• TOP
  • 芸能
  • 活動再開のサザン 魅力は歌詞にあるとポップス評論家が分析

芸能

2013.07.29 16:00  女性セブン

活動再開のサザン 魅力は歌詞にあるとポップス評論家が分析

 5年ぶりに活動を再開! さらにデビュー35周年で盛り上がるサザンオールスターズ。スポーツ紙がその“復活”のニュースを大きく報じるなど、根強い人気を見せている。

 ジャパニーズ・ポップスの評論における第一人者である富澤一誠さんは、サザンがデビュー以来、第一線で活躍する理由をこう分析する。

「サザンの曲は、1960年代のロックなどのスタンダードな曲をベースにしています。しかし、アレンジに新しいサウンドやリズムを取り入れて、サザンの個性を作り出しています。また、桑田さんの声質は、楽曲を古く感じさせない天性のものですね」

 なによりサザン特有の魅力は、その歌詞にあるという。

「デビュー当時は、“でたらめ英語”などと言う人もいましたが、桑田さんは言葉選びのセンスがあり、心地よい言葉の響きを世に知らしめた人です」(富澤さん)

 サザン登場まで、日本の音楽界はフォーク全盛の時代。歌詞は意味をわかりやすく伝えることが主流だった。

「わかりやすい歌詞は言い換えればその意味が明確で狭い。一方桑田さんの歌詞は、言葉のリズムや音を大切にして、聴いた人が自由にイメージを広げられるんです」(富澤さん)

※女性セブン2013年8月8日号

関連記事

トピックス