ライフ

PTA役員 なり手いないなら組織を休止させるのも重要との声

 折しも入学・進級シーズン。頭を悩ませるのは、PTAの委員や役員選びだ。さて、以下はよくあるシーン。とある小学6年生のクラスの保護者会。PTA役員のなり手が現れず、膠着状態に。

「子供が低学年のクラスの時2回もやったので、今年は引き受けられません」

「うちは中学受験する予定なので、今年はちょっと――」

「あら、うちの子も受験しますよ」

「くじ引きにしましょうか」

「えー、くじ引き? 来てない人がずるくないですか?」

 毎年、多くの学校で、こんな光景が繰り広げられる。

 2010年3月にNPO法人教育支援協会が発表した「PTAを活性化するための調査報告書」によると、PTAの委員を引き受けて困ったことの1位が「時間のやりくりが大変だった」、2位が「人間関係が難しかった」、そして3位が「自分の能力がついていかなかった」だった。

 不況による共働き家庭の増加や勤務形態の多様化により、PTA活動に参加できない保護者や、“PTA離れ”が進み、活動自体が衰退してしまっている学校もあるという。

 小学校でPTA会長を3期務めた経験がある書評家の杉江松恋さんはこう語る。

「そもそも、PTAは任意加入の組織で、自分の子供が通っている学校をよりよくする目的で行われるもの。お世話になっている学校への“ご奉仕”ではありません。

 互助会的な組織だからこそ、くじ引きで決めるなどの強制はあってはいけないと思います。やり手がいないなら、一度思い切って組織を休止させたり、無駄な行事を削減するなどの工夫が必要でしょう」

 杉江さんは、PTA活動の内容を徹底的に調べ上げ、外部委託できるものは委託して保護者の負担を軽減し、合理的で今日的な運営にした。

「でも、それよりも大変だったのは人間関係でした」

 というのが杉江さんの意見。

※女性セブン2014年4月17日号

関連キーワード

トピックス

安倍政権の年金改悪路線を引き継いでいる岸田文雄・首相(時事通信フォト)
岸田政権 アベノミクスの見直し打ち出すも、安倍氏の「年金改悪路線」は継承
週刊ポスト
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
元TBSの林みなほアナ(写真/時事通信フォト)
元TBS林みなほアナが離婚 TBSラジオ名物プロデューサーとの結婚生活は5年あまりでピリオド
NEWSポストセブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
米ロサンゼルスで警察官となった日本人女性YURI氏
LAポリス・YURIが7年ぶりに見た日本の姿「防犯意識の低さに驚きました」【前編】
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
さとう珠緒が「枕営業」などについて語った(写真は2009年)
さとう珠緒が暴露した枕営業の実態「権力のない人のほうが迫ってくる」
NEWSポストセブン
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン