ビジネス

宿題代行業者 小5感想文の題材に佐々木俊尚氏の著作を選択

 お盆休みが終わり、8月も終盤になると子供を持つ家庭でお決まりなのが、手つかずの宿題の山に悩まされる光景だろう。昔から助け舟を出す親は少なくなかったが、今、保護者の間で「宿題代行業者」が人気だという。実際に依頼すると、そのサービスに驚かされた。

 小学5年生の娘の読書感想文を別の業者に頼んだ。すると「作品に反映するため」として、子供の性別や習い事、ペットの有無といった簡単なアンケートが送られてきた。この業者はワープロ打ちの作文が納品され、児童本人が書き写すタイプだ。料金は原稿用紙3枚で2万円と前述の業者より高め。通常の納期(数日)ならば実費を支払って本を指定できる。緊急の依頼の場合は本選びができないとのことで今回はお任せとなる。

 届いた読書感想文は佐々木俊尚・著『自分でつくるセーフティネット』(大和書房刊)がテーマだった。小学生らしさを出そうとしてなのか、句点が多い文章に仕上がってはいる。しかし、「従来」や「雄弁」といった小学生にしては難しすぎる単語が使われているうえ、本のセレクトも小学生としては高度すぎるような……。

「もっと小学生らしくしてほしい」と再度問い合わせると、本は変えられないものの3000円の修正料で文章はかなり小学生らしく直して送ってきた。

※週刊ポスト2014年9月5日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

安倍元首相(時事通信フォト)
安倍元首相国葬“出来レース入札”疑惑 加計学園問題と同じ構図だった
NEWSポストセブン
Twitterに投稿されている観客席やトイレなどに捨てられたゴミ
「RIZIN」花束投げ捨て騒動の裏に観客席でのゴミ散乱問題、会場関係者が明かした「本音」
NEWSポストセブン
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
特捜部の事情聴取を受けたという竹田前JOC会長(時事通信フォト)
五輪汚職、IOC裏工作疑惑が再燃 「元電通・元総理・旧皇族」の切っても切れない関係
週刊ポスト
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
坂本勇人の女性問題 箝口令が敷かれなくても報じない大メディア、巨人との歪な関係
週刊ポスト
映画界に大きな衝撃を与え続けたゴダール監督
ゴダール監督が選んだ「安楽死」 本来必須の「4要件」の診断は満たされていたのか
NEWSポストセブン
そう簡単に延期はできない事情とは?(時事通信フォト)
大関・正代 連敗地獄の本場所後に「昇進披露パーティー」延期できない事情
週刊ポスト
ゆったりな着こなしを見せる夏帆
夏帆「幼い顔で8頭身の美ボディ」気になる“ベタ惚れ俳優”との恋路
女性セブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
玉鷲
玉鷲の優勝でNHKの相撲中継に映らなかった豪華すぎる副賞 少しずつ数が減っている理由とは
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
週刊ポスト