ライフ

医療界と闘った近藤誠医師 娘に「貧乏になる覚悟を」と伝えた

 近著『医者に殺されない47の心得』が108万部のベストセラーになっている慶應義塾大学病院放射線科の近藤誠医師。1996年に著書『患者よ、がんと闘うな』で医療界に大論争を巻き起こし、25年間、独自のがん治療法を訴え続けてきた。独自の理論は医療界で黙殺される中、巨大な医療界とたったひとりで闘い続けてきた。

 決定的な事件が起きたのは、1987年のことだ。Aさんという乳がん患者が、朝日新聞に載った近藤医師の乳房温存療法の記事を読み、慶應病院を訪ねてきた。しかし入院すると、外科は慣例通り切除手術の準備を進めた。

 不安になったAさんは「近藤先生は、何と言っていますか」と何度も主治医や看護師に聞く。だが、その事実は近藤医師には知らされなかった。ある日、看護学生が言った。「看護実習をしている外科病棟にAさんという乳がんの患者さんがいます。近藤先生のことをしきりに言っていますが、ご存じですか」と。

「外科はぼくに知らせずに、しかも患者本人が望まない乳房切除手術をしようとしたのです。『そんなバカな』と仰天しました。それはぼくには犯罪としか思えなかった。ぼくはAさんと秘かに会いました。その後、彼女は慶應病院を退院して、他で乳房の一部だけを切り取る手術を受けた。それでぼくが放射線治療を施したのです」(近藤医師、以下「」内同)

 近藤医師は、巨大な大学病院という組織の中で、手も足も出ない自分を見つめた。

「そこで世論に訴えることにしたのです。出版社に温存療法についての資料を一斉に送った。いくつか取材に来たけれど、女性誌は“奇跡の療法”などとオカルト扱いでした。しかし間もなく、TBSの記者が取材に訪れた。温存療法がテレビで流れると、外来患者が一気に増えたのです」

 なかでも近藤理論を世に知らしめる決定的な出来事は、『文藝春秋』誌からの執筆依頼だった。そのとき迷ったのは「慶大をはじめとするどの大学病院でも乳房を切る」と書くか否か。慶應の名を出せば、もはや出世は望めない。院内でも村八分になるだろう。はたして、その孤独に耐えられるか。自問自答は続いた。

「でも、Aさんのような患者をまた生むわけにはいかない。医師としてぼくにできるのは一人でも多くの女性の乳房を救うことだと決意したのです。娘たちにはこう言いました。“これから外科と一戦を交える。貧乏になるかもしれないから覚悟してほしい”と」

 1988年、『文藝春秋』に「乳ガンは切らずに治る」と題する論文が掲載された。

 発刊後、予想通り、院内の他科から回される患者はゼロになった。だがそれとは対極的に、近藤医師に診察してほしいという患者は増え続けた。他でもない、がん治療に疑問を持つ患者自身が近藤医師を選んだのである。

 2012年、乳房温存療法のパイオニアとして抗がん剤の毒性、拡大手術の危険性など、がん治療における先駆的な意見を一般人にもわかりやすく説明した功績により菊池寛賞を受賞した近藤医師は「思いがけない賞で、本当にうれしかったですね」と語る。この3月、慶應病院を定年退職する近藤医師は今後、自ら設立した『近藤誠がん研究所・セカンドオピニオン外来』で仕事に邁進する。その闘いは、依然続く。

※女性セブン2014年3月6日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

堂本光一の思いとは
【全文公開】堂本光一、本格始動のスタートエンタに苦言を繰り返す背景 福田淳社長は“早期退任説”を真っ向否定
女性セブン
『サンデーモーニング』の司会を引き継いだ膳場貴子(時事通信フォト)
《3度の結婚と出産、マタハラ騒動経て》膳場貴子がサンモニ新MC就任で意識する、“関口宏カラーは変えない”の理由
NEWSポストセブン
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
女性セブン
爆笑問題はいまの「テレビとコンプラ」をどう見ているか
【爆笑問題が語るテレビとコンプラ】太田光「どの時代もテレビはがんじがらめ」「ダメな言葉の線引きが変わっているだけ」
週刊ポスト
初代うたのおにいさんデビュー時の田中星児(本人提供)
《『ビューティフル・サンデー』歌い続けて48年》田中星児(76)“いつまで歌っていけるのか”年を重ねて自問自答「ポッと歌詞を忘れてもお客さんが助けてくれるんです」
NEWSポストセブン
眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
デビュー時の鈴木亜美(左)と後藤真希(右)
《鈴木亜美と後藤真希》『ASAYAN』時代は「会話もなかった」「何事もないかのように、涼しい顔を」今だから話せる“本音女子トーク”
NEWSポストセブン
銀行詐欺容疑でアメリカ連邦検察から訴追された水原一平氏(39)
《大谷翔平の信頼を悪用》水原一平容疑者「運転中マリファナ所持」違反の過去 「わざわざ調べない」「ドジャースも見過ごすレベル」検挙歴の影響
NEWSポストセブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
《独自》極秘帰国していた水原一平容疑者宅は“居留守”状態「あなたに会いたくないと言っている」「2匹の犬の鳴き声」玄関前には「お〜いお茶」のダンボール
NEWSポストセブン
曙と真剣交際していたが婚約破棄になった相川勇
《元横綱の曙さん死去》交際中に「婚約破棄」騒動の女優・相原勇の今「結婚信じて全レギュラー降板」20年ぶり再会で誓ったこと
NEWSポストセブン
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
女性セブン