはない。

※SAPIO2013年4月号

関連記事

トピックス