ビジネス

駅ナカ高級スーパーで夜にワインが売れるワケ 6万円商品も

 かつて駅の改札のなかにある店といえば、立ち食いそば屋やキヨスクなどの小さな売店くらいのものだった。ところがいまや「駅ナカビジネス」と呼ばれるほどに店が増え、改札内はすっかり様変わりしている。「駅ナカビジネス」活況の現場には高級スーパーも存在する。成城石井は、全国で5店舗が駅の改札内にある。

 朝は通勤・通学客向けのおにぎりやパン、弁当、飲み物などがよく売れ、夕方から夜にかけては、共働きの女性客や妻に買い物を頼まれた男性客が利用する。 特徴は、1000円程度のリーズナブルなものから高級品まで、ワインの品揃えが充実しているところだ。

「仕事が忙しくて、家内の誕生日や結婚記念日にプレゼントを買い忘れても、ここでワインやシャンパンを買って帰ればなんとかセーフ。高級品も揃っているので、慌てて買ったと思われない」(40代・会社員男性)

 阪急・夙川駅の同店には、1本6万円近いワインまで並んでいるから驚きだ。

「この駅は、財界人や文化人が多く住む高級住宅地の甲陽園や苦楽園に行く支線への乗り換え駅。取り寄せなども多く高級品を求めるお客様が多いんです」(店員)

 それにしても、なぜ「駅でワイン」なのか。駅消費研究センター・加藤肇センター長がいう。

「ワインは重いので、一番最後に買って帰りたい。だから一番自宅に近いということで、意外にも駅はワインが売れる場所なんです」

※週刊ポスト2013年4月12日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
息の合ったコンビだった
『相棒』復帰の寺脇康文、登場シーンどうなる スーツ姿?警察学校で再教育?
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
すでに胴上げも(写真/共同通信社)
阪神逆転優勝「無理ではない」とOB 課題は鬼門の広島、心強い味方は巨人か
週刊ポスト
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
もし在庫があったとしてすぐに設置できるとも限らない
猛暑予想でもエアコンは深刻な品薄 「1~2か月待ち」で夏に間に合わない可能性も
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト