ライフ

脳腫瘍フレンチブルドッグの頭蓋骨 3Dプリンタを使って修復

 犬の長寿化に伴い、重い病気を患う犬も増える。そんななか、最新の専門技術を身につけ、腕を磨き続ける、頼もしい“名医”も登場している──。

「脳神経の病気や障害の治療において、世界の誰かに治せて、自分が治せないものがないように、切磋琢磨しています」

 力強くそう語るのは、アツキ動物医療センターの院長・井尻篤木さん。きっかけは、脳腫瘍が見つかった犬の飼い主からの「治してほしい」という切実な言葉。なんとかその期待に応えたいと滋賀医科大学の門をたたき、まず人の医療の脳神経外科を学ぶことからスタートした。

 現在、同センターには先進的な設備を導入。顕微鏡を使ったマイクロサージェリー(超微細手術)で、肉眼ではできない細かい施術も可能にした。また、事前の検査だけでなく、手術中にもCT(コンピュータ断層撮影)やMRI(磁気共鳴画像法)で画像を撮影し、常に最新の状態を確認しながら行う最先端の手術法を用いている。

 さらに、京都大学との共同研究プロジェクトでは、3Dプリンターで人工骨を製作する実験に取り組み、脳腫瘍と診断されたフレンチブルドッグの手術では、腫瘍摘出後、3Dプリンターで作ったインプラントで頭蓋骨を修復した。

「獣医療は飼い主の切実な希望のもと発展していきます。われわれはその気持ちに応えられるよう、情熱をもって励んでいます」と語る井尻さん。世界中が注目する脳神経外科のパイオニアとして、日々邁進している。

※女性セブン2014年4月24日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
W杯に連続出場しているクリスチアーノ
ロナウドの2ショット(写真/Getty Images)
W杯で活躍するスター選手たち パートナーや家族とのゴージャスショット
女性セブン
スーパーセーブを見せてくれた権田選手(Sipa USA/時事通信フォト)
【W杯】日本の守護神・権田修一が「勝利直後」にカタールから日本の漫画家に送っていたメッセージ
NEWSポストセブン
上海のウルムチ路でデモは起こった
東京・新宿の「習近平退陣デモ」参加者が証言「日本に来てようやく中国共産党の恐ろしさを知った」
NEWSポストセブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
みんなで応援(左から田中碧、鈴木愛理、鈴木亨。PAImages/時事、時事通信フォト)
スペイン戦決勝点・田中碧、鈴木愛理との交際にプロゴルファー父・鈴木亨も強力サポート
週刊ポスト
ハイタッチする人々
【W杯 渋谷の狂騒】スポーツバーではナンパ目的の大学生に「お前ら帰れや!」と怒号、試合後にはゴミ散乱
NEWSポストセブン
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
宮澤エマがスマイル
『鎌倉殿』実衣役の宮澤エマ 下積み時代も“宮澤喜一の孫”を売りにはしなかった
NEWSポストセブン