ライフ

知的に乳幼児レベルとされた重度障害者が言葉を理解していた

【書評】『最重度の障害児たちが語りはじめるとき』中村尚樹著/草思社/2310円(税込)

【評者】鈴木洋史(ノンフィクションライター)

 * * *
 記された事実の数々に深い感銘を覚えると同時に、人間とは何かという根源的な問いを突きつけられるノンフィクションである。

 遺伝性疾患や誕生前後に発症した脳性麻痺などにより、身体にも脳にも重い障害を負った人たちは、自分が言葉を喋れないばかりか、他人の言葉を理解できず、知的には乳幼児レベルと考えられてきた。

 本書が最初に取り上げる八巻緩名(かんな)さんもその一人だ。ところが、2004年、9歳のとき、障害児教育の専門家である國學院大學教授・柴田保之氏の指導と介助により、生まれて初めて言葉によって自分の思いを表現した。平仮名の50音図から一文字ずつ選択する音声ガイド付きのワープロソフトと、身体のわずかな動きを利用して入力するスイッチを備えたパソコンをいじらせたところ、明らかに自らの意思で文字を選び始めたのだ。

 やがて完成した文字列は〈かんなかあさんがすきめいわくばかり〉だった。母への思慕と申し訳なさを表現したその言葉を、著者は〈愛のメッセージ〉〈生まれてこのかたの思いをすべて込めた、至上の一文〉と評するが、まさにその通りである。

 言葉を持たないはずなのに言葉を紡ぎ出す従来の医学や教育の常識を覆す現象に驚いた柴田氏が、同様の障害のある他の子供たちにも同じ方法を試したところ、今度は14歳の三瓶はるなさんが〈はるななのはな〉と打った。

 母親は「菜の花」の意味を込めて「はるな」と命名し、そのことを繰り返し聞かせてきたが、それを理解していたのだ。表現手段を獲得したはるなさんは、溜まっていたマグマのように次々と言葉を迸らせ、詩まで作るようになる。

 近年、同様の試みは他の専門家によっても行なわれ、成果を上げている。いずれも介助者を必要とするが、表現手段や方法はパソコンだけでなく、文字盤、筆談、指談(障害のある人のわずかな指の動きを介助者が掌で感じ取り、文字にする)など様々だ。そうした成果に対し、一般メディアを巻き込んで真贋論争が起こったこともあり、完全に決着がついたわけではないが、従来の常識が鉄壁でなくなりつつあることは確かだ。

※SAPIO2013年12月号

関連記事

トピックス

今後の作品にも期待が高まる(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さまの溢れる文才 小学校の卒業文集と中学1年で書かれた短編小説を全文掲載
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
フォロワーは
【極寒のへそ出し写真】日本一のティックトッカー景井ひな「あり得ない私服姿」フォロワー1000万のど根性
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
2021年9月、夜の新宿区立大久保公園周辺。客を待っていた女性と付き添う私服捜査員(時事通信フォト)
街歩き動画が人気だが、一部の過激な配信者に追い詰められる人たちもいる
NEWSポストセブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン