• TOP
  • スポーツ
  • 王貞治氏「野茂やイチローのおかげで日本のレベル上がった」

スポーツ

2014.01.02 16:00  週刊ポスト

王貞治氏「野茂やイチローのおかげで日本のレベル上がった」

 野球の世界的な普及を目的に活動するなど、今でも純粋に「野球」と向き合い走り続けている王貞治氏。そこには古き良き日本への思いと、自分を育んでくれた「球界への感謝」の念があった。そんな王氏が球界の現状について語った。

 * * *
 これは僕の持論なんだけど、いつも「これからの若い選手にとって何がいいか」を考えるべきなんです。自分たちにとって何がいいかを考えては絶対にダメ。

 野球というのは難しくて、選手以外で野球に関わって生きていくのは大変難しいんです。プロですらそうなんだから、アマチュアはもっと大変。

 例えばゴルフなら、教えたら教えただけお金がもらえるじゃないですか。野球はそうはいきません。アマの若い指導者は、ほとんどが土日にボランティアでやっています。だから彼らのような人が、安心して指導できる環境作りも必要なんです。

 そのためにはお金がいる。プロ野球の球団や選手は、自分たちのためだけに稼ぐのではなく、そういう活動のために稼ぐという意識を持ってほしい。

 次代を担う子供たちのために施設を作ったりだとか、彼らに野球を教える場とかいうものにお金を使えば、協力してくれる企業も出てくるでしょう。稼いだものをいかに使うかということが大切なんです。

 今、ポスティングの問題で色々いわれていますが、もともと選手がメジャーに行く道は、まず野茂(英雄)がつけてくれた。投手の道ができたら、今度はイチローが行って打者の道が開けた。彼らのおかげで日本の野球のレベルは間違いなく上がっている、アメリカに近づいているわけです。

 何事も、誰かが先鞭を付けなければならない。今は小学生だって、日本のプロ野球ではなく、最初からメジャーを目指すような子も増えている。これは全体のレベルが上がるという意味でいいことなのです。その道を閉ざすようなことがあってはいけない。

●取材・文/永谷脩(スポーツライター)

※週刊ポスト2014年1月1・10日号

関連記事

トピックス