• TOP
  • 国際情報
  • 李明博前大統領の回顧録 竹島上陸を自画自賛する記述が並ぶ

国際情報

2015.02.10 07:00  週刊ポスト

李明博前大統領の回顧録 竹島上陸を自画自賛する記述が並ぶ

 3年近く首脳会談さえ開かれず、日韓関係は史上最悪レベルに冷え込んでいる。その原因を辿ると、2012年8月の李明博・前大統領の「竹島上陸」に突き当たる。これこそが両国の不幸の始まりだったが、2月2日に発売された同氏の回顧録には、日韓関係を悪化させた自らの行為を自画自賛する記述が並んでいる。

 ソウルの大型書店の新刊コーナーで、〈新しい未来のために、我々は休まず走った〉というコピーのポップとともに派手に平積みされているのが韓国の李明博・前大統領の回顧録『大統領の時間』だ。798ページの分厚さで2万8000ウォン(約3000円)と強気の価格設定ながら初版1万5000部で、発売後すぐに増刷が決まった。

 李氏といえば任期中の2012年8月10日に韓国大統領として初めて「竹島上陸」を決行した人物だ。

 改めていうまでもなく、竹島は日本固有の領土であるが、1952年以来、韓国が不法占拠してきた。そこをわざわざ現職大統領の立場で訪問することで、日韓関係は決定的に悪化した。このことは日本側のみならず、韓国でも日韓友好を目指す人々に問題視されてきた。

 ところが回顧録ではそれを、自身の“偉業”として紹介している。

〈「我が国の領土なのに歴代大統領が一度も行ったことがないのはあり得ない。だから、私が行ってくるといっているのです」

 2012年8月6日、青瓦台(韓国大統領府)で関係者と独島(編集部注・竹島の韓国名)訪問関連の会議を行なった。

 私は就任前から、任期中に独島を訪れる意志を持っていた。(中略)私は独島に関して、静かな外交はもうこれ以上意味がないと思った。むしろ大統領が訪問して我が韓国の領土である事実を国際社会に刻印する行為が必要な段階だった〉(翻訳、以下同)

 就任前からの信念に基づいて訪問したという書きぶりだが、実態は違う。

 現代グループ出身で「経済大統領」を自負していた李氏は、就任当初、「未来志向の日韓関係」を唱えた。それが任期最後の1年に入って求心力が低下。2012年当時、政権支持率は過去最低の17%にまで落ち込み、さらに実兄で元議員の李相得氏や側近2人が収賄で逮捕される事件も起きた。上陸を決行したのは実兄逮捕の1か月後だった。

関連記事

トピックス