芸能

田原俊彦 横須賀生まれでも「山梨県甲府市出身」と語る理由

 デビュー35周年を迎えた田原俊彦(53)。6月25日に新曲『LOVE&DREAM feat.SKY-HI/Bonita』を発売。レギュラー出演中の『爆報!THEフライデー』(TBS系)に加え、他番組へゲストで登場する機会も増えている。

 田原がメディアに出演する際、出身地は山梨県甲府市と記載される。だが、実際に生まれたのは神奈川県横須賀市だ。テレビ局関係者はこう話す。

「ある番組で、田原さんに出演してもらうとき、“神奈川県横須賀市出身”とパネルに書きました。すると、田原さんサイドから『“山梨県甲府市出身”でお願いします』と言われたことがありました。たしかに横須賀で生まれたけど、甲府で育ったという感謝の気持ちがあるようです」

 横須賀で生まれた田原は小学1年生のときに、教師だった父親を亡くし、母親の実家である山梨県甲府市へと住居を変えている。長男だった田原には、姉が2人、妹が1人おり、母親はひとりで4人の子供を育てなければならなかった。昭和40年代、女性がひとりで家庭を養うには、相当な苦労があったことだろう。

 母親の苦労を目の当たりにし、新聞配達もしていた田原は、「楽をさせてあげたい」という一心で芸能界に飛び込む。1979年、ドラマ『3年B組金八先生』(TBS系)に沢村正治役で出演すると、人気に火がついた。翌年には、『哀愁でいと』で歌手デビューを果たし、瞬く間に大スターに。売れっ子となった田原は、デビュー3年で、母親のためにマンションを購入した。ある芸能記者はこう話す。

「あらゆる意味で豊かになった現代では、貧しさを解消するために芸能界を目指すタレントは、ほとんどいなくなったように思います。そういう意味でも、田原は古き良き芸能人。仕事への心意気が違うし、辛い少年時代があったからこそ、ジャニーズ事務所からの独立以降の、苦境の時代も乗り越えられたのでしょう」

“山梨県甲府市出身”と名乗るのは、当時の思いを忘れないためだという話もある。

「一般的に、『山梨=田舎』『横須賀=洗練された都会』というイメージがあるのではないかと思います。それでも、田原さんは頑なに甲府市出身という表記にこだわる。その裏には、山梨県甲府市に育ててもらったという感謝の気持ち、自分の苦労時代を忘れないというハングリー精神が隠されているのではないでしょうか」(同前)

 神奈川県横須賀市ではなく、あえて山梨県甲府市を前面に押し出す姿勢に、田原俊彦の人間性が垣間見えるような気がする。

関連記事

トピックス

小室眞子さん
小室圭さんの妻・眞子さん「7円エコバッグ」と「5000円クロックス」の赤コーデがオシャレ
NEWSポストセブン
2文字目はハートマークで消したが自由なタトゥーを楽しむ仲里依紗
仲里依紗は”放送禁止ワード”など20種類以上!日本人だけが動揺する芸能人のタトゥー問題
NEWSポストセブン
“お忍び愛”が報じられた佳子さま(時事通信フォト)
佳子さまの“交際報道”で早くも懸念される「結婚式に小室圭さんは出席するのか」問題
週刊ポスト
高橋治之元理事と森喜朗氏の関係は…(写真/共同通信社)
「五輪汚職」で逮捕の高橋治之元理事と“安部派の後見人”森喜朗氏の知られざる蜜月
週刊ポスト
大野が進める計画とは(写真はジャニーズ事務所)
嵐、2023年以降に大きな動きも? 大野智の意向を尊重しつつあらゆる可能性を模索か
女性セブン
パーティー参加後の笑顔の森昌文氏(写真は2007年)
【全文公開】キャバ嬢に「脱げ!脱げ!脱げ!」 安倍氏国葬責任者、森昌文・首相補佐官が過去に参加した「大仁田厚主催の乱倫パーティ」
週刊ポスト
ダウンタウン6年ぶりの日テレ新特番となった『ダウンタウンvsZ世代』(公式サイトより)
特番『ダウンタウンvsZ世代』高視聴率に業界が注目するワケ テレビ離れ阻止のヒントも
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
パパ活飲酒の吉川赳議員、18歳女子大生が明かした「インターン」での口説きテク
週刊ポスト
帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
かつての旧統一教会系の学生団体「UNITE」のデモ(撮影/西谷格氏)
東大生の旧統一教会2世信者が語っていた「検討した結果、家庭連合は間違っていないと確信」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 「安倍国葬」の責任者が乱交パーティほか
「週刊ポスト」本日発売! 「安倍国葬」の責任者が乱交パーティほか
NEWSポストセブン