ライフ

突発性難聴の新治療 積極的に音楽を聴かせ聴力を回復させる

 突発性難聴で医療機関を受診する患者は、1万人あたり年間約3人で年々増加傾向にある。突然片方の耳の聴力が低下する原因不明の病気で、30代から発症が増え50~60代でピークとなる。治療法はステロイド療法や血管拡張剤・抗ウイルス薬服用、高気圧酸素療法などあるが、どれも明確に効果が確定していない。

 標準治療であるステロイド療法は、血糖値や血圧上昇など副作用の問題もある。そこで突発性難聴の新治療として、難聴のある耳に積極的に音楽を聴かせて聴力を回復させるリハビリテーション療法が開発された。

 自然科学研究機構生理学研究所(愛知県岡崎市)の岡本秀彦准教授に話を聞いた。

「脳梗塞で片側麻痺の患者に対し、麻痺がない手足をギプスで固定して、麻痺側の手足をできるだけ使わせるリハビリ療法があります。一所懸命動かすと脳の神経細胞が再構築して、手足の機能が少しずつ回復することを利用したものです。人間の身体は使っていないと脳が不要であると判断し、機能が衰えて使えなくなります。これを難聴に応用したのが音楽を使ったリハビリテーション療法です」

 音楽を利用したリハビリテーション療法は正常な耳に耳栓をして、難聴の耳で会話や生活音を聞かせ、さらに1日6時間、片耳ヘッドホンでクラシック音楽を聴かせる。臨床研究は発症後5日以内の中程度の突発性難聴の患者に対し、共同研究病院にて10日間の入院で行なわれた。内訳はステロイド治療のみが31人、ステロイドと音楽リハビリ併用が22人である。

「能動的に聴くことで、脳と耳双方の情報伝達が改善し、脳が再構築します。治療後3か月の聴力検査結果は、ステロイド療法の58%が完全回復、19%が少し回復しました。併用療法は86%が完全に回復、14%が少し回復と圧倒的に優位な結果となりました。難聴前の聴力が不明なので、左右の聴力の差を比べて判定しています」(岡本准教授)

■取材・構成/岩城レイ子

※週刊ポスト2014年5月23日号

関連キーワード

トピックス

インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
「選挙に強い」後継者は?(時事通信フォト)
安倍晋三・元首相の後継者の条件 選挙に強く、“担がれやすい資質”を持つ政治家
週刊ポスト
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
胃腸薬服用の注意点は?(イメージ)
名医が自宅でのんでいる【とっておきの市販薬】「解熱鎮痛剤」と「鼻とのどの薬」
女性セブン