• TOP
  • ライフ
  • パートで時給上がらぬ人 マナーない、言い訳する、謝らない

ライフ

2014.01.04 16:00  女性セブン

パートで時給上がらぬ人 マナーない、言い訳する、謝らない

 短時間や日数限定の労働条件に特化する人材派遣会社のセリオは、フルタイム勤務が難しい主婦の登録が多い。登録者に紹介する企業の数や派遣先での時給交渉は、資格や仕事の能力より、人柄や職場での人間関係、やる気が大きな決め手に。1年働かないと時給が上がらないことも多い。同社に、パートで時給が上がらない人はどんな人なのか聞いた。

 まずはマナーがない人。第一印象は強く残り、審査は応募時の問い合わせから始まる。電話口で名乗らずに一方的に用件を話す、履歴書に修正液を使うなど、基本に欠ける人が多い。

「パートだから…」と言い訳する人もダメ。パートの権利を守ることも大切だが、積極的に仕事をしようとする姿勢を示さないと大きな仕事も任されないので、時給も上がりにくい。一生懸命な人には対価を払いたくなるのが人情。

 いわれたことをただやっているだけではダメ。仕事に慣れてきたら、商品の並べ方や仕事の仕方など、どうすればより儲かるかを考えながら仕事を。よいアイディアは、どんどん提案しよう。求められているのは、儲けさせてくれる人。職場で大切な人になることが肝心だ。

 職場の仲間、特に女性から嫌われる人も時給が上がらない傾向に。問題になることが多いのは、能力よりも社内の人間関係。長く勤める女性を尊重しない人は職場に溶け込めないことも。必要事項を教えてもらえない、ミスのカバーがないなど悪循環に陥って離職するケースも。

 素直に謝らない人もNG。仕事にブランクのある30代40代女性で多い「この年で怒られるなんて!」「年下社員に注意された」と逆ギレするケース。反論の前に“すみません”を第一声に。

 メモしない人も評価は良くない。メモは、注意事項や失敗を忘れにくくし、わかりやすくやる気を見せる効果がある。何度も同じ質問をする人は「覚える気があるの?」と悪い印象に。

※女性セブン2014年1月9・16日号

関連記事

トピックス