芸能

フジテレビ 6月末の局内大異動は9月に改革断行の前触れか

 よく“振り向けばテレビ東京”などと言われるが、現在、民放各局でもっとも視聴率不振に陥っているのがフジテレビだ。テレビ局関係者が話す。

「全日視聴率が、テレ東の1つ上の4位に終わることも珍しくありません。特に、日曜日が良くない。『ちびまる子ちゃん』『サザエさん』という人気アニメを持ちながら、その流れを生かせず、ゴールデン帯で視聴率1ケタが続いてしまう。21時台の『ワンダフルライフ』は2.1%という日もありました。この日も、全日4位でした」

 この体たらくにテコ入れをしようと、6月27日付で局内の大異動が行なわれた。制作会社スタッフが話す。

「いわゆる名物プロデューサーの異動もありましたが、僕らにとっては番組の編成担当が変わるか変わらないかが重要です。なぜなら、一緒に立ち上げた編成の局員であれば、番組終了が議論されたときに守ってくれる。自分の関わった番組がなくなることは嫌でしょうからね。しかし、今回のフジはかなりの大異動を行ない、なかでも編成の配置転換が多かった。

 これは9月に、かなりの番組が終わるという流れではないでしょうか。テレビ局のなかで、いちばん力を持つのは編成。だからこそ、編成を入れ替えれば、スムーズに番組を終了させ、新番組を立ち上げさせることもできる。どの業界でも、担当を代えることで、今までの関係を断ち切るという手法はあるでしょう。テレビ番組にとっては、編成担当の異動がそれにあたるんです」

 しがらみをなくし、改革を断行するという現われのようだ。制作会社スタッフが続ける。

「実際、ゴールデン帯は、木曜以外は相当厳しい。視聴率2ケタが当たり前の『ホンマでっか!? TV』でさえ、1ケタに落ちる週もあるほど(6月18日水曜は9.9%)。そう考えると、9月でゴールデン帯のかなりの番組が終了を迎えるでしょうね。7月になれば、そういう話がちらほら出ますから、どの制作会社も戦々恐々としていますよ。

 亀山千広社長は就任以来、『笑っていいとも!』を終了させるなど、フジの改革を行なってきた。また大ナタが振るわれると覚悟しています。ただ、ご存じの通り、『いいとも』のに代わって始まった『バイキング』は低視聴率から抜け出せないし、『ショムニ』などのリバイバルドラマも上手く行っていない。今のところ、打っている手は裏目に出てばかり。9月の改編も、そうならなければ良いのですが…」

 かつて栄華を極めたフジテレビの苦悩は続く。

関連キーワード

関連記事

トピックス

みんなで応援(左から田中碧、鈴木愛理、鈴木亨。PAImages/時事、時事通信フォト)
スペイン戦決勝点・田中碧、鈴木愛理との交際にプロゴルファー父・鈴木亨も強力サポート
週刊ポスト
堂安律
スペイン戦同点弾の堂安律 地元・尼崎の商店街で称賛続々も「やっぱり岡田阪神のほうが楽しみや」の声
NEWSポストセブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
ハイタッチする人々
【W杯 渋谷の狂騒】スポーツバーではナンパ目的の大学生に「お前ら帰れや!」と怒号、試合後にはゴミ散乱
NEWSポストセブン
新井恵理那アナ、佐久間みなみアナも参戦 W杯激戦の裏で女子アナ「自撮り応援合戦」
新井恵理那アナ、佐久間みなみアナも参戦 W杯激戦の裏で女子アナ「自撮り応援合戦」
NEWSポストセブン
街コンにも様々なタイプが…(イメージ)
既婚者だけが集まる「不倫街コン」 会場全体で「パートナーには内緒」の共犯関係が成立
週刊ポスト
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
宮澤エマがスマイル
『鎌倉殿』実衣役の宮澤エマ 下積み時代も“宮澤喜一の孫”を売りにはしなかった
NEWSポストセブン
「田中碧選手のファンです!」と語る2人組
「“にわか”で初めてユニフォーム着た!」渋谷で田中碧ファンのほろ酔い女性が逆転弾に大興奮
NEWSポストセブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン