• TOP
  • ライフ
  • 長野県塩尻市内の小中学校の給食が商品化「キムタクごはん」

ライフ

2013.09.24 16:00  女性セブン

長野県塩尻市内の小中学校の給食が商品化「キムタクごはん」

キムタクごはん

 街で人気のお店の味や、高校生とのコラボなど地元ならではの、話題になっているご飯のおかずになるおともを紹介。驚きの味わいは、ぜひ試してみたい!

【キムタクごはん】
 豚キムチとたくあんを混ぜ合わせた『キムタクごはん』。長野県塩尻市内の小中学校で出されていた給食メニューが、そのネーミングとおいしさで話題となり商品化。塩尻市も街おこしの一環として、『キムタクごはん』のブランド化に取り組んでいる。タイヨー社製の「キムタクご飯の素」は735円。

【愛知丸が釣ったかつおとしょうがのごはんじゅれ】
 愛知県内唯一の水産高校・三谷水産高校とのコラボ。実習船『愛知丸』での海洋実習で釣ったかつおを、ジュレ状の佃煮に仕上げたのが平松食品の「愛知丸が釣ったかつおとしょうがのごはんじゅれ」(450円)。味付け、具の大きさ、ラベルデザインなど、随所に生徒らの意見が取り入れられている。

※女性セブン2013年10月3日号

関連記事

トピックス