芸能

AD残酷物語 空腹に耐え切れずゴミ箱のアンパンを食べる

 テレビ番組のアシスタント・ディレクター(AD)は、とてつもなく過酷な仕事だという。男女関係なく拘束時間が異常に長く、法定労働時間の1日8時間なんて、夢のまた夢、だそうだ。

「24時上がりどころか、36時(翌日の正午!)が当たり前。何時間連続勤務してるんだって感じですよね(苦笑)」

 そうぼやくのは、情報帯番組担当のA子さん(20代)だ。終電には当然乗れず、タクシー代なんてもちろん出ないので、1週間のうち4日は、会社の床で寝袋睡眠。

「その都度、コンビニで下着を購入するので、どんどん下着が溜まるいっぽう。しかも同じような地味~なパンツばかり…この前、数えたら100枚を超えていました(涙)」

 拘束時間が長い上にとことん働かされる。3食しっかり食べられることは、ほとんどない。バラエティー番組担当のB子さん(20代)は言う。

「朝7時から働きっぱなしで、ようやく初めての食事にありつくのは、たいてい午後9時ごろ。お腹が減っているので、ついついドカ食いしてしまいます」

 偏った食事のため、1日1食にもかかわらず体重は増加するばかり。

 3年前の入社時は160cm・45kgのスリム体形だったが、今や65kgに。だから“食べてない”なんて言っても、周りに信用してもらえません。

 B子さんのように一食でも食べられるのはマシ!というのはドラマ専門の制作会社に勤めるC夫さん(20代)だ。ドラマの場合、一日中外で撮影することも多い。この秋、コンビニもスーパーも近くにない地方でのロケ時に“事件”は起きた。

「主演女優の知り合いが3人見学に来てたんです。お昼になって弁当を出演者とスタッフで食べようとしたとき、その女優が“この人たちにもお弁当をあげてね”って。人数分より2~3個多めにとるのが基本ですが、足りなかったので、ぼくの弁当が“犠牲”になりました…」

 その後もロケは続き、空腹に耐えきれなくなったC夫さんは、ごみ箱に捨てられていたあんパンを見つけた。

「えぇ、食べましたよ(苦笑)。夕食代わりにおいしくいただきました! ホロ苦い記憶です」

※女性セブン2013年12月5日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

千鳥の2人が笑いに変えてくれる安心感
冠番組6本の千鳥、ゴールデン3本はフジ「実力だけじゃない」その理由
NEWSポストセブン
上白石萌歌の入浴シーンでSNSが騒ぎに
『ちむどんどん』上白石萌歌、川口春奈の入浴シーン炎上に「騒ぎすぎでは」の指摘
NEWSポストセブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
●1999年 女性セブン特写
上島竜兵さん「トークが上手くなったら終わり」リアクション芸人が残した名言
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
誤送金問題で逮捕の田口容疑者 犯行動機に潜む「授かり効果」
NEWSポストセブン
北斗晶の長男が結婚、相手はレスラー
北斗晶、長男の妻となった女子プロレスラー門倉凛に「彼女の勇気を買うね」
女性セブン
照ノ富士の一人横綱より深刻 大相撲「一人立行司」7年の異常事態
照ノ富士の一人横綱より深刻 大相撲「一人立行司」7年の異常事態
NEWSポストセブン
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
渋谷で行われたロシアによるウクライナ侵攻に抗議するパレードで、戦争反対を訴えるロシア人女性。数千人のさまざまな国籍や年代の人が参加した(時事通信フォト)
ロシアや東欧出身の女性たちが日本で「理不尽」に直面することが増えている
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン