ライフ

ボタニカル女子が増加 「植物の力」取り入れ生活向上目指す

 今年、よく耳にする“ボタニカル”という言葉。各ファッションブランドは木の葉や実、草花など、植物をモチーフにしたボタニカル柄プリントの様々なアイテムをそろえ、表参道ヒルズは開業8周年のテーマに「ボタニカル・シンフォニー」を掲げている。本来は“植物の”という意味だが、最近は“植物を積極的に取り入れる”というイメージで、トレンドのキーワードとなっている。

 流行に詳しい、トレンドウォッチャーのくどうみやこさんも“ボタニカル”には注目しているという。

「エルメスなどのファッションブランドが、2014年春夏コレクションで発表したのをきっかけに、ボタニカルプリントが流行。洋服だけでなく、インテリア雑貨にも元気で華やかな植物柄が溢れています。また、ノンシリコンシャンプーに次ぐ大ヒットになりそうなのが、植物エキスを配合したオイルシャンプーです。

 美容商品や飲料なども植物の力をクローズアップしているので、五感を通じての“ボタニカル”が今年のテーマになりそうです」

 主に女性向けのファッションで流行しているから、急に身の回りに植物の力を取り入れたボタニカルなものが増えたわけではない。たとえば、夏が近づくと話題になるグリーンカーテンも植物の力を利用したもの。

 ベランダなどで緑の葉が茂る植物を栽培し、直射日光を避けて室温の上昇を防ぐ効果があるグリーンカーテンは、2011年以降、夏の節電対策として話題になり広く知られるようになった。実際に育てた人に訊ねると「植物の栽培が楽しかった」(51.6%)、「植物により癒しを得た」(47.6%)と節電の効果より、精神的な満足感が多く挙げられていた(環境省調べ)。

 節電のために始めたグリーンカーテンで、植物の力に魅せられた人も少なくないようだ。インテリア感覚で野菜の栽培が楽しめる水耕栽培器がヒットするなど、ベランダや室内で気軽な家庭菜園を始める“ボタニカル”な人が増えている。2014年度の野菜苗・果樹苗市場規模は前年度比102.0%の153億円、2015年度は同104.6%の160億円と拡大が予測されている(株式会社矢野経済研究所調べ)。

 直接、植物に触れるだけでなく、前出のくどうさんが言うように美容商品や食品でも植物の力が注入されたものが増えている。

 たとえば、『オレオドール ボタニカル オイルシャンプー』(モイスチュア)はエゴマやグレープシード、オリーブなど5つのオイルが髪を補修する効果をもたらす(500ml 972円/コーセーコスメポート)。発売から累計195億本を突破した『爽健美茶』(525ml 152 円/日本コカ・コーラ)は、全部で12種類の植物素材を独自でブレンドしたカフェインゼロのボタニカル飲料だ。

「今年、全国発売20周年を迎える『爽健美茶』は、いち早く植物の力に注目したロングセラー飲料。発売当時はバブル崩壊後、癒しを求める傾向にあったので、ハトムギや玄米など植物のもつ健やかな味わいを飲料にも取り入れようと開発しました。現在は、新たに黒ごまやヨモギを加え、よりスッキリした味わいです」(日本コカ・コーラ 朴英俊さん)

 健やかな植物のパワーを日々の暮らしに取り入れる”ボタニカル女子”が、これから増えてゆくのは間違いなさそうだ。

関連記事

トピックス

逮捕された細谷夫婦
【浅草・4歳女児毒殺妻の“裏の顔”】親子で「ちいかわ」ペアルック外出も、自宅では夫に「お茶を作りに戻れ」「殺せー!」と絶叫
NEWSポストセブン
渦中の万木議員と中川議員
《滋賀・車中での不適切行為裁判に判決》男性市議に提訴された女性市議が敗訴 決め手となった「写真」の存在【双方直撃】
NEWSポストセブン
『ブギウギ』で田中麗奈が演じる“ラクチョウのおミネ”に注目(Imaginechina/時事)
朝ドラ『ブギウギ』で田中麗奈が熱演する「ラクチョウのおミネ」 モデルは“ラクチョウのお米”で100人以上の女性のまとめ役だった
週刊ポスト
広末涼子と鳥羽周作氏
広末涼子、個人事務所設立で期待高まる俳優復帰 懸念材料は交際中・鳥羽周作氏の「炎上体質」か
NEWSポストセブン
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
女性セブン
かつての“氷上のプリンセス”のデート現場をキャッチ
元フィギュア村主章枝「ビリビリ破れたパンツ」でイケオジと西麻布ワイルドデート
NEWSポストセブン
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン
火鍋をしていた綾瀬はるか
【火鍋パーティーをキャッチ】綾瀬はるか、高級中華料理店で“塩”へのこだわりを力説 「ここは私に任せて」と会計を全額支払う
女性セブン
県議らとのゴルフ写真。左から2番目が増永県議、右端が松村・国家公安委員長(2018年8月に沖縄で撮影/Aさん提供)
自民党・熊本県議、14歳年下女性との不倫トラブルで露見した“賭けゴルフLINE”「勝ち分14000円」の記述も
週刊ポスト
通訳の水谷一平氏(右)よりも密着マーク
大谷翔平の“ずっとそばにいる女性”の正体 身長188cmの地元放送局リポーターは元バレーボールの有望選手、現在日本語を猛勉強中
女性セブン
小澤征爾氏の30億円の資産を巡り(時事通信フォト)
【全文公開】小澤征爾さん「30億円相続」でファミリーに不協和音 長男・征悦と桑子アナの結婚を巡って“分断”も
女性セブン
木村拓哉
【全文公開】近づくSMAP再始動、木村拓哉「準備OK」で中居正広も決断か 意外なキーマンは二宮和也
女性セブン