ビジネス

JR九州・ななつ星 「30億円の額縁」と呼ばれる風光こそ魅力

久大本線を走るクルーズトレイン「ななつ星」

 日本初のクルーズトレイン「ななつ星 in 九州」の運行開始から早や半年。破格の料金ながらその人気は高まるばかりだ。総工費30億円の贅を尽くした車内に、極上の食事ともてなし──。新刊『「ななつ星」物語 めぐり逢う旅と「豪華列車」誕生の秘話』(小学館)を上梓したノンフィクション作家・一志治夫氏が、その誕生秘話を紹介する。

 * * *
 ひとり約70万円という最上級のデラックススイート(3泊4日コース)は、195倍という抽選倍率(第4期募集)で締め切られた。昨年10月15日に運行を開始した豪華寝台列車「ななつ星 in 九州」の人気は衰えを知らない。

「ななつ星」の機関車と客車7両に投じられた費用は30億円以上。長崎など九州北部をまわる1泊2日と九州5県を巡る3泊4日のコースがあり、乗車定員はそれぞれ30名。年間わずか3千人足らずの乗客しか乗ることができない狭き門である。

 鉄道史に残る豪華寝台列車を企図したのは、JR九州の唐池恒二社長だ。唐池は、2009年に社長に就任して以来、「A列車で行こう」や「指宿のたまて箱」など九州内を走る観光列車(デザイン&ストーリー列車=D&S列車と称される)を次々と仕掛け成功させてきた。「ななつ星」は、いわばそれらの集大成とでもいうべき列車である。

 デザインを担当したのは、これまでもD&S列車のすべてを任されてきた水戸岡鋭治。この2人の情熱、いや狂気こそが、JR九州や日立製作所の技術者、家具職人など多くの人々を動かし、希代の列車を誕生させたのだ。

 たとえば、初めて挑むことになった福岡県大川市の組子職人に対して、水戸岡は、「やるという気持ちがなかったら何もできない。問題は出てくるだろうけれど、最初にそんなことを考えたら、新しいことなんか何もできない」と発破をかけ、見事に組子を車内に設えてみせた。

 車内サービスもまた、ゼロからのスタートだった。目指したのは、「高級ホテル」や「高級旅館」。「やま中」の鮨をはじめ、「食」は徹底的に吟味され、また新たに集められたクルーたちはトレーニングを重ねた。

 食事、内装、訪問地といずれも魅力的なメニュー満載の「ななつ星」だが、実は、最大の魅力は九州の豊かな風光である。朝夕の景色の移ろいを車窓から眺める贅沢を、唐池は、「30億円の額縁」と名づけた。

 もっとも、「ななつ星」は、何も限られた乗客のためだけにあるわけではない。ブランド化に成功した「ななつ星」は、いまや野菜を運び入れる農家、食事を提供する料理店、さらには沿線住民をも巻き込んで、7県で暮らす人々にとっての「誇り」にさえなっているのである。

写真提供■JR九州

※週刊ポスト2014年5月2日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
大江順一キャディ(時事通信フォト)
ブチ切れキャディー「武豊のようになりたい」「人気の薄い馬でも一気に人気高まる」発言で“炎上”の過去
NEWSポストセブン
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
5月に摘発されたハプニングバー「眠れる森の美女」
乱交パーティ、連続摘発の裏で「ハプニングバーvs個人主催者」の密告合戦
週刊ポスト
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト