芸能

覚せい剤の再犯率 20代は39%で乱用増加する50歳以上は79%

 5月17日、「CHAGE and ASKA」のASKAが覚せい剤使用の容疑で逮捕された。今回、ASKA容疑者は、“愛人”と見られる女性とともに逮捕され、覚せい剤を使用したセックスに耽っていたのではないかとも報じられている。今回のASKAに限らない。クスリとセックスの関係はあまりに密接である。現役の麻薬取締官が明かす。

「薬物乱用者のほとんどは覚せい剤を使ったセックスに溺れているといっていい。芸能人であれば、いつ人気を失うかもしれないという恐怖感や、高いレベルのクリエイティブさを生み続けなければならないという苦しみから、ドラッグに手を出すことが多い。

 だが、それはきっかけに過ぎない。乱用者は次第に、“今さえよければいい”という刹那的な考えしかできなくなり、行き着く先は、ドラッグを用いたセックス。特に覚せい剤を用いた場合は感度が何十倍も上がるという。取り調べをしていると“体の芯が痺れて動けなくなるほどの快感”と表現する被疑者もいた」

 男性にとっては、ドラッグの効果は快感を味わえるだけではない。性的興奮を高めてくれるのだ。

「硬さはそれほどでもないが、持続時間が長くなり、数時間以上、あるいは一晩中持続させることができる。中年になり、男性器の機能が衰えてくると、まずはバイアグラのような勃起薬に頼り、それがエスカレートして覚せい剤に手を出すというケースも多い。実際、ASKAのように50代の乱用者が増えている」(同前)

 警察庁が発表した2013年度の覚せい剤事件の摘発件数を年代別で見ると、20~40代が前年に比べ減少する一方、50歳以上は約6%も増えている。中高年による覚せい剤汚染が広がりつつある実態がうかがえる。また再犯率は20代が39%なのに対し、50歳以上は79%にものぼる。

 数年前、覚せい剤で逮捕された有名ミュージシャンAは、薬物に溺れた理由として、周囲に「表現者として、男女の性愛は絶対に必要だと考えていた。だから、男性としての性の能力の衰えに大きなショックを受けて耐えられなかった」と語っていた。

※週刊ポスト2014年6月6日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

綾瀬はるかと大泉洋
綾瀬はるか、多忙な中でのトレーニング 秘密兵器は「黒酢大根」、弁当に入れて現場持参も
女性セブン
フィリピンのマニラ首都圏にあるビクタン収容所(AFP=時事)
【ルフィ強盗事件】賄賂が横行するフィリピン 入管も警察も金次第でどうにでもなる実態
NEWSポストセブン
家康の正室・瀬名(有村架純)
大河ドラマ『どうする家康』 “ヘタレの家康”を取り巻く13人の女たち相関図
週刊ポスト
中居
完全復帰の中居正広が支持される理由 素晴らしい人柄とプロデュース力
女性セブン
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
問題となっている動画(SNSより)
【独占】スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」
NEWSポストセブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
女性セブン