国内

東南アジアで生活するノマドワーカー 憧れの存在は大橋巨泉

「大橋巨泉に憧れますね」──そう話すのは、東南アジアを拠点に、アフィリエイトなどを収入源とする元一流企業勤務のノマドワーカー・Nさん(30代)。

「僕のようなノマドワーカーの目標は、いかに無駄な税金を支払わずに生きていくかということ。今まで日本でまじめに働いていたけど、高い税金を払っている割には大した恩恵は受けていない。ある日突然、バカバカしくなって働くことをやめました。どうすれば馬鹿みたいな税金を日本に支払わずに生きていけるかと考えた結果、なるべく日本の非居住者として生きていくようにしました」

 億単位の収入がある日本人が日本に居住し続ければ、当然、税金として50%持っていかれてしまう。ところが1年の大半を海外で過ごせば、(海外)所得に対して日本の納税義務は軽くなる。税率の低い海外で生活する富裕層も少なくない。

「僕は東南アジアを転々としていますが、リタイアしてマレーシアなどで暮らす移住組を見ていると、つくづくおいしい思いをしているな、とホゾを噛む思いですよ。日本が高度経済成長のときに働けて、良い給料までもらって。

 定年後は海外移住して、現地で口座でも作れば現地通貨を駆使して資産運用ができる。知り合いの70代の男性は、10年前に多額の円をマレーシア・リンギットに換えてましたから、左団扇でしょうね」(Nさん)

 とはいえ、Nさんはそんなおいしい思いをし続ける高齢リタイア組から学ぶものが多いという。

「お金に関してドライな感覚は参考になります。ノマドワーカーというと正体不明の仕事をしているように見えるでしょうけど、リスク管理や資産運用、節税に関しては一日の長があると思います。

 そういう意味で憧れの存在は大橋巨泉ですね。アメリカ、カナダ、オーストラリア、日本などを回り、生活や資産のために、それぞれの国を使い分けている。さすが往年のテレビ界を支え続けた頭脳の持ち主だと感嘆します。多くの人にとって巨泉さんは過去の人かもしれませんが、我々のような存在からすれば巨泉さんはいまだに巨星ですよ」(Nさん)

関連キーワード

関連記事

トピックス

食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん「弁護士事務所で新たな職務」元銀行勤務の能力が高く評価されたか
NEWSポストセブン
ゆきぽよと
ゆきぽよ「14才年上ラッパー彼氏」と原宿で「のむヨーグルト」ごくごくデート
NEWSポストセブン
横綱昇進時の照ノ富士と伊勢ヶ濱親方
照ノ富士の師匠・伊勢ヶ濱審判部長に「取組編成が納得できない」の声が続出するワケ
NEWSポストセブン
どんなに慎重を期しても、引き上げ作業には落下のリスクがあるという(時事通信フォト)
知床遊覧船、引き揚げ作業中に落下 税金からの追加出費は「発生せず」と海上保安庁
週刊ポスト
美しさと強さを兼ね揃えたソダシ(騎乗は吉田隼。時事通信フォト)
ニューヨークタイムズで特集された純白の競走馬・ソダシ 「強い白毛馬」育てたオーナーの執念
NEWSポストセブン
代役も2・3番手もOK!ロンブー淳、MC以外で求められる信頼感
代役も2・3番手もOK!ロンブー淳、MC以外で求められる信頼感
NEWSポストセブン
「やんばる」では過激な抗争が繰り広げられていた(1992年の暴対法施行時に聴聞を受けた旭琉会幹部。写真/共同通信社)
本土復帰50年『ちむどんどん』では描かれない沖縄ヤクザの裏面史【前編】
週刊ポスト
RAD野田洋次郎と馬場ふみか
RAD野田洋次郎、 馬場ふみかとクラブ3軒はしごで音楽を愛した夜 所属事務所は「以前からのお友達」
NEWSポストセブン
小室圭さんの未来は明るい
小室圭さん「3度目司法試験、万が一失敗」でも安泰か 現地日本企業が熱視線
NEWSポストセブン
赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン