芸能

離婚協議の辻仁成 女装にめばえ顔ダニと共生する美容法実践

 2002年6月に電撃入籍してから12年。中山美穂(44才)が、夫で芥川賞作家の辻仁成(54才)が離婚協議に入っている。

「時代は絶対、中性ですよ。めちゃかっこいい中性的なおじいさんを目指す!」

 2008年にロックバンド『ZAMZA』を結成する一方で、辻の見た目は大きく変わっていった。

「当時、辻さんは、日本で大流行していた女装男子にものすごい関心がありました。ちょうど彼の大学の講義にも、スカートをはいて、化粧をしてくる男子学生がいたそうなんです。そういった出会いに、彼自身も感化されていってました」(舞台関係者)

 今回の離婚原因のひとつに、辻の中性化があげられている。白髪一本ないさらさらの黒髪ロングストレートに、化粧を施し、女装して繁華街を歩くこともあるという。2011年には、女装男子を描いた小説『ぼくから遠く離れて』(幻冬舎)も上梓している。

 しかし、辻の美容への執着は以前から女性以上のものだった。食事に関して、夜は控えめに食べ、深酒もせず、基本的に朝食抜き。水は1日コップ1杯。昼食にはワインを飲み、よく食べる。1日1食がベスト。また、52~55kgの体重を維持するために毎朝5~10km走る。風呂上がりなどに、鏡で全身チェックし、醜い自分を決して許さない。体重計には1日3回乗るという。

 そしてほとんど顔は洗わない。毛穴の汚れを食べている顔の表面に生息している顔ダニを生かすためだという。ニキビなど肌荒れの原因とされる顔ダニと共生するという辻流の美容法なのだ。

 本誌は最初に夫婦仲が綻び始めたと聞いてから約2年後、そんな辻の姿を目撃している。   2012年8月4日の夜11時過ぎ、都内のバーで、辻はある女性と女装や恋愛、結婚生活に至るまで語り合っていた。

 辻の話に「うんうん」とうなずいていた彼女は女装家のmoca。日本最大規模の女装イベント『プロパガンダ』の主宰者で、前出の小説『僕から――』の表紙になった人物だった。

「でも夫の見た目が変わったことが離婚のいちばんの理由にはなりませんよね。中山さんとしては彼の女性関係もやっぱり気になったんじゃないでしょうか。今彼女の中で、あれだけ情熱的に恋に落ちて愛し合った辻さんへの思いが、急速に冷めて愛はなくなってしまった様子を見ていると、疑惑が確信に変わったのかなぁと思ったりします…」(映画関係者)

※女性セブン2014年4月17日号

関連記事

トピックス

大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
大ヒット中の映画『4月になれば彼女は』
『四月になれば彼女は』主演の佐藤健が見せた「座長」としての覚悟 スタッフを感動させた「極寒の海でのサプライズ」
NEWSポストセブン
国が認めた初めての“女ヤクザ”西村まこさん
犬の糞を焼きそばパンに…悪魔の子と呼ばれた少女時代 裏社会史上初の女暴力団員が350万円で売りつけた女性の末路【ヤクザ博士インタビュー】
NEWSポストセブン
華々しい復帰を飾った石原さとみ
【俳優活動再開】石原さとみ 大学生から“肌荒れした母親”まで、映画&連ドラ復帰作で見せた“激しい振り幅”
週刊ポスト
中国「抗日作品」多数出演の井上朋子さん
中国「抗日作品」多数出演の日本人女優・井上朋子さん告白 現地の芸能界は「強烈な縁故社会」女優が事務所社長に露骨な誘いも
NEWSポストセブン
死体損壊容疑で逮捕された平山容疑者(インスタグラムより)
【那須焼損2遺体】「アニキに頼まれただけ」容疑者はサッカー部キャプテンまで務めた「仲間思いで頼まれたらやる男」同級生の意外な共通認識
NEWSポストセブン
学歴詐称疑惑が再燃し、苦境に立つ小池百合子・東京都知事(写真左/時事通信フォト)
小池百合子・東京都知事、学歴詐称問題再燃も馬耳東風 国政復帰を念頭に“小池政治塾”2期生を募集し準備に余念なし
週刊ポスト
(左から)中畑清氏、江本孟紀氏、達川光男氏による名物座談会
【江本孟紀×中畑清×達川光男 順位予想やり直し座談会】「サトテル、変わってないぞ!」「筒香は巨人に欲しかった」言いたい放題の120分
週刊ポスト
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
ホワイトのロングドレスで初めて明治神宮を参拝された(4月、東京・渋谷区。写真/JMPA)
宮内庁インスタグラムがもたらす愛子さまと悠仁さまの“分断” 「いいね」の数が人気投票化、女性天皇を巡る議論に影響も
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン