国内

「みんな言ってる」は自分が選んだタイムラインの人が情報源

 昨年10月に発売された『できる大人のモノの言い方大全』(青春出版社)が70万部を超えるベストセラーになっている。これは、現代社会を生き抜く上で、言葉がいかに重要かを認識している人が多いことの証左であろう。

 テレビ、ラジオ、雑誌といったフィールドで、言葉を武器に活躍する、えのきどいちろう氏(53、本文中=え)、松尾貴史氏(52、同=松)、深川峻太郎氏(49、同=深)の3人は、「モノの言い方」についてどのように考え、感じているのか。思い思いに語り合ってもらった。

松:状況判断と優先順位の二つだけで、結構どこでもやって行けると思うんですよ。そのセンスさえあれば、大人として生きて行ける。

深:朝のワイドショーで拝見していると、松尾さんは、完璧な大人のモノの言い方をしてますよね。

松:責任回避的なコメントも結構しちゃいますけどね。「こういう可能性も無きにしも非ずといった感も否めない」みたいな(笑い)。

え:面白い人って、毒じゃん。さくらももこさんみたいに可愛くシュガーコーティングされた毒もあるけど、松尾さんはコントロール抜群なピッチャーみたいなもの。毒をどう配球してくるかを見てると面白い。一方、人を怒らせたり失言をする人は毒の制御に失敗したか、皮肉を言えるだけの修練を積んでないんです。

深:政治家の失言も、支持者へのサービス精神から飛び出すケースが多いですよね。その場ではウケた話が、毒のコントロール圏外に出て、叩かれる。

え:それでもある種の教養や確信が根底にある毒なら僕は嫌いじゃない。その字面だけをツイッターや何かで叩く構図になると、僕らは笑いの方向性を一つ失うと思うんですよ。一見毒っぽいものは全部ダメって話になりかねないから。

深:ネットでも、仲間内では笑いとして通じる毒が、知らない人から叩かれて炎上することがありますよね。自分の言葉がどこまで届くのかがわかってない。

え:例えば原発反対でも推進でも「みんなそう言っている」と言う人が多いんだけど、その「みんな」は自分が選んだタイムラインに並ぶ人たちなの。緊張感のある対立構造の中では生きられなくなっているから、内輪を「みんな」だと思いたいのかもしれない。交際力が落ちているんでしょうね。今の世の中「みんな」ほど怪しい言葉はない。

深:子どもが親に「みんな持ってるから」と物をねだるのと同じですよね。

え:「みんなって誰だよ」と聞くと、実は2人しかいなかったり(笑い)。

深:でも買い物で迷ったとき「みんなどれを使ってるんだろう」とは思います。

松:その意味で「みんなの党」はうまいネーミングなのかもね。

深:あの英語名はなぜか「Your Party」なんですよ。「みんな」は国際社会に通用しないダメなモノ言いなのかもしれない。

※週刊ポスト2013年3月22日号

関連記事

トピックス

真剣交際していることがわかった斉藤ちはると姫野和樹(各写真は本人のインスタグラムより)
《匂わせインスタ連続投稿》テレ朝・斎藤ちはるアナ、“姫野和樹となら世間に知られてもいい”の真剣愛「彼のレクサス運転」「お揃いヴィトンのブレスレット」
NEWSポストセブン
破局した大倉忠義と広瀬アリス
《スクープ》広瀬アリスと大倉忠義が破局!2年交際も「仕事が順調すぎて」すれ違い、アリスはすでに引っ越し
女性セブン
交際中のテレ朝斎藤アナとラグビー日本代表姫野選手
《名古屋お泊りデート写真》テレ朝・斎藤ちはるアナが乗り込んだラグビー姫野和樹の愛車助手席「無防備なジャージ姿のお忍び愛」
NEWSポストセブン
優勝11回を果たした曙太郎さん(時事通信フォト)
故・曙太郎さん 史上初の外国出身横綱が角界を去った真相 「結婚で生じた後援会との亀裂」と「“高砂”襲名案への猛反対」
週刊ポスト
伊藤沙莉は商店街でも顔を知られた人物だったという(写真/AFP=時事)
【芸歴20年で掴んだ朝ドラ主演】伊藤沙莉、不遇のバイト時代に都内商店街で見せていた“苦悩の表情”と、そこで覚えた“大人の味”
週刊ポスト
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
中国「抗日作品」多数出演の井上朋子さん
中国「抗日作品」多数出演の日本人女優・井上朋子さん告白 現地の芸能界は「強烈な縁故社会」女優が事務所社長に露骨な誘いも
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
国が認めた初めての“女ヤクザ”西村まこさん
犬の糞を焼きそばパンに…悪魔の子と呼ばれた少女時代 裏社会史上初の女暴力団員が350万円で売りつけた女性の末路【ヤクザ博士インタビュー】
NEWSポストセブン
韓国2泊3日プチ整形&エステ旅をレポート
【韓国2泊3日プチ整形&エステ旅】54才主婦が体験「たるみ、しわ、ほうれい線」肌トラブルは解消されたのか
女性セブン