• TOP
  • ライフ
  • 漫画から名付けた石巻焼きそば店『味平』 原作者来店し公認

ライフ

2013.10.07 07:00  女性セブン

漫画から名付けた石巻焼きそば店『味平』 原作者来店し公認

 3.11東日本大震災の被災地、宮城県石巻市は、コラムニストの木村和久さんが高校卒業までを過ごした地。今回は木村さんが、学生時代によく食べたという懐かしの石巻焼きそばについてレポートする。

 * * *
 門脇地区の津波で空き地だらけになった一角に、きれいなお花畑になっているエリアがあります。これはキッチンカーで石巻焼きそばを作っている尾形勝寿さんが、少しでも街をきれいにと思って作り始め、今ではたくさんのボランティアが花を育ててくれてます。

 尾形さんは、夫婦でラーメン店を営んでいたのですが、奥さんを津波で亡くしてしまいます。ところがある日、奥さん愛用のヘラが出てきて、これまたびっくり。これで再び焼きそばを焼けということなのかと、一念発起。車の手配などをして、焼きそば屋さんを始めたそうです。

 石巻焼きそば、二度蒸しした茶色い麺が特徴で、それに魚系のスープと目玉焼きの半熟が絡み、独特の味を出してます。私にとっては懐かしい茶色い麺。よく学校帰りに焼きそばを食べてましたが、改めて見ると、結構茶色いんだなと妙に感心します。

 尾形さんの店は「味平」といいますが、それは人気漫画『包丁人味平』から、拝借したものです。ところが、ある日、本物の原作者ビッグ錠さんがやって来て、絵を描いてくれて公認のお店となったのです。

 尾形さんのお店は、大火災になった門脇小学校の近くにあり、付近は殺風景な空き地ばかりです。昔はたくさん人が住んでいた住宅地だったのに、と思うとすごく寂しいです。

 尾形さんの店が、この殺風景なエリアを明るく照らす灯台なんだなと、改めて認識した次第。また戻ったら訪ねてみます。それまで街を明るく照らしててくださいね。

※女性セブン2013年10月17日号

トピックス