ビジネス

中国7%台の成長率 決して悲観するべき数字でないと専門家

 かつては8%以上が当たり前だった中国の経済成長率が、このところ7%台に低下している。この数字は中国経済の変調を示しているのだろうか。中国株に精通するT.Sチャイナ・リサーチ代表の田代尚機氏が解説する。

 * * *
 中国の2013年第3四半期(7~9月)の実質経済成長率は7.8%となり、2012年第2四半期以降、8%割れが続いている。第4四半期は7.8%を下回ると見られ、おそらく2014年も8%台に戻るのは難しく、7~7.5%のレンジで推移するのではないかと見ている。

 振り返れば、この2年間、中国経済は8%を下回る水準で安定成長を続けてきた。不動産バブルに加え、銀行を通さずに資金のやりとりをする「影の銀行」問題が浮上したこともあり、これまでのような高成長は望めなくなっている。

 もっとも不動産バブルは現在、辛うじてコントロールされており、影の銀行問題はすでに峠を越している。これらが成長を妨げる大きな原因となることはないだろう。

 そもそも7%成長は、長期的な構造改革を推し進めるために共産党が掲げた目標値にほかならない。

 いまや中国の労働人口は減少し始め、農村部の余剰人口を都市部に移転するだけで成長できた時代はとうに過ぎ去った。資本を投下して生産力を高めるよりも、生産過剰を解決すべく、共産党は中国経済を量から質の重視へと変えようと、この2年間を構造改革に費やしている。

 しかし、よく考えてほしい。好調とされる日本がせいぜい2~3%の成長であるのに対し、中国は鈍化したとはいえ、7%台の成長をキープしている。しかもそれは共産党がコントロールして速度を落とした結果にすぎない。決して悲観するような低い成長率ではない。

※マネーポスト2014年新春号

関連キーワード

トピックス

黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
なぜここまで打てなくなってしまったのか…(時事通信フォト)
巨人・小林誠司、6月の打率0割… 慢性的な打撃不振は「指導者に責任の一端」の指摘
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
NEWSポストセブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
台湾、日本で人気沸騰の林襄
台湾プロ野球の可愛すぎるチアリーダー・林襄 ダンス練習と読書を欠かさない努力家
週刊ポスト
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
『相棒』起用が発表された寺脇康文
寺脇康文の『相棒』再登板が示した「不仲説」のウソと“消えた”相棒候補たち
NEWSポストセブン
分裂抗争が最終局面に(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
「民間人の店も襲撃」 最終局面に突入した分裂抗争で六代目山口組が見せた意志
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン
小島瑠璃子の美ボディが話題になっている
小島瑠璃子 “破壊力抜群”水着ショット公開はレギュラー番組激減への反転攻勢か
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン