国内

出所の許永中氏 100kg超だった体重が30kg以上やせたという

 韓国・ソウルの玄関口である仁川空港から車で約1時間。ソウル南部矯導所は、2年前に移転したばかりで、その外観は刑務所というより、新築の芸術ホールか、スポーツ施設のような印象を受ける。収容人数は1100人。刑期が短い受刑者が中心に服役している。医療施設など最新の設備を備えたモデル刑務所だけに、韓国の元国会議員や財閥関係者など大物の囚人も多いという。

 戦後日本の経済犯罪史に名を刻む韓国籍の実業家・許永中(きょえいちゅう・66)氏が服役していたのも、この矯導所だった。

 9月30日のソウルは早朝から雨がぱらついていた。それが直前に止んだ午前10時ちょうど、矯導所のゲートを1台のバスが通過し、目の前の駐車場に止まった。釈放される受刑者が次々に降りてきて、出迎えの家族が取り囲む。10人ぐらいの出所者に続いて青いマスク姿の許氏が姿を現わした時、収監前の彼の姿を知っている関係者は息を呑んだ。

 許氏は身長180センチ、体重100キロをゆうに超える巨漢だった。だが、長期の服役を経て、別人のようにすっかり痩せていた。30キロ以上も減ったという。ただ、金縁の眼鏡の奥に見える眼光の鋭さは、「闇の帝王」「裏社会の代理人」「日本財界の陰のフィクサー」など、様々な異名をほしいままにした1999年の身柄拘束当時と変わりはない。

 許氏は何も語らず、出迎えた親族が用意した車に乗り込んだ。そして検査のために病院に向かった──。

※週刊ポスト2013年10月18日号

関連キーワード

トピックス

語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
引き続きエンゼルスの赤いユニフォームを着ることになった大谷翔平(写真=SipaUSA/時事)
大谷翔平、エンゼルス残留は最善の選択か「二刀流で毎日出場できる」プラス面
週刊ポスト
宮崎あおい、5年ぶりの映画復帰 目玉は過去作で「足蹴」「罵倒」の佐藤浩市との共演
宮崎あおい、5年ぶりの映画復帰 目玉は過去作で「足蹴」「罵倒」の佐藤浩市との共演
女性セブン
和久田麻由子アナ(左)の15人目の候補は岡山放送局の松本真季アナ(右写真はNHK岡山の公式ツイッターより)
NHK“ポスト和久田アナ”、15人目の候補は入局2年目「筋金入りのリケジョ」
週刊ポスト
風吹ジュンが父を亡くしていた
風吹ジュン、父と53年ぶりの再会で心境に変化 “父を奪った女性”に感謝の心意気
女性セブン
松本若菜の姿を目撃
ブレイク女優の松本若菜「圧倒的美スタイル」と「意外な私服」に六本木が揺れた夜
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
結婚会見で指輪と元夫との写真を見せる小倉(2011年10月7日)
離婚した小倉優子 1人目の夫による「夜の生活」暴露の余波で「新たなファン層の獲得」
NEWSポストセブン
長沢麗奈容疑者(21)
厚木・2児熱中症死 男の家に行っていた21歳女の車は「後部座席なし」の借り物、「鉄板のように熱くなる荷台」新証言
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン